ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

研究開発

IOWN

NTT R&Dは、究極のフェールセーフを実現するMaaSや究極の臨場感を実現するエンターテインメントサービスなど、今のインターネットでは実現できない新しいスマート社会の到来を思い描いています。新たな世界の実現のためには、超低消費電力・高速信号処理の実現や、現実と同等以上の仮想世界と高度な予測技術の融合など、現状技術の延長では達成できないイノベーションが必要です。NTTグループは新たな世界を実現するIOWN構想(アイオン:Innovative Optical and Wireless Network)を提案し、その実現に向けて取り組んでいます。

What’s IOWN?

IOWNは、今のインターネットだけでは実現できない新たな世界を実現する革新的な構想です。IOWNは主に、ネットワークだけでなく端末処理まで光化する「オールフォトニクス・ネットワーク」、サイバー空間上でモノやヒト同士の高度かつリアルタイムなインタラクションを可能とする「デジタル・ツイン・コンピューティング」、それらを含む様々なICTリソースを効率的に配備する「コグニティブ・ファウンデーション」の3つで構成されます。

コグニティブ・ファウンデーションとデジタル・ツイン・コンピューティング、オールフォトニクス・ネットワークなどを繋ぐイメージ図

オールフォトニクス・ネットワークは、ネットワークから端末、チップの中にまで新たな光技術を導入することにより、これまで実現が困難であった超低消費電力化、超高速処理を達成します。

1本の光ファイバ上で機能ごとに波長を割り当てて運用することで、インターネットに代表される情報通信の機能や、センシングの機能など、社会基盤を支える複数の機能を互いに干渉することなく提供することができます。

NTTグループは、エレクトロニクスからフォトニクスの世界へシフトさせ、社会的課題の解決をめざします。

低消費電力、電力効率100倍(フォトニクス技術適用部分の電力効率の目標値)、1/100の低消費電力で各種情報通信サービスを提供。大容量・高品質、伝送容量125倍、瞬きの間(0.3秒)に2時間の映画を1万本ダウンロード可能(5Gでは3秒で1本可能)。エンドエンド遅延1/200(同一県内で圧縮処理が不要となる映像トラヒックでの遅延の目標値)、デジタルテレビや衛星放送のような遅延なしに、リアルタイムで映像を伝送。

デジタル・ツイン・コンピューティングは、これまでのデジタル・ツイン技術を大きく発展させ、実世界のモノ・ヒトを表すさまざまなデジタル・ツインに対し交換・融合・複製などの演算を行い、それぞれのデジタル・ツインを掛け合わせることで、自在にモノ・ヒトのインタラクションを再現・試行する新たな計算パラダイムです。これによって、今までにない高精度な仮想社会が構築され、大規模かつ高精度な未来の予測・試行や、新たな価値を持った高度なコミュニケーションなどを実現することが可能となり、世界中の様々な社会的課題の解決や革新的サービスの創出が期待できます。

IOWNにより、NTTグループが世界をどのように変えていくのか、今後にご期待ください。

海外基礎研究拠点の設立

2019年7月に海外基礎研究拠点「NTT Research, Inc.」を米国シリコンバレーに発足しました。 NTT Research, Inc.は3つの研究所を擁し、国内の研究所と連携して、イノベーションの源泉となる基礎研究の強化を推進します。

各研究所には世界的に活躍する研究者を所員や所長として迎え、NTTの研究所に閉じた研究だけでなく、世界中の大学・研究機関や他企業の研究所との共同研究にも積極的に取り組み、基礎研究の頂をめざして、革新的なイノベーションに資する世界に類を見ない成果をめざしていきます。シリコンバレーをはじめとして、今後は、世界各地に拠点を展開し、さらなる研究開発のグローバル化を進めていきます。

海外研究拠点(NTT Research, Inc, Slilicon Vallery and Athers)と国内研究拠点(サービスイノベーション総合研究所、情報ネットワーク総合研究所、先端技術総合研究所)とを連携による基礎研究強化とのイメージ図
量子計算科学研究所
(PHI Labs.)
物理学と情報学の共創領域を探求し、散逸系における量子論の基礎研究とその情報処理への応用など、まったく新しい理論を構築する基礎物理学研究を推進する
暗号情報理論研究所
(CIS Labs.)
高度先端機能に対応した暗号理論やブロックチェーンなどの分散環境下における安全性理論等の基礎研究に取り組む
生体情報処理研究所
(MEI Labs.)
プレシジョン・メディシン(精密医療)につながるデータの蓄積やAIによる解析等の生体情報処理を研究する、NTTとして初めての医学・生物学系の研究所
フッタエリアはここからです。