ページの先頭です。

文字表示

コンテンツエリアはここからです。

研究開発成果

研究開発事例

先端技術総合研究所

データ処理の地域分散・低遅延化を実現する技術

エッジコンピューティング技術

モノに至近の「場」(エッジ)と、クラウドや端末との間で処理を分担・連係させることで、アプリケーション処理の低遅延化や通信トラヒック最適化を実現するエッジコンピューティング技術に取り組んでいます。特に、アプリケーションを形成するロジックの分割・分散配置手法などを研究開発しています。素早い応答が求められる機器の制御や、多様かつ膨大なデータの処理に適用することで、IoT時代における“リアル社会駆動”の実現に貢献します。

データ処理の地域分散・低遅延化を実現する技術
フッタエリアはここからです。