ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

総合研究所概要

アクセスサービスシステム研究所

研究所の概要

 アクセスサービスシステム研究所は、最先端の研究をタイムリーに実用的な開発につなげ、新たなサービスを創出し続けることで多様な社会を実現することをミッションとし、お客様とNTTビルを結ぶ光アクセス技術に関する研究開発を行っています。

所長あいさつ

所長 青柳 雄二

所長 青柳 雄二

 近年、SNS・クラウドサービス・IoT等の急速な進展により、ブロードバンドサービスは時間、場所、対象を問わず必要とされる時代となり、今後はさらに多くのサービスが生まれ、それらを滞りなくお客様のもとへ届けることが今まで以上に必要になると考えています。

 そのような時代において、アクセスネットワークは、「多種多様なサービスを十分な品質で提供する性能」と「変化を許容する高い柔軟性」を有するネットワークへと進化していかなければなりません。
 同時に社会インフラとしての信頼性を担保し、安心・安全なサービスを提供し続けるために、保守運用の高度化・効率化も必要となっています。

 その実現に向け、柔軟な光サービス提供とスマートな運用を可能とする光アクセスシステム技術、既存光ファイバ限界の克服と可用性が高く柔軟なアクセスネットワークを実現する光メディアネットワーク技術、地下管路、とう道といった基盤インフラ設備を効率的に保守運用する基盤設備技術、端末や回線を意識しないシームレスなアクセスやアンライセンス無線の高度化によるワイヤレスアクセス技術など、現在のアクセスネットワークを支え、そして将来のアクセスネットワークを形づくるさまざまな研究開発に取り組んでいます。
 また、日本の光アクセス技術の国際標準化にも積極的に参画し、グローバル展開を支援しています。
 
 私たちは、これらの研究開発活動を通じて、特別なことを意識することなく誰もがいつでも自然につながるアクセスネットワークを提供し、NTTグループ自らのデジタルトランスフォーメーションを進めるとともに、パートナーの皆さまのデジタルトランスフォーメーションをお手伝いすることで社会的課題等の解決に貢献してまいります。

プロジェクト

  • ・アクセスサービスシステムプロジェクト
  •  アクセスサービス、NWの戦略策定とその実現のための研究開発
  • ・光アクセス基盤プロジェクト
  •  アクセスネットワークに関する研究開発
  • ・無線アクセスプロジェクト
  •  WiFiを中心としたラストホップ用ワイヤレスアクセスに関する研究開発
  • ・無線エントランスプロジェクト
  •  各種無線基地局向けエントランスアクセス方式に関する研究開発
  • ・アクセス運用プロジェクト
  •  線路設備の保守運用に関する研究開発
  • ・アクセス設備プロジェクト
  •  光線路設備とその構築に関する研究開発
  • ・シビルシステムプロジェクト
  •  基盤設備(土木技術)に関する研究開発
  • ・アクセスオペレーションプロジェクト
  •  オペレーションおよびNWのオペレーションサポートシステムに関する研究開発

主な研究内容

(1) アクセスシステム

FTTHのさらなる高度化を実現

既存の光線路設備そのままで数百Mbps〜Gbpsクラスのより高速な光サービスを実現するため、GE-PON、WDMなど光アクセスシステムの高度化に取り組んでいます。また、帯域制御などによる多様な品質(QoS)や、多チャンネル映像をIP通信と同じ1本の光ファイバ上で提供する新たなサービスも実現していきます。

(2) 光メディアネットワーク

光ブロードバンドサービス大量開通の即応化と膨大な量の光設備の効率的な保守・運用管理の実現

光ブロードバンドサービス大量開通の「即応化技術」をはじめ、機能性が高くて取り扱いがしやすい「光ファイバ・ケーブル技術」について研究開発を推進します。また、膨大な量の光設備の保守・運用・管理を効率的に実施するための「運用管理技術」についても積極的に取り組み、社会インフラとして、低稼働、低コストで信頼性の高いサービスを提供します。

(3) 基盤設備技術

安心・安全なケーブル収容空間を確保

通信土木設備はライフラインとして通信の維持、ネットワークの信頼性確保に寄与することが求められています。設備の老朽化が進行する中、メタル/光のマイグレーションに寄与するとともに、適切なメンテナンスにより設備の長寿命化を図り、大量に保有する設備をマネジメントしコスト削減を図る必要があります。そのために、 (1)管路設備の補修・更改技術の開発などによりメンテナンスフリー化等の経済化・効率化 を図る研究
(2)マンホールなどのコンクリート構造物の維持管理に関する研究
(3)設備のマネジメントとオペレーションの最適化によるコストダウンに関する研究

(4) ワイヤレスアクセス

光と無線を組合わせたシームレスなアクセス手段の提供

ワイヤレス技術は端末のポータビリティ、無配線化による設置の柔軟性、低コストなどの特長から、さまざまなサービスの提供のために非常に重要です。具体的には(1)建物に固定設置された無線装置を用いて、光ファイバの代替として高速IPアクセスサービスを提供可能なFWAシステム、(2)無線LANを用いてオフィス/家庭および公衆スポットなど、移動した先での高速アクセスを実現するNWAシステム、(3)列車や船舶などの広範囲を移動する乗物の中での高速アクセスや離島通信/災害対策などの通信サービスを実現する衛星通信システムの開発に取り組んでいます。

フッタエリアはここからです。