Event Reports

「NTT コミュニケーション科学基礎研究所 オープンハウス 2019」開催報告

PDFダウンロードPDFダウンロード

小川 厚徳(おがわ あつのり)/ 武 小萌(ぶ しょうほう)/ 西野 正彬(にしの まさあき)/ Mathieu Blondel/ 持田 岳美(もちだ たけみ)


NTTコミュニケーション科学基礎研究所

NTTコミュニケーション科学基礎研究所では、最新の研究成果を多くの方々に知っていただくイベントとして、2019年5月30〜31日に「オープンハウス2019」を開催しました。ここではその開催模様を報告します。

オープンハウスの概要

NTTコミュニケーション科学基礎研究所(CS研)は、人と人、あるいはコンピュータと人の間の「こころまで伝わる」コミュニケーションの実現をめざし、時代を先取りした基礎研究に取り組んでいます。その最新成果を「見て、触れて、感じてもらう」イベントとして、2019年5月30日(12:00〜17:30)と31日(9:30〜16:00)に、NTT京阪奈ビル(京都府精華町)で、「NTTコミュニケーション科学基礎研究所 オープンハウス2019」を開催しました(1)。今年は、元陸上選手・Deportare Part-ners代表の為末大氏をお招きし、NTTフェロー柏野牧夫との特別対談を実施しました。また初の屋外でのデモ展示にも挑戦しました。2日間の期間中には、NTTグループ関係者のみならず、各企業や研究機関、大学関係者、近隣地域の方などを含む、約1500名の方々にご来場いただきました。

所長講演

2日間のオープンハウスは、CS研山田武士所長による講演「人に迫り、人を究め、人に寄り添う─人とAIが共生し共創する未来へ─」で幕を開けました(写真1)。
本講演では、人と人、あるいはコンピュータと人の「こころまで伝わる」コミュニケーションの実現をめざすCS研のミッションとして、人間の能力に迫り、場合によっては凌駕するAI(人工知能)技術をさらに追求するのはもちろんのこと、人間の機能、特性を解明し、人間のことをよく理解すること、そのうえで人間に寄り添う技術の実現をめざすことの重要性を指摘しました。2019年は折しも、元号が「令和」となり、オリンピックを間近に控えた年です。時代の変化点にいるCS研の最新のAI技術を3つの観点から紹介したうえで、「人間の能力に迫る技術」「人間を深く理解し究める技術」「人間に寄り添う技術」を中心に、CS研はこれからも新たなチャレンジに大胆かつ粘り強く取り組んでいくことを宣言しました。

写真1 所長講演

写真1 所長講演

研究講演

研究講演では、CS研の顕著な研究成果の中から特に注目度の高いテーマに関して、以下の講演を行いました。

いずれの研究講演でも、研究の背景や全体像を述べたうえで、最新の研究成果と技術ポイントを分かりやすい例を交えて紹介しました。多くの方に講演会場および中継会場に来場いただき活気ある講演となりました。

写真2 研究講演(柏野邦夫)

写真2 研究講演(柏野邦夫)

写真3 研究講演(丸谷和史)

写真3 研究講演(丸谷和史)

写真4 研究講演(服部正嗣)

写真4 研究講演(服部正嗣)

研究展示

展示会場では、「データと学習の科学」「コミュニケーションと計算の科学」「メディアの科学」「人間の科学」の4カテゴリに関する最新成果30件を展示しました(写真5、6)。各ブースでは、研究員が、大型モニタによるデモやスライドで最新の研究成果を分かりやすく説明しました。また、工夫を凝らした体験型のデモなども用意し、実際に触れてもらいながら、来場者とディスカッションを行いました。以下は、各カテゴリの展示名です。

データと学習の科学(7件)

コミュニケーションと計算の科学(7件)

メディアの科学(8件)

人間の科学(8件)

写真5 展示会場の様子

写真5 展示会場の様子

写真6 デモの様子

写真6 デモの様子

特別対談

今年は、NTTフェロー・スポーツ脳科学プロジェクト統括(2019年7月1日より柏野多様脳特別研究室室長)の柏野牧夫が、元陸上選手・Deportare Partners代表の為末大氏をお招きして、「スポーツの未来と人間の可能性」と題する特別対談を行いました。「メンタル」のコントロール、記録更新の不連続性、協調動作、早すぎる最適化による成長の限界、言語と技術伝達、意識と無意識のバランスなど、示唆に富んだ幅広いテーマが取り上げられました。スポーツの実践や分析を通じてみえてくる人間の本質、そして、ICT、AI、認知科学、脳科学といった科学技術がスポーツ・人間をどのように変えていくかなど、研究者とアスリートの立場から縦横な議論が交わされました。実演も交えた躍動感あふれる対談で、多くの来場者から大変面白く刺激的だったとご好評いただきました。

Webによる情報発信

CS研の研究力・技術力の高さを国内外に広くアピールするため、当日の展示パネル資料を日本語と英語の両方でWebサイトに公開することを毎年継続して行っています。研究講演の映像もWebサイトで公開し、多くの方々にCS研の最新成果を詳しく知っていただく機会を提供しています。

オープンハウスを終えて

2019年のオープンハウスは、約1500名を超える方々にCS研の最新成果をご覧いただきました。特に、研究展示においては、来場者の方々に活発な議論に参加いただくことで、貴重なご意見を多数いただき、大きな刺激となりました。来場者の皆様、本イベント開催に協力いただきました皆様に、心よりお礼を申し上げます。

■参考文献

武小萌/西野正彬/小川厚徳/Mathieu  Blondel/持田岳美
(左から)武 小萌/西野 正彬/小川 厚徳/Mathieu Blondel/持田 岳美

今後ともCS研の研究にご注目ください。

◆問い合わせ先
 NTTコミュニケーション科学基礎研究所
  企画担当
  TEL 0774-93-5020
  FAX 0774-93-5026
  E-mail cs-openhouse-mlhco.ntt.co.jp

ページトップへ