ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

Your Value Partner

交通 交通 高速道路の写真

メインコンテンツエリアはここからです。

住民の高齢化が進むなか、地域経済の活性化にむけては、持続可能な公共交通体系の確立
(交通弱者の利便性向上、渋滞緩和など環境への配慮、物流の効率性向上など) が課題となっています。
NTTグループは、各自治体の実態にそくしたコンサルティングからシステム設計、運用管理まで、
幅広いソリューションをご提供しています。

代表的な導入事例

つくば市において、手軽さと利便性を両立する「デマンド交通システム」を提供

つくばエクスプレス沿線が急速に開発される一方、沿線を離れると農地が点在しており、過疎化・高齢化にともなう交通弱者への対応が重要な課題となっていました。市では、そうした課題を解決するため、幹線(コミュニティバス)と支線(デマンド交通)を組み合わせ、需要や目的に応じた効率的運行による市内二次交通を計画しました。

バスとタクシーのメリットを活かした 利便性の高い生活交通

デマンド交通システムを活用し、市内二次交通網の支線として、つくば市デマンド交通「つくタク」の運行を開始。 つくタクは、利用者が目的地までポイントtoポイントまたは、ドアtoポイントで移動でき、バス並みの低運賃でタクシーのような便利さを実現する新たな交通手段を実現する仕組みを提供しています。

住民から受付をステップ1、受付から「つくタク」をステップ2、「つくタク」から住民をステップ3として三角形で繋いだ図

Step1

予約連絡
希望時間帯 / 現在地 / 目的地
自宅、外出先どこからでも予約可能

Step2

予約受付・配車指示
複数の予約と複数の車両の運行状況から
最適な配車計画を策定、該当車両への指示

Step3

予約受付・配車指示
複数の予約と複数の車両の運行状況から
最適な配車計画を策定、該当車両への指示

効率的かつ高利用率により財政負担軽減を実現

利用者からの電話を受けたオペレーターは、地図情報システムや車載システムなどのICTを用いて車両の手配を実施、最適な運行経路を決定して、移動中の運転手に行き先や時刻を迅速に伝えることができます。こういったICTの活用を通じて運行管理の効率化が図られ、利用者はもちろん、管理する側にとっても手間やコストをかけずに運用できています。

高齢者などの交通弱者の外出促進により さらなる地域活性化に貢献

ご導入以降利用者数は順調に増加しており、「外出することが多くなった」と言う高齢の方も増えています。 NTTグループでは、認知度向上を通じたさらなる利便性向上や環境負荷の軽減などに引き続き努め、地域社会の活性化にも貢献していきます。