リアルタイム多言語翻訳技術とユーザ状況推定技術を組合せた移動支援サービス

技術領域
アプリケーション技術
組織名
サービスエボリューション研究所

印刷用PDF (1.3MB)


概要

2020へ向けて増加が見込まれる訪日外国人に対し、安心・快適な移動をサポートします。駅構内での乗り換えで迷ったときや混雑・事故などに遭遇したときに、ユーザそれぞれの状況に応じて、目的地へ行くために必要な情報を、画像認識や位置推定の技術を駆使して選別し、日本語の情報をリアルタイムに翻訳して英中韓の3言語でユーザの端末に提示します。

特徴

  • どちらに行けば良いか迷ったら、端末を案内看板にかざすだけで、すぐに自分に必要な情報が翻訳表示
  • 混雑や遅延、事故など、翻訳文が事前準備されていないような突発的な情報も、リアルタイムに翻訳
  • 事業者ユーザ(交通機関、公共・商業施設等)にとって、きめ細かな案内・誘導情報を簡単に訪日外国人へ提供
  • 既設の案内看板・デジタルサイネージとユーザ端末を連携した情報提示により、既存設備への影響を低減

利用シーン

  • 乗り換えや出口案内の看板を写すと、目的地に行くにはどちらに進めばよいか案内
  • 間違った方向に進んだときの警告や緊急アナウンスをプッシュ表示
  • 構内設備を案内するピクトサインを写すと、その人に必要な詳細情報(例: 介助用設備、子ども用設備の有無)を提供
  • デジタルサイネージを写すと、表示されている日本語情報を翻訳して表示