2019.2Q決算のポイント

最終更新日:2019年11月6日

2019.2Q決算のポイント

  • 2019年度第2四半期決算は増収・減益
  • 2019年度通期業績予想については、収益を上方修正し利益は維持する計画だが、年間計画を上回るべく取組んでいく。

Q営業収益は対前年増収だが、営業利益が減益なのはなぜか。

A

営業収益は、「スマートエネルギー事業」の推進に向けた㈱エネットの子会社化が大きく寄与している。
営業利益は、ドコモのお客さま還元等による減益に加えて、ドコモにおけるd払い普及促進などのポイント経費グローバル再編に係る統合コスト等、一時的な費用増により減益となったもの。

Q海外事業が対前年減益となった具体的な内容はなにか。

A

デジタルオファリング拡充等の成長投資に加え、高付加価値・高利益サービス(マネージドサービス、データセンターなど)へのシフトの遅れ、ブランド強化等のプロモーション費用等により減益となっている。下期にかけては、高付加価値・高利益サービスへのシフト等の構造改革を加速していく。

Q中期財務目標である2023年度海外売上高$25Bと営業利益率7%の達成に向けた具体的な戦略を教えてほしい。

A

高付加価値・高利益率サービスの収益比率拡大と、業務の集約化・デジタル化を2つの柱とし、営業利益率7%達成に必要な増益額を創出していく
NTT Ltd.については、高付加価値・高利益サービスへのシフトを加速して2021年度までに統合完遂し、コスト効率化の徹底に取り組む。データは、グローバルオファリングの創出により業界ケイパビリティを強化する。