ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

環境マネジメント環境宣言

メッセージ

NTTグループの環境宣言について

私たちが2010年にNTTグループ環境ビジョン「THE GREEN VISION 2020」を掲げてから5年が経過しました。この間、国内では東日本や熊本の震災を経験し、世界では2030年以降を見据えた各国の温室効果ガス削減目標の設定や、「自然資本」といった環境課題に対する新たな考え方が登場するなど、地球環境に関する世の中の動きは大きく変化してきました。

このような世の中の動向を見据えつつ、私たちNTTグループは、2020年よりさらなる未来をめざして、自らの環境活動を見直すことにしました。

NTTグループは、100年以上の歴史ある電話事業を通して、人と人をつなげることから始まり、インターネットに代表される情報通信事業により、人や企業と情報、情報と情報、そしてモノをつなげることによって社会の発展に対してさまざまな貢献をしてきました。あらゆる場面において“つなぐ”を実践し、その時代ごとの社会的課題の解決に貢献してきました。

この“つなぐ”ことが生み出す価値によって、世界中の人たちが一丸となった地球環境の課題の解決に、私たちNTTグループは貢献できると考えております。

昨年のCOP21で合意されたパリ協定では、2030年とその先の未来に向けて、世界各国が気候変動問題に対して目標を掲げ、取り組みを進めていくことなりました。その中では、情報通信技術による貢献に対する期待も取りあげられています。また、化石資源・鉱物資源の有効利用や化学物質、水資源・森林資源の保護や生物多様性など、さまざまな環境課題に対しても、情報通信技術の活用による解決への期待が高まっています。

この期待に応えていくための思いを込めて、NTTグループが自ら取り組み、ステークホルダーの皆さまとも共に創り上げていく地球環境の未来像と、その中でNTTグループがありたい姿、そしてその実現に向けた環境活動のあり方を、このたび「NTTグループ環境宣言」としてまとめ上げました。

さらに、環境宣言で掲げた未来の実現に向けた道しるべとして、「環境目標2030」を併せて設定しました。

私たちNTTグループは、環境宣言を旗印として、社会の持続的発展に貢献していくため、これからもグループが一体となって環境活動に取り組んでまいります。

NTTグループ環境宣言のイメージ図:NTTグループでは社会のCO2排出の削減貢献、通信事業の電力効率向上、気候変動適応への貢献、廃棄物のゼロエミッション、生態系の保全を環境目標2030として掲げ、この目標を達成し、社会が低炭素化している未来へ、資源が循環している未来へ、自然と共生している未来へ、人と地球が調和する未来を実現できるよう私たちは環境貢献の最先端へ
フッタエリアはここからです。