ページの先頭です。

文字表示

コンテンツエリアはここからです。

株主通信 NTTis 2014.6

このページの英語版を見る

『NTT is』 改訂のお知らせ

デザイン一新、誌面リニューアル 株主の皆さまにさらに身近な 『株主通信 NTT is』へ

『NTT is…』が『株主通信 NTT is』へと生まれ変わりました

『NTT is…』は本号から誌面を大幅に改訂し、新たに『株主通信 NTT is』としてスタートしました。
株主の皆さまに関心が高い、NTTグループの事業内容や成長戦略などをわかりやすくお伝えするため、6月と12月の年2回発行とし、誌面の充実を図ります。また、冊子の形態・大きさも変更し、より一層読みやすいデザインを追求します。
「株主の皆さまとNTTを結ぶ」というコンセプトはそのままに、株主の皆さまとのコミュニケーションをさらに深めてまいります。

タイトルの意味は?

『NTT is』は創刊号から使用されており、有用で鮮度の高い情報を株主の皆さまにお届けしたいとの想いから名付けられたものです。新たな領域、世界へと事業を拡大し、さらなる発展をめざすNTTグループをわかりやすくお伝えしていきたいとの願いから、タイトルはそのままにデザインのみ変更しました。
これからも株主の皆さまとNTTグループを結び、より親しまれる情報誌となるよう努めてまいります。

表紙のデザインは?

NTTグループでは「グローバル展開」を重要な経営戦略と位置付けています。そこで、海外で活躍するクリエイターが「世界から見たNTTグループ」をテーマに表紙をデザインしていきます。
本号の表紙デザインは、ロンドンで活躍するデザインスタジオ「ホワイ・ノット・アソシエイツ」の作品です。
1987年のスタジオ設立以来、タイポグラフィを基盤に革新的な作品を生み出し、デザイン界の第一線を走り続けています。主なクライアントは英国王立芸術院、マルコム・マクラーレン、ポンピドゥー・センター、BBCなど。『株主通信 NTT is』の表紙も、世界に広がるNTTグループの事業展開を斬新な感覚で捉えたデザインとなりました。

フッタエリアはここからです。