ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

表彰・外部評価

外部からの評価

Dow Jones Sustainability Index(DJSI)

米国のダウ・ジョーンズ社とスイスのRobecoSAM社が提携して開発した経済・環境・社会の3つの側面から企業の持続可能性を評価するインデックスで、 DJSI Worldインデックスには全世界で317社(日本企業は34社)が組み入れられています。NTTは2019年9月現在、2年連続でWorldに組み入れられています。

FTSE4Good Index Series

FTSE4Good Indexは、ロンドン証券取引所の100%出資子会社であるFTSERussell社(英国)による世界的なESGインデックス。NTTは2019年8月付けで4年連続で組み入れられています。

 

FTSE Blossom Japan Index

FTSE Russell社が作成した、環境・社会・ガバナンス(ESG)の対応に優れた日本企業のパフォーマンスを反映するインデックス。NTTは2019年6月付けで3年連続で組み入れられています。

MSCIジャパンESGセレクトリーダーズ

MSCIジャパンIMIトップ700指数構成銘柄の中から、ESG評価に優れた企業を選別して構築される指数。NTTは2019年6月付けで組み入れられています。

MSCI日本株女性活躍指数

女性の参加と昇進、多様性の推進において、従業員のジェンダーの多様性を促進し、業界をリードしている企業を選定している「MSCI日本株女性活躍指数」に2019年12月より組み入れられています。

ETHIBEL EXCELLENCEに採用

ベルギーに拠点を置く社会的責任投資の推進団体フォーラム・エティベルの「ETHIBEL EXCELLENCE」に採用されています。

インターネットIR表彰の受賞

大和インベスター・リレーションズ社が上場企業における情報開示ならびにコミュニケーション活動でIRサイトを有効に活用し、特に優秀な企業を表彰する「インターネットIR表彰」において優秀賞を2012年より毎年、受賞しています。

IR優良企業特別賞の受賞

一般社団法人日本IR協議会が優れたIR活動を実施している企業を会員企業の中から選定。審査員はアナリスト、投資家、報道機関などで構成されており企業にとどまることなく、個人投資家など市場関係者からも注目を集めており、2019年はIR優良企業特別賞を受賞しました。

環境コミュニケーション大賞

環境省と一般財団法人地球・人間環境フォーラムが主催する第22回環境コミュニケーション大賞において、「NTTグループ サステナビリティレポート2018」が環境報告書部門で優良賞(第22回環境コミュニケーション大賞審査委員長賞)を受賞しました。

東洋経済新報社「CSR企業ランキング」

企業の財務面とCSR面を総合的に評価する、東洋経済新報社「2019年度CSR企業ランキング」において、第3位に入りました。

くるみん(星3つ)に認定

厚生労働省が次世代育成支援対策推進法に基づき、一般事業主行動計画を策定した企業のうち、計画に定めた目標を達成し、一定の基準を満たした企業を認定する「くるみん(星3つ)」を受けています。

PRIDE指標ゴールドに認定

任意団体work with Prideが日本初の職場におけるLGBTなどのセクシュアル・マイノリティ(以下、LGBT)への取り組みの評価指標「PRIDE指標」を策定し、優れている企業を表彰するPRIDE指標ゴールドに4年連続して受賞しました。

テレワーク100選に認定

総務省が2015年から、テレワークの導入・活用を進めている企業・団体を「テレワーク先駆者」とし、その中から十分な実績を持つ企業等を「テレワーク先駆者百選」として公表する「テレワーク先駆者百選」に認定されました。

その他の表彰・外部評価

ICTサービス

ダイバーシティ

おすすめコンテンツ

  • NTTグループ環境活動
  • NTTアニュアルレポート2019
  • NTTグループダイバーシティ&インクルージョン

CSRに関するお問い合わせ

フッタエリアはここからです。