自然な対話による情報提供技術

技術領域
アプリケーション技術
組織名
メディアインテリジェンス研究所

印刷用PDF (1.4MB)


概要

ユーザ同士の会話からユーザの意図を適切に理解し、自然な説明文で情報を提供します。また高性能な音声認識・合成技術、共感インタラクション技術により自然な音声対話を実現します。これらの音声言語処理技術により、あなたが必要とするオリジナルな「ものしりぬいぐるみ」を作り出すことが可能です。2020にむけて、観光シーンをはじめとした人と人のコミュニケーションに共存する ICT を実現します。

特徴

  • ユーザの情報要求の意図を、機械言語、例えばデータベース問い合わせ言語に機械翻訳し、曖昧・複雑な質問に回答します。既存のデータベースを活用可能で作成コストを下げられます。
  • 要約生成技術を用いて、Web等の文書とクエリに基づいた説明文を自動で生成します。これによりユーザが欲する情報をコンパクトに伝える、自然な情報提供を実現します。
  • 音声認識・合成技術により、自然な音声対話IFを実現します。
  • ロボットの共感表現により、ユーザの会話を促進させます。

利用シーン

  • 観光地で、いつでも話しかけられるガイドが必要なシーン
  • 宿泊施設で、コンシェルジュに気軽に物事を頼みたいシーン
  • スポーツ会場で、はじめて目にする選手のこともすぐに知ることができ、仲間と一緒に応援するシーン
  • 介護施設や自宅に居ながらにして観光やスポーツイベントを楽しむシーン