ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

つなぐコラム

くらしと地球イメージ

[2018年5月〜2019年3月 連載(全10回)]

NTTグループ環境宣言では、「人と地球が調和する未来」をめざすことを述べています。
ですが、いまの私たちは地球1個分で足りる生活はできていないと言われています。
地球1個分の生活ってなんでしょう? 未来に向けて、私たちには何ができるでしょう? 難しいことばかりでしょうか? 毎日の生活の中でできることはないのでしょうか?
そんな疑問に答えていただこうと「つなぐコラム」 第2弾は、“地球にちょうどいい暮らし方“と題して、私たちの毎日の生活と地球環境との関係、そして地球1個分の生活について、WWFジャパンさんにお話ししていただいています。
どうぞお楽しみください。

WWFジャパン

WWFは、100カ国以上で活動している地球環境保全団体です。地球上の生物多様性を守ることと、人の暮らしが自然環境や野生生物に与えている負荷を小さくすることを柱に、さまざまな活動を展開しています。

人と自然イメージ

[2017年7月〜2018年3月 連載(全10回)]

「自然と共生している未来」。これは環境宣言で掲げている、目指す未来の姿のひとつです。では、私たちは「自然」についてどれぐらいのことを知っているのでしょう?
人の暮らし方や気候変動の影響などにより、自然もそのありようを刻々と変えてきています。
自然をもっと知ってもらいたい、みなさまに自然とつながってもらいたい。そんな私たちの思いに、日本自然保護協会さんが応えてくれました。
日本自然保護協会さんが、自然に関して分かりやすく面白く解説してくれた、つなぐコラムの第1弾“人と自然”です。
どうぞお楽しみください。

公益財団法人 日本自然保護協会

自然のちからで、明日をひらく。日本自然保護協会は、人と自然がともに生き、赤ちゃんからお年寄りまでが美しく豊かな自然に囲まれ、笑顔で生活できる社会をつくることを目指して活動しています。

フッタエリアはここからです。