ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

環境マネジメント環境宣言

環境に関する重点課題の特定

NTTグループCSR重点活動項目を特定するにあたり、環境課題に関する詳細なマテリアリティ分析を行いました。この結果、社会全体でとくに重要な環境課題として、「気候変動」「生態系」が、NTTグループの事業活動上でとくに重要な環境課題として、「気候変動」「エネルギー(電力)」「資源」が特定されました。

社会全体でとくに重要な環境課題に対しては、ICTサービスや最先端技術の提供、社員による活動など、あらゆる活動を通じて解決に貢献しています。その観点を踏まえ、NTTグループでは、「ICTの利活用による環境への貢献」「事業上の環境負荷軽減」「資源の有効利活用」をNTTグループCSR重点活動項目として特定しました。

NTTグループの事業活動上でとくに重要な環境課題については、事業活動の環境負荷低減に向けた取り組みを進めていきます。

NTTグループの事業活動上でとくに重要な環境課題の分析イメージ図:ステークホルダーからの優先度とNTTグループにとって優先度が高い、気候変動への対応、バリューチェーン・マネジメントの強化(環境)、事業上の環境負荷低減、ICTの利活用による環境への貢献、資源の有効利用から環境に関する重点化項目の絞り込むため、社会的リスクとNTTグループの事業に対するリスクの大きさを軸にマテリアリティ分析を行い、社会全体でとくに重要な環境課題として、気候変動、生態系が、NTTグループの事業活動上でとくに重要な環境課題として、気候変動、エネルギー(電力)、資源を特定

NTTグループの事業活動上でとくに重要な環境課題

重点化項目 気候変動エネルギー 資源
リスク 気候変動により発生する災害は、事業停止の要因となる。エネルギーのうちとくに電力は、サービス提供に不可欠であり、その不足は事業停止の要因となる。 金属・非金属にかかわらず、資源の枯渇は通信インフラ(情報ネットワーク)の維持に影響し、事業継続を困難にする要因となる。
対策 NTTグループのCO2排出要因の約95%が電力であるため、気候変動への緩和策としても、また電力リスクの低減策としても、電力に対する取り組みが重要。 資源を持続的に利用することが重要。

NTTグループの事業活動の環境負荷を低減する

環境課題に関するマテリアリティ分析のステップ

STEP 1環境課題の抽出

環境課題は、バリューチェーン全体に注目し、事業活動におけるインプット(調達・購入)の不足などやアウトプット(排出・廃棄)により生じる環境影響などを抽出しました。なお、課題の抽出においては、GRI-G4、ISO26000などの各種ガイドラインを参考としました。

※. 参考としたガイドライン:GRI-G4、ISO26000、ISO14000:2015、DJSI2016、Quick ESG評価基準、LIME3

環境課題の抽出イメージ図:NTTグループの事業活動による化石資源、鉱物資源、生物資源などインプットされるエネルギー・資源の不足やCO2、廃棄物(有害物)、排水などアウトプットによって生じる環境影響を抽出

STEP 2環境課題の評価

抽出した環境課題は、「社会的リスクの大きさ」と「NTTグループの事業に対するリスクの大きさ」の2つの軸を用いて評価しました。

環境課題の評価イメージ図のように、社会全体でとくに重要な環境課題、およびNTTグループの事業活動上でとくに重要な環境課題を特定しました。

評価は、社外の第三者の意見も交えつつ社内で協議を行い、評価結果はNTTグループ地球環境保護推進委員会(委員長:環境推進室長)で承認いたしました。

※. リスクは、発生要因によらず、大きさのみを評価し、影響範囲は世界全体として評価を実施

環境課題の評価イメージ図:社会的リスクの大きさ、NTTグループの事業に対するリスクの大きさを軸に環境課題の評価を行い、生態系、気候変動、エネルギー、資源がとくに重要な環境課題と特定

STEP 3環境課題解決へのアクションの決定

社会全体でとくに重要な環境課題に対して、ICTサービスや最先端技術の提供などで貢献することは、NTTグループならではの活動であると認識しています。社員による活動なども含めた、ありとあらゆる活動を通じての貢献を私たちの環境課題解決へのアクションとしました。

また、NTTグループの事業活動上でとくに重要な環境課題に対しては、NTTグループ自身の事業活動の環境負荷低減に向けた対策、取り組みを重点的に推進していくことを、アクションとしました。

環社会全体とNTTグループの事業活動上でとくに重要な環境課題イメージ図:社会的リスクの大きさ、NTTグループの事業に対するリスクの大きさを軸に評価を行い、生態系、気候変動、エネルギー、資源があらゆる活動を通じて社会の環境課題解決に貢献する課題、NTTグループの事業活動の環境負荷を低減する環境課題を決定
フッタエリアはここからです。