ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

Topics

「corevo®(コレボ)」に関するNTTグループの最新情報をご紹介します。

2019. 05 .16
AIが膨大な文書を“すみずみ”まで検索し、ピンポイントに回答!
〜コンタクトセンターソリューション「MatchContactSolution®」最新版をリリース〜

 NTTアドバンステクノロジ株式会社(以下:NTT-AT、本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:木村丈治)は、NTTグループのAI技術「corevo®」を活用したコンタクトセンターソリューション「MatchContactSolution®」の最新版の販売を開始しました。
 「MatchContactSolution®」の最新版では、AIエンジンの搭載により、膨大な文書からピンポイントで回答を導くことができるマニュアル検索機能や既存の応対履歴データを分析し、FAQ作成を支援する機能を実装することで、コンタクトセンター関連業務の効率化を実現します。
 なお、本サービスを活用したサービス事例については、5月29日(水)・30日(木)に開催される「コールセンター/CRMデモ&コンファレンス2019 in 大阪」に出展いたします。

2019. 05 .16
自然言語解析AI「COTOHA®」シリーズと「Amazon Connect」、「Salesforce Service Cloud」を活用した「クラウド型AIコンタクトセンターソリューション」を提供開始

 NTTコミュニケーションズ(以下 NTT Com)は、AIを活用したコンタクトセンターを迅速に構築できる「クラウド型AIコンタクトセンターソリューション」(以下 本ソリューション)の提供を、2019年5月16日より開始します。
 本ソリューションは、NTT Comの自然言語解析AI「COTOHA®」シリーズと、アマゾン ウェブ サービス(以下 AWS)が提供するコンタクトセンターサービス「Amazon Connect」、およびセールスフォース・ドットコムの提供するCRMサービスプラットフォーム「Salesforce Service Cloud」を活用したもので、AIによる音声認識などを利用した高機能のコンタクトセンターを短期間で構築することができます。

2019. 04 .25
先進的テクノロジーを活用した「音声入力システム」の共同開発について
〜〈みずほ〉のオペレーショナルエクセレンス向上に向けた取り組みを加速〜

 株式会社みずほフィナンシャルグループ(執行役社長:坂井 辰史、以下 みずほFG)、株式会社みずほ銀行(頭取:藤原 弘治、以下 みずほ銀行)、みずほ情報総研株式会社(代表取締役社長:向井 康眞、以下 みずほ情報総研)とNTTコミュニケーションズ株式会社(代表取締役社長:庄司 哲也、以下 NTT Com)は、音声認識処理技術、テキストマイニング、RPA(ロボットによる自動化)を活用した市場商品の取引データ入力を自動化する業務効率化ツール「音声入力システム」を共同開発し、みずほ銀行の市場バンキング業務において利用を開始しました。

2019. 04 .18
準天頂衛星みちびきに対応したドローン及びNTTグループのAI技術を活用したスマート営農ソリューションの実証実験を開始

 NTTグループ、ふくしま未来農業協同組合、株式会社エンルート、日本農薬株式会社は、準天頂衛星みちびきに対応したドローン(以下、みちびき対応ドローン)やNTTグループの先進的なAI技術を活用したデータドリブンなスマート営農ソリューションの実証実験を行います。
 本実証実験は、福島県南相馬市原町区鶴谷地区にて、福島第一原発事故に伴う避難指示の解除後、初めての稲作を2018年に再開した株式会社アグリ鶴谷(つるがい)の農場で、福島県の水稲オリジナル品種「天のつぶ」を対象に実施します。なお、本実証実験の一部は、農林水産省「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」における実証課題として2019年3月に採択されました。

2019. 04 .17
「ニコニコ超会議2019」に「日本電信電話ミカカランド・NTT超未来研究所6」を出展

 日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:澤田純、以下NTT)は、2019年4月27日(土)、28日(日)に幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議2019」に、NTTブース「日本電信電話ミカカランド・NTT超未来研究所6」を出展します。
 初出展の2014年から通算6回目となる今回は「日本電信電話ミカカランド・NTT超未来研究所6」と称して展開します。NTTの最新技術から、今年もAI(corevo®)、VR、視覚や触覚といった人間の五感、光ファイバ、レーザ光に関連した出展、現実とバーチャルの織りなすステージを通じて、「もし今の最先端技術をテクノロジー黎明期の80年代に使ったら」というコンセプトでブースを構築いたします。
 コラボレーションパートナーとの共同展示に加え、NTTドコモからも5Gを利用して、より魅力的な世界を創りあげる最新技術やコンテンツを出展します。最先端の技術とそれにつながる昭和から平成の展示を通じて、今年も規模を拡大し、過去最大のスケールでNTTの技術をわかりやすくご紹介します。

2019. 04 .17
音声ビッグデータを活用した、高品質な電話応対ガイドAIを開発
〜高品質な電話応対の暗黙知や、お客さまの「好感度」を高めるノウハウをAIが習得〜

 損害保険ジャパン日本興亜株式会社(代表取締役社長:西澤 敬二、以下「損保ジャパン日本興亜」)と、NTTコミュニケーションズ株式会社(代表取締役社長:庄司 哲也、以下「NTT Com」)は、2019年5月から損保ジャパン日本興亜の保険金サービス拠点における電話応対を、NTTグループのAI関連技術「corevo®(コレボ)」を活用して分析し、すべての社員による高品質な電話応対を可能にする電話応対ガイドAIの開発を開始します。

2019. 04 .16
(お知らせ)対話型AIサービス「ドコモAIエージェントAPI」を提供開始
-あらゆるモノと対話できる世界を実現-

 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、「my daiz™」にも使われている対話型AIサービス「ドコモAIエージェントAPI™」(以下、本サービス)を、2019年4月18日(木曜)より法人のお客さま向けに提供開始いたします。
 本サービスは、目的別にシナリオを作成することで、シナリオに沿った一問一答やユーザーとの自然な対話が可能となります。ユーザーからの問合せに対し、自動応答させるFAQチャットボットとしてのご利用が可能で、コールセンターや社内外の問合せ応対時間短縮の効果が期待できます。
 また、本サービスで作成された対話型オリジナルエージェント(キャラクター)は、音声認識・音声合成機能を有しており、ユーザーと音声での対話が可能となります。エージェントが発する声色は50種類以上から選ぶことが可能です。

2019. 04 .08
コンタクトセンター向けの音声テキスト化AIサービス「COTOHA Voice Insight™」の提供を開始
〜セキュアかつ低コストで業務効率化と生産性向上を実現〜

 NTTコミュニケーションズ株式会社(以下 NTT Com)は、コンタクトセンターを運営する企業向けに、AIによって、お客さまとの通話内容の高精度なテキスト化を可能にするサービス「COTOHA Voice Insight™」(以下 本サービス)を、2019年4月8日より提供開始します。

 本サービスでは、コンタクトセンターにおける通話の録音ファイルを専有型のセキュアなクラウド上にアップロードすることで、通話内容をテキストファイルに一括変換することができます。

2019. 04 .04
最先端音声認識技術を利用した音声テキスト化サービスの試行提供開始

 エヌ・ティ・ティ出版株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:長谷部敏治、以下NTT出版)は、NTTテクノクロス株式会社(東京都港区、代表取締役社長:串間和彦、以下NTTテクノクロス)の音声認識製品を活用した「クラウド型音声自動テキスト化サービス」のβ版の提供を開始しました。

2019. 03 .29
AIが自動で文字起こしや翻訳を行う議事メモ作成サポートサービス「COTOHA® Meeting Assist」の提供を開始

 NTTコミュニケーションズ株式会社(以下 NTT Com)は、自然言語解析技術を活用したAIサービス「COTOHA®」シリーズの新サービスとして、AIが自動で文字起こしや翻訳を行う議事メモ作成サポートサービス「COTOHA® Meeting Assist」(以下 本サービス)の提供を、2019年4月1日より開始します。

ローカルナビはここからです。
フッタエリアはここからです。