ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

Your Value Partner

医療・健康 医療・健康 ジムで走る老若男女の写真

メインコンテンツエリアはここからです。

日本再興戦略改訂2015(2015年6月閣議決定)」では、医療・介護分野のITC化推進について掲げられており、
医療施設間の連携や住民の健康増進支援などは、地域社会の重要課題となっています。
NTTグループでは、ICTを活用した地域医療の質向上にむけ、
さまざまな研究およびソリューションの提供を進めています。

代表的な導入事例

宮城県などにおける地域医療連携

地域住民に対する質の高い医療の提供を支援

地域中核病院と診療所間で患者の医療情報を共有することで、診療所においても質の高い医療サービスの提供が可能となりました。 また、中核病院の負荷軽減にもつながり、重症患者への最良の医療サービス提供に集中できるなど、地域全体の医療サービス向上につながっています。

医療の質を高める事を目的に情報を共有することを表した図。
左に介護施設、介護状況。右上に矢印。矢印の先に病院、診療情報・入退院情報。右下に矢印。矢印の先に薬局、調剤情報。3つの真ん中に家族/患者、生活情報があり、矢印が向いている。薬局からは左下に矢印が出ていて、その先に地域で各情報を連携、病院情報、診療所情報、介護情報。そこから左上に矢印。矢印の先に介護施設、介護状況。

医療情報を安全に統合できる独自の情報技術と標準技術を採用

関連機関の連携に必要な「ID認証連携」「情報流通」「アクセス制御」などをNTTの研究所技術を活用した「医療情報連携基盤」として提供、患者本人の同意に基づく厳密な情報アクセス制御が可能となり、個人情報を安全に取り扱うことができるようになりました。

災害時の医療行為も継続可能に

カルテ情報などの医療情報、調剤情報などを、医療機関単位ではなく地域全体でプライベートクラウド上にバックアップし安全に保管することで、災害時の医療情報損失防止、被災地の診療所などでの参照可能となり、災害時においても医療行為を継続することができるようになりました。

全国の医療関連機関への展開へ

本案件やこれまで培ってきた研究技術・実証実験などのノウハウを活用し、医療関連機関連携を全国レベルで展開していくべく、取り組んでいきます。