ページの先頭です。

文字表示

コンテンツエリアはここからです。

NTTis...2010春号

NTTの「サービス創造」への取り組み

NTTグループの中期経営戦略に掲げている「サービス創造」に関して、今回はその具体的な取り組みの一例をご紹介させていただきます。

ある日…。
次の日(映画館)
帰り道。
サービス創造

ページトップ


情報通信市場の変化とNTTグループの取り組みについてご説明します。

情報通信市場では、ブロードバンド化の進展に伴い、大きな変化が続いています。

ネットワーク基盤を活用した多彩なサービスの創造

情報通信(ICT)市場では、ブロードバンド化の進展とともに、固定と携帯、通信と放送といったサービスの融合が加速しており、従来の通信事業者とは異なる新しい多様な事業者が参入し、新しいビジネスモデルを展開するなど、大きな変化が続いています。こうした中、NTTグループは、2008年5月に策定した中期経営戦略「サービス創造グループを目指して」に基づき、最先端のブロードバンドネットワークの普及拡大を進めるとともに、そのネットワーク基盤を活用した多彩なサービスの創造に取り組んでいます。

ページトップ


NTTグループでは、いち早く固定系・移動系の高速大容量のネットワーク基盤の構築を進め、「サービス創造」を実現するインフラが整いつつあります。

ネットワーク基盤の構築(固定系)

固定系では、高速大容量の光回線でインターネットに接続するサービス「Bフレッツ」の普及を推進し、提供エリアは全国の約90%に達しており、また「Bフレッツ」よりも高品質で安全な次世代ネットワーク(NGN)の「フレッツ 光ネクスト」に関しても2011年3月までにすべての「Bフレッツ」提供エリアでご利用いただけるよう構築を進めております。

ネットワーク基盤の構築(移動系)

一方、移動系のブロードバンドサービスは、2001年に世界に先駆けて導入した第3世代携帯電話サービス「FOMA」に加え、より高速な「FOMAハイスピード」を2006年に提供開始し、2008年12月には全国で利用可能となりました。また、移動次世代規格「LTE」に関しても、世界の先頭集団として2010年に提供開始する予定です。
これらのネットワーク基盤を活用し、「サービス創造」に取り組んでまいります。

ページトップ


「サービス創造」による新たな収益源の開拓を通じて事業構造の改革を進めております。

「サービス創造」に関しては、7 〜10 ページで取り上げた「映像サービス」、「デジタルシネマ」、「デジタルサイネージ」、13 〜 14ページでご紹介する「eラーニング」に加え、様々なパートナー企業と「協業」し、個人のお客様、法人のお客様に向けたこれまでにない新しいサービスを創り上げようとしています。
このような取り組みなどを通じて、NTTグループの事業構造を、これまでのレガシー系サービス(固定電話など)中心から、IP系およびソリューション・新分野等中心に転換し、その収入比率を2008年3月期の52%から2013年3月期には75%とする、事業構造の改革を進めてまいります。

売上高の構成比
フッタエリアはここからです。