ページの先頭です。

文字表示

コンテンツエリアはここからです。

NTTis...2010冬号

株主の皆様へ

代表取締役社長 三浦 惺

 株主の皆様におかれましては、当社の事業運営に格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。ここに「NTTis...2010冬号」をお届けするにあたり、謹んでご挨拶申し上げます。

 2011年3月期上半期は、2008年5月に策定した中期経営戦略「サービス創造グループを目指して」に基づき、ブロードバンド・ユビキタスサービスの拡大に引き続き取り組みました。
 固定通信分野では、引き続き「フレッツ光」の販売強化・拡大に努めました。増加する携帯ゲーム機やタブレット型端末などへの対応として、「フレッツ光」をご利用のお客様を対象にモバイルWi-Fiルータ*1「光ポータブル」のレンタル提供を開始するなど、フレッツによる無線LANの利用促進を図りました。また、サポートサービスの面では、「フレッツ光」のみならず、接続するIT機器も含めた企業向けの訪問サポート・リモートサポートを充実させるなど、サービス強化に努めました。
 移動通信分野では、スマートフォン「XperiaTM」をはじめ、お客様の様々なご要望にお応えする端末ラインナップを充実させました。さらにスマートフォン向けのサービスとして、アプリケーションやコンテンツを分かりやすく紹介する「ドコモマーケット」や、「iモード」と同じメールアドレスを使ったメールサービスなどを利用できる「spモード」を開始し、スマートフォン市場の裾野拡大に取り組みました。また、データ通信利用の拡大に向け、モバイルWi-Fiルータの提供や定額データプランの割引キャンペーンなどの取り組みを進めました。
 ソリューション分野については、お客様システムの構築・提供に加え、「BizXaaS」や「BizCITY」を中心としたクラウドサービスのラインナップの充実をはじめ、お客様の業種・業態に対応した付加価値の高いソリューションの提供に努めました。
 上位レイヤサービスの取り組みについては、映像サービスやeラーニングなどのサービス・コンテンツを充実させました。「ひかりTV」では3D対応コンテンツの提供や、IPTVならではの双方向サービスとして、画面上からリモコンの操作により商品の注文が行える「ひかりTVショッピング」を開始しました。eラーニングに関しては、オンラインとリアルの両方の良さを兼ね備え、Web上の3D仮想空間で学習ができる「バーチャル英会話教室」を開始しました。
 グローバル事業においては、新たな海外データセンタの建設に加え、サービスラインナップの充実や顧客・ノウハウ獲得を目的とした海外企業との資本提携を実施するとともに、日系企業向けの営業強化を図るため海外営業拠点の設立を行うなどサービス基盤を拡充しました。さらに、海外子会社や現地企業との提携を通じた携帯向けコンテンツ配信の事業拡大を進めました。

 今後も中期経営戦略に基づく取り組みを継続・強化してまいります。
 中小マンションの光化の推進や、IRU*2の活用により「フレッツ光」の提供エリアを拡大するとともに、今月提供を開始するLTE*3サービス「Xi(クロッシィ)」の展開など、世界最先端のブロードバンド・ユビキタスサービス基盤の拡充を着実に進め、この基盤を活用したサービスの創造を推進してまいります。
 また、グローバル事業については、法人向けソリューション事業とコンシューマ向けモバイル事業を2本柱に積極的に事業を展開してまいります。10月に公開買付により子会社化したDimensionDataをはじめ、海外子会社の拡大を着実に進めた結果、お客様拠点のシステムからアプリケーションまでをワンストップで提供できる体制が整ってきております。今後、グループ各社の強みを融合し、トータルICTサービスの提供に取り組んでまいります。
 最後に、ICT利活用について、電子政府、教育、医療などの分野で従来から全国の自治体などにおける具体化に参画し、サービスの充実に貢献してまいりましたが、今後も積極的にICT利活用の推進に取り組んでまいります。

株主の皆様の配当金につきましては、2011年3月期の年間配当金を、1株当たり120円と予定しており、中間配当金としては、1株当たり60円といたしました。また、自己株式の消却に関しましては、本年5月に発表した自己株式消却の方針に基づき、11月15日に約1億2,500万株の消却を実施しております。

 株主の皆様におかれましては、より一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2010年12月

*1.無線LAN機器間の相互接続性の認証である「Wi-Fi」に対応した端末機器を、「フレッツ光」や携帯のFOMAネットワークなどに接続させる機器。(詳細はNTTの「サービス創造」への取り組み 〜Wi-Fi編〜を参照)

*2.Indefeasible Right of Userの略。一方的に解約できない長期安定的な使用権のこと。ここでは、ブロードバンド未敷設地域で自治体が構築したブロードバンドアクセス設備をIRUにより借り受け、サービスを提供する方式を指している。

*3.Long Term Evolutionの略。移動通信における次世代規格。高速・大容量、電波利用効率の高さ、低遅延などを特長とし、光ファイバ並みの高速通信を実現する。

フッタエリアはここからです。