ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

映像で見る活動事例
Sustainability Action

NTTグループは、多様な事業や技術・ノウハウをもとに、社会の持続的な発展に向けたさまざまな活動に取り組んでいます。
また、2015年秋に採択された「持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)」への賛同を表明するなど、本業を通じた社会課題解決への貢献をめざしていきます。

日本NTTコムウェア NEWNTTコムウェア

目視検査の自動化・効率化を実現する
画像認識AI“Deeptector”

製造業を中心とした人手不足を背景に、目視による点検・検査の“自動化ニーズ”が高まっています。NTTコムウェアは、深層学習(Deep Learning)を利用した画像認識AIである“Deeptector”の開発・提供を通じて、点検・検査などを自動化・効率化するだけでなく、検査品質の向上や危険回避などさまざまな価値を提供しています。

関連するSDGs

  • 目標3:
    すべての人に健康と福祉を
  • 目標9:
    産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 目標11:
    住み続けられるまちづくりを
  • 目標14:
    海の豊かさを守ろう

ドイツitelligence AG社itelligence AG社NTT DATA

世界を養う農業プラットフォーム
“Farmbot Network”

2050年には世界の人口が100億人に達すると予想されるなか、新しい食糧生産と分配の仕組みが必要とされています。そうしたなかitelligence AGでは、都市空間で食料を生産する農業ロボットを活用したネットワーク“Farmbot Network”を開発・提供。地域社会での食料の共有はもちろん、食料輸送の効率化や環境負荷の低減にも期待されています。

関連するSDGs

  • 目標2:
    飢餓をゼロに
  • 目標11:
    住み続けられるまちづくりを

南アフリカDimension Data社Dimension Data社

「土曜学校」を無償開講する
“Saturday School Journey”

南アフリカ共和国では、私立学校と比較して公立学校の資金・教員が不足し、十分な教育環境が整っていません。そこでディメンションデータは、地元21カ所の公立学校から毎年100名の生徒を選抜し、毎週土曜日に無償で授業を開催する“土曜学校プログラム”を20年以上にわたって実施。地域社会とともに、教育格差解消に貢献し続けています。

関連するSDGs

  • 目標1:
    貧困をなくそう
  • 目標4:
    質の高い教育をみんなに
  • 目標8:
    働きがいも経済成長も
  • 目標10:
    人や国の不平等をなくそう

日本NTTPCコミュニケーションズNTTPCコミュニケーションズ

働く人の安全と健康を見守るウェアラブルIoTサービス
“みまもりがじゅ丸®”

現在、政府主導で「働き方改革」が推進されていますが、肉体的・精神的負担による健康障害や、健康起因による事故は後をたちません。こうしたなか、NTTPCコミュニケーションズではウェアラブルIoTサービス“みまもりがじゅ丸®”の提供を通じて、企業において働く人の安全と健康を見守る仕組み作りを支援しています。

関連するSDGs

  • 目標3:
    すべての人に健康と福祉を

日本NTT東日本 NTT東日本

IoTの活用で農業を「見える化」する
“eセンシング For アグリ”

就農人口の減少や、技術の継承といった課題が顕在化する日本の農業では、生産管理の効率化・高度化が必要です。NTT東日本ではIoTを活用し、離れた農場の環境をリアルタイムでチェック、過去のデータも閲覧可能な“eセンシング For アグリ”を開発・提供し、課題解決を支援しています。

関連するSDGs

  • 目標9:
    産業と技術革新の基盤をつくろう

日本NTTドコモNTTドコモ

通話相手の言葉をスマートフォンに表示する
難聴者向け電話サービス“みえる電話”

NTTドコモは、通話相手の言葉をスマートフォンの画面上にリアルタイムに表示する難聴者向け電話サービス“みえる電話”を開発・提供しています。これにより、全国に750万人以上とも言われる難聴者の「聞き取れない」という不安を解消し、安心の電話コミュニケーションを支援しています。

関連するSDGs

  • 目標10:
    人や国の不平等をなくそう
  • 目標11:
    住み続けられるまちづくりを

日本NTTコミュニケーションズNTTコミュニケーションズ

自然な日本語の対話ができる“COTOHA”で
労働力不足の解決に貢献

少子高齢化により労働人口の減少が進む日本において、AIの活用による仕事の効率化には大きな期待が寄せられています。こうしたなかNTTコミュニケーションズでは、人と自然な対話を行うことができるAIエンジン“COTOHA”を開発、提供しています。

関連するSDGs

  • 目標9:
    産業と技術革新の基盤をつくろう

日本NTT都市開発NTT都市開発

“光ダクト”を採用した
人と環境にやさしい次世代オフィス開発

例えば、オフィスビルの4面すべてからの自然採光を可能にする“光ダクト”を採用し、省エネだけでなく、快適で知的生産性に優れたオフィス空間を実現する――NTT都市開発では、環境に配慮しながら、人にやさしいワークプレイスを開発しています。

関連するSDGs

  • 目標3:
    すべての人に健康と福祉を
  • 目標7:
    エネルギーをみんなに
    そしてクリーンに
  • 目標8:
    働きがいも経済成長も

日本NTT東日本NTT東日本

「被災者生活再建支援システム」の提供と
被災地に関する取り組み

大規模な自然災害時に被災者の生活再建に必要不可欠となるのが、自治体が発行する「り災証明書」。NTT東日本では、その調査人員や時間を大幅に削減する「被災者生活再建支援システム」で、迅速な証明書発行を実現し、被災者を支援しています。

関連するSDGs

  • 目標3:
    すべての人に健康と福祉を
  • 目標11:
    住み続けられるまちづくりを

イタリアNTTデータNTTデータ

バチカン図書館デジタルアーカイブ化プロジェクト

バチカン図書館では、貴重な手書き文献を後世に残し永続的な文化の継承を実現すべく、デジタルアーカイブ事業を実施しています。 NTTデータでは、この取り組みに賛同し、2014年から参画しています。4年間で約3,000冊の手書き文献をデジタル化すべく貢献しています。

南アフリカDimension Data社Dimension Data社

南アフリカのサイを密猟から守る監視システム

2025年までに絶滅してしまうと危惧されるサイ。その原因である密猟を防ぐために、Dimension Dataでは、生息エリア内での人間の動きを追跡・監視するネットワークをICTインフラで実現。サイにストレスを与えることなく、安全な生息環境をつくり出しています。

おすすめコンテンツ

  • NTTグループ環境活動
  • NTTアニュアルレポート2017

ご意見・お問い合わせ

フッタエリアはここからです。