一台の電話機から、はじめています。
土は大地を築き、豊かな資源を培っています。
土の活力は、社会を支える基盤です。
NTTグループは、電柱や通信設備などの産業廃棄物を、年間約10万トン排出しています。
企業の責任から、廃棄物を自ら適正処理するとともに、
2次利用するリサイクルに取り組んでいます。
またコードレスホンなどで使われているニカド電池のリサイクルや、
撤去通信設備の回収と、その有効活用を行っています。
廃棄量を2000年以降概ね1990年レベルで安定化させることを目標に掲げ、
地球共生テレコミュニケーションに取り組んでいます。
 
リサイクル エースモール工法
PMF(ペーパーマイクロファイバー) 
スーパーシールド工法
発生土改良システム 
(SRシステム)
   
  

Top Pageへ