特集

実世界の事象をデータ化しながら活用するフィジタルデータセントリックコンピューティング

PDFダウンロードPDFダウンロード

AI/IoTの活用が進むにつれ、実世界のさまざまな事象をデータ化して価値化することが重要となる。本特集ではデータ活用時代の市場の展望と課題を紹介し、それに対してNTTソフトウェアイノベーションセンタが取り組む情報処理基盤技術の研究開発について解説する。

フィジタルデータセントリックコンピューティングの実現に向け取り組む3 つの技術開発
フィジタルデータセントリックコンピューティング
情報社会の進化の方向性を概観し、その進化を実現するために実世界のさまざまな事象をデータ化しながら活用していく際の課題を解説する。
深層学習の推論処理を大幅に効率化する「ひかりディープラーニング®推論基盤」 ―― 企業活動での競争力の源泉に資するR&D技術を
深層学習をビジネスで活用する際に重要となる「推論の効率化技術」とNTTグループアセットである局舎や基地局を組み合わせた「推論クラウド」サービスについて紹介する。
高速時空間データ管理技術「Axispot®」と時空間データ高速検索技術
動的オブジェクトだけをリアルタイムに検索・分析する高速時空間データ管理技術 「Axispot®」の取り組みと、そのコア機能となる「時空間データ高速検索技術」を紹介する。
企業間のデータ連携を加速する「iChie」
散在するデータベースを1つのデータベースに仮想的に統合する技術「iChie」(いちえ)の技術的特長について紹介する。
イジング型計算機による組合せ最適化のためのハイブリッド計算基盤
新しい原理に基づいた計算装置LASOLV®の効果的な利用を可能にするLASOLV®計算システムを紹介する。
メニーコア向け高速トランザクション処理技術
データベースの分離性を担保したまま、読込・更新・削除を行う処理を高速に行うための、メニーコアCPU上でスケールする高速トランザクション処理技術について紹介する。
主役登場 磯村 淳(NTTソフトウェアイノベーションセンタ)
実空間の物体すべてを仮想空間へ投影することをめざして

ページトップへ