ページの先頭です。

文字表示

コンテンツエリアはここからです。

研究開発体制

特別研究員紹介

社内外からとりわけ優秀な研究者として認められている革新研究者に与えられる称号である「特別研究員」。
「特別研究員」は世界から優秀な研究者として認められている革新研究者に与えられる称号です。NTTグループにとって長期的に重要と判断される研究分野において、革新研究/先導的な技術開発を牽引する使命を担っています。

東 浩司

東 浩司
物性科学基礎研究所
量子ネットワーク理論の構築
量子力学の原理の中で許される情報処理ネットワークの究極形を明らかにすることを目指しています。

詳しくはこちら

井島 勇祐

井島 勇祐
メディアインテリジェンス研究所
多様で表現力豊かなテキスト音声合成技術
ユーザの好み、リクエストに応じて、多様で表現力豊かな合成音声を生成可能なテキスト音声合成システムの実現を目指します。

詳しくはこちら

稲垣 卓弘

稲垣 卓弘
物性科学基礎研究所
光発振器のネットワークを用いた知的情報処理の研究
大規模な光発振器ネットワークによる組合せ最適化問題の解探索など、量子光学・量子エレクトロニクス分野の技術を応用した新しい情報処理技術の実現をめざします。

詳しくはこちら

Imran Mahboob

Imran Mahboob
物性科学基礎研究所
3次元空洞共振器によるマイクロ波量子光学
量子技術

詳しくはこちら

入江 豪

入江 豪
コミュニケーション科学基礎研究所
情景認識に向けたメディア探索技術の研究
実世界の事物や状況をリアルタイムに認識・探索可能にする技術を創出し、新たな情報や価値の発見をもたらすコミュニケーションシステムの実現を目指します。

詳しくはこちら

岩田 具治

岩田 具治
コミュニケーション科学基礎研究所
不完全データのための機械学習
十分な質の良いデータがない場合でも高い性能を達成する機械学習技術を構築し、多様な実世界問題での価値創出をめざします。

詳しくはこちら

岩村 誠

岩村 誠
セキュアプラットフォーム研究所
インシデント対応のためのサイバーセキュリティ技術に関する研究
インシデント対応の高度化、効率化を目的に、日々進化するマルウェアの解析技術及び解析結果の共有技術の確立を目指します。

詳しくはこちら

上野 祐子

上野 祐子
物性科学基礎研究所
生体分子の三次元動的センシング
分析化学,界面化学,材料化学

詳しくはこちら

梅木 毅伺

梅木 毅伺
先端集積デバイス研究所・イノベイティブフォトニックネットワークセンタ兼務
非線形光信号処理/量子状態制御技術の研究開発
光と物質が相互作用する場合に起きる、光の電磁場に比例しない"非線形"な物質の応答に起因した多彩な応答・現象を基本原理とした光集積デバイスの研究開発を進めています。

詳しくはこちら

亀岡 弘和

亀岡 弘和
コミュニケーション科学基礎研究所
コミュニケーション支援と情景分析のための信号処理と機械学習の研究
人と人、または人と機械の間のコミュニケーションにおけるあらゆるバリアを取り除く信号処理・機械学習技術の確立を目指します。

詳しくはこちら

川古谷 裕平

川古谷 裕平
セキュアプラットフォーム研究所
マルウェア解析を全自動化する研究
テイント解析やシンボリック実行といったプログラム解析技術を利用して、マルウェアの全ての機能や挙動を自動的に明らかにする技術の研究開発を行っています。

詳しくはこちら

河邉 隆寛

河邉 隆寛
コミュニケーション科学基礎研究所
錯覚の実世界実装
人間の知覚メカニズムの科学的理解に基づき、錯覚に基づく革新的情報提示手法の提案を行う。

詳しくはこちら

木下 慶介

木下 慶介
コミュニケーション科学基礎研究所
実環境における複数人会話音声の高品質収音、認識技術の研究
実環境で収音した会話音声には、目的話者の声以外に雑音・残響や目的話者以外の声が含まれており、 それらの成分は目的話者音声を高精度に認識する上で妨げとなります。私は、それらの成分を精度良く除去する雑音・残響除去、音源分離技術の研究を行っています。

詳しくはこちら

熊田 倫雄

熊田 倫雄
物性科学基礎研究所
2次元系における電子ダイナミクス
電子のダイナミクスを測定・制御することで、物性の解明・新規デバイスへの応用を目指します。

詳しくはこちら

小林 孝行

小林 孝行
未来ねっと研究所
高エネルギー効率なコヒーレント光増幅中継伝送方式の研究
光の強度だけでなく振幅・位相を活用するコヒーレント光増幅中継技術とデジタル信号処理技術を高度に融合することで、シングルモードファイバにおける非線形シャノン限界を超える長距離大容量光伝送方式の実現をめざします。

詳しくはこちら

斎藤 忍

斎藤 忍
ソフトウェアイノベーションセンタ
デジタル化時代における新たなソフトウェアエンジニアリングの研究
デジタル化された情報を活用した新たなソフトウェアエンジニアリング技術を確立し、ソフトウェアの開発・運用に革新をもたらします。

詳しくはこちら

齊藤 志郎

齊藤 志郎
物性科学基礎研究所
超伝導量子回路を用いた極限量子センシングの研究
操作性・拡張性に優れた超伝導磁束量子ビットを用いて、古典限界を超えた高感度・高空間分解能な量子磁場センサの実現を目指します。

詳しくはこちら

坂本 泰志

坂本 泰志
アクセスサービスシステム研究所
増え続ける通信容量を持続的に支えるための次世代光ファイバの研究
数十年後の将来を見据え、増加し続ける通信を収容可能な革新的光ファイバを実現し、持続的な通信基盤の構築を目指します。

詳しくはこちら

佐々木 悠

佐々木 悠
セキュアプラットフォーム研究所
暗号理論、特に、共通鍵暗号の設計および安全性解析
安全で効率的な共通鍵アルゴリズムの設計と国際標準暗号等の安全性解析を行っており、大容量通信からIoT通信まで用途に応じた適切な暗号通信の提供を目指します。

詳しくはこちら

眞田 治樹

眞田 治樹
物性科学基礎研究所
半導体におけるスピン量子情報制御に関する研究
半導体低次元構造における光・スピン物性、およびその量子情報応用に関する研究に従事。

詳しくはこちら

谷 誠一郎

谷 誠一郎
コミュニケーション科学基礎研究所
量子計算と古典計算の融合による統一計算理論の研究
理論計算機科学および量子情報理論に基づくアプローチにより、量子計算と古典計算の融合によって生まれる革新的計算の潜在能力を解明するとともに、そのためのアルゴリズムの基盤技術構築を目指します。

詳しくはこちら

Mehdi Tibouchi

Mehdi Tibouchi
セキュアプラットフォーム研究所
公開鍵暗号の設計と安全性評価に関する研究
従来暗号技術の実装を対象に脆弱性発掘、対策。多機能や量子コンピュータに対する耐久性を持つ次世代暗号技術の開発。

詳しくはこちら

徳永 裕己

徳永 裕己
セキュアプラットフォーム研究所
量子情報処理の実現に向けた研究
超高速な計算や原理的に安全な暗号通信を可能とする量子情報処理を実現するために、量子状態に対する様々な情報処理操作を高精度に行え、かつ誤り耐性のあるシステムを構築することを目指します。

詳しくはこちら

長谷 宗彦

長谷 宗彦
先端集積デバイス研究所・未来ねっと研究所兼務
極超広帯域アナログIC技術の研究開発
世の中にない極超広帯域アナログICの実現によって、通信システムの持続的な発展を支え、さらには計測・センシング等の新たなアプリケーションを開拓していきます。

詳しくはこちら

中谷 桃子

中谷 桃子
サービスエボリューション研究所
人の心理行動特性に基づくサービスデザイン
人の心理行動特性や対話メカニズムを明らかにすることを通して、人にやさしいICTサービスを共創により創出する方法論を構築します。

詳しくはこちら

西口 克彦

西口 克彦
物性科学基礎研究所
シリコンナノエレクトロニクスによる高機能デバイス
ナノスケールのシリコン・トランジスタの微細化により、高性能化と新たな機能を創出することを目指します。

詳しくはこちら

西田 京介

西田 京介
メディアインテリジェンス研究所・サービスエボリューション研究所兼務
人間のように自然言語を理解する機械読解技術の研究
人間レベルの自然言語理解への挑戦を通じて、ユーザからのあらゆる質問に回答可能な質問応答システムの実現をめざします。

詳しくはこちら

西野 正彬

西野 正彬
コミュニケーション科学基礎研究所
圧縮可能なデータ構造を用いた効率的な計算法
対象のデータの計算機での表現方法を工夫することで、これまでよりも高速な計算を実現します。

詳しくはこちら

西巻 陵

西巻 陵
セキュアプラットフォーム研究所
暗号理論、暗号化された情報やプログラム上での安全な計算方法
情報を秘匿した状態で通信および計算を実現するための安全な暗号、署名、証明システム、およびプログラム難読化の設計理論と具体的構成方法の研究。

詳しくはこちら

野崎 謙悟

野崎 謙悟
物性科学基礎研究所・ナノフォトニクスセンタ兼務
フォトニックナノ構造による低消費電力光デバイス
微細な半導体ナノ構造を用いて低消費電力の光制御デバイスを開発し、光と電子回路が連携した革新的なコンピューティング技術の創生に貢献します。

詳しくはこちら

坂東 幸浩

坂東 幸浩
メディアインテリジェンス研究所
映像情報メディアの高能率符号化技術の研究
現実世界から間断なく取得される大容量・高密度・多元的な映像メディアデータに対して、真に必要不可欠な特徴を圧縮する技術により、仮想世界と現実世界の高度な融合の実現を目指します。

詳しくはこちら

藤田 智成

藤田 智成
ソフトウェアイノベーションセンタ
高信頼なシステムソフトウェア技術
オペレーティングシステムをはじめとしたシステムソフトウェアの研究開発

詳しくはこちら

Marc Delcroix

Marc Delcroix
コミュニケーション科学基礎研究所
会話音声認識のための音声信号処理の研究
信号処理技術と深層学習を活用して、自然な会話を理解できるための新しい技術の発展を目指します。

詳しくはこちら

増子 拓紀

増子 拓紀
物性科学基礎研究所
アト秒パルス光源を用いた超高速電子物性の解明と応用
100京分の1秒で煌めくアト秒パルス光源の技術開発を行い、超高速で運動する物質中の電子挙動を解明を目指します。

詳しくはこちら

Mathieu Blondel

Mathieu Blondel
コミュニケーション科学基礎研究所
最適化、構造化予測、微分可能なプログラミング
機械学習

詳しくはこちら

増村 亮

増村 亮
メディアインテリジェンス研究所
複数メディア処理技術の知識集約モデリングに関する研究
音声認識や自然言語処理、画像処理等のメディア処理技術の学習を行えば行うほど、効率的に他のメディア処理技術の性能も高めることが可能な技術理論の確立を目指します。

詳しくはこちら

三上 弾

三上 弾
メディアインテリジェンス研究所・コミュニケーション科学基礎研究所兼務
効果的動作獲得のためのマルチモーダルセンシング・提示技術
マルチモーダル情報センシングとその提示,スポーツ脳科学

詳しくはこちら

安 謙太郎

安 謙太郎
コミュニケーション科学基礎研究所
計算機磁化による力場制御技術の研究
身近な素材である磁石に対し計算機による詳細な着磁を行うことで、その表面に発生する磁場を制御し、非電気的に作動する触覚提示装置や入力インタフェースなど、多彩なコンピュータインタフェースの開発を目指します。

詳しくはこちら

山崎 裕史

山崎 裕史
先端集積デバイス研究所
超広帯域光信号生成技術の研究
高速アナログ電子/光デバイスとデジタル信号処理を駆使した超広帯域での任意光波形生成技術の研究開発により、光通信の飛躍的な高速化や新たな応用の開拓を目指します。

詳しくはこちら

山下 直美

山下 直美
コミュニケーション科学基礎研究所
人と人のつながりを深化させるコミュニケーション支援に関する研究
多様なハンディキャップや環境の違いを超えて人と人のコミュニケーションを深化させるコミュニケーション支援技術の開発を目指します。

詳しくはこちら

山田 渉

山田 渉
アクセスサービスシステム研究所
空間全体を対象とした電波伝搬特性推定モデルの研究
理論や測定を効果的に活用しながら、空間全体に対する電波伝搬特性推定モデルを確立することにより、新たな周波数開拓や新たな無線通信システムの実現に貢献します。

詳しくはこちら

山登 庸次

山登 庸次
ネットワークサービスシステム研究所
環境適応ソフトウェアの研究
Javaに続く第二のソフト開発パラダイムシフトを目指した研究。環境適応ソフトウェアでは、進展したハード(GPU、FPGA、IoTデバイス等)を生かすため、ハードを隠蔽するのでなく、配置先ハードに合わせ最適な処理となるソフト構成に自動変換し、高性能化する。これは、ソフト開発における、環境適応のパラダイムシフトである。

詳しくはこちら

山室 健

山室 健
ソフトウェアイノベーションセンタ
クエリ最適化技術
データベース,クエリ最適化,並列/分散処理

詳しくはこちら

李 斗煥

李 斗煥
未来ねっと研究所
テラビット級無線通信を実現するOAM多重伝送技術
5Gの次世代を実現する革新的無線通信技術の開拓をめざし,電磁波の軌道角運動量(OAM:Orbital Angular Momentum)を活用したOAM多重伝送技術に取り組んでいます。現在、28 GHz帯の帯域幅2GHzを用いて、世界最高レベルの伝送速度を達成しています。今後、さらなる多重数増加技術・帯域拡大技術に取り組み、テラビット級無線通信を実現していきます。

詳しくはこちら

フッタエリアはここからです。