ページの先頭です。

文字表示

コンテンツエリアはここからです。

NTTis...2013冬号

このページの英語版を見る

NTTグループのグローバル企業への転換

NTTグループでは、国内だけでなくグローバルに事業を展開しています。
ここでは、グローバル市場でのNTTグループに対する評価と今後のグローバル展開についてご紹介します。

ある証券会社にて…。そろそろじゃのう。人がいっぱいだね。NTTグループはグローバル企業への転換を図っています!これまでの国内通信事業だけでなく、より大きな世界市場での成長を目指しています。国内から世界へってことだね。NTTグループのグローバル展開の現状についてご紹介しましょう。海外売上高もグループ全体の売上高の約1割を占めているんだね。全従業員の2割強が海外にいるんじゃのう。いつの間にかNTTグループはグローバル企業だったんだのう。*個人投資家の皆様向け説明会の内容は(http://www.ntt.co.jp/ir/library/presentation/private.html)にてご紹介しています。

NTTグループは海外からどう評価されているのかな。たしかに、気になるのう。それでは、現在の海外での評価についてご紹介しましょう。売上高は世界の通信事業者のなかで第1位、全業種でも第32位。ブランド力は日本企業のなかで第2位、世界の全業種でも第16位。革新性は世界で100社のみに贈られる評価を、通信事業者で唯一3年連続受賞。社債の格付は世界の通信事業者で第2位となっています。世界トップクラスの評価を受けているんだね。NTTグループは既に世界中で1万社以上の企業をお客様にもち、2012年11月に公表した中期経営戦略に基づき、さらにグローバルに取り組みを拡大しているのです。さらに海外へ展開していくんだね。どこまで拡大するんじゃろうかのう。

海外売上高の目標額は2017年3月期に200億USドルまで伸ばすことだったよね。海外売上高も大きく伸びており、今後も拡大させる予定です。グローバル展開を行うNTTグループの体制はどうなんだろうね。さらに、クラウドサービスを支える研究開発にも力を入れています。どんな成果があるんだろう。NTTグループは、クラウドサービスをフルラインナップで提供できる極めてまれな企業なのです。例えば、クラウドにとって重要なセキュリティ技術として、NTTの秘密計算技術があります。これは、世界最高レベルの性能を誇っています。データの暗号化やクラウド上の複数のサーバへの分散で、安全にデータが処理できる技術と聞いたことがあるよ。NTTグループは着実にグローバル企業への転換を図っているんだね。今後がますます楽しみじゃな。

説明会終了後‥。カンパーイ!おつかれさま。会社説明会はどうだった?NTTはまさにグローバル企業じゃ。ホームページでもこんなことを見たよ。世界中の人たちにとって、幸せな1年になると良いわね。この空のように、NTTグループは世界につながっていくんだね。

フッタエリアはここからです。