ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

社会が低炭素化している未来へソリューション環境ラベル

<< ソリューション一覧に戻る

まるらくオフィスサービス

概要

「まるらくオフィスサービス」はNTT東日本が”御社のICT担当者になって”ICT環境のサポート・管理を行うサービスです。ニーズに合わせて選べる「組み合わせ対象サービス」とセットにして、オフィスや店舗のICT環境を、NTT東日本のクラウドにまとめてお任せいただくこともできます。

まるらくオフィスサービスの概要図

まるらくオフィスサービスの概要図

環境効果のアピールポイント

お客さま拠点のICT設備(ルーター、ファイアウォール)をNTT東日本設備内にあるルーター機能付きファイアウォールに集約することによって、お客さま拠点でのルーターやファイアウォール、空調の設置や管理が不要となり、ICT機器、空調の利用や、保守運用の稼働が削減されます。

評価モデル

お客さま拠点のルーターおよびファイアウォールをNTT東日本設備内のルーター機能付きファイアウォールへの集約をモデルとして評価しました。

お客さまの拠点数は、実際の利用状況より求めました。

(1)従来手段

お客さまは、各拠点にルーター・ファイアウォールを設置して、それぞれの拠点からインターネットを利用します。ルーター・ファイアウォールのICT設備の保守やセキュリティ管理は、拠点1の担当者が各拠点を巡回して実施します。機器の故障やトラブルが発生した際は、拠点1の担当者が電話などで遠隔対応、もしくは機器メーカなどのサービスマンの出張サポートを依頼して対処します。

(2)まるらくオフィスサービス

お客さまのルーター・ファイアウォールをNTT東日本設備内のルーター機能付きファイアウォールに集約し、お客さまはNTT東日本のルーター機能付きファイアウォールを介してインターネットを利用します。ルーター・ファイアウォールの設定や管理は、NTT東日本で一元管理します。機器の故障やトラブルが発生した際は、サポートデスクからの遠隔サポートや、出張サポートにより対処します。

評価モデル図

評価モデル図

評価対象と活動の関係

対象ライフサイクルステージ

〔凡例 ○:評価対象、−:評価対象外〕
  従来手段 まるらくオフィスサービス
ICT機器利用
NWインフラ利用
ソフトウェア利用
人移動
物移動
材料・エネルギー消費
物保管
人執務

※人移動は「人執務」に伴って発生する通勤による人移動が含まれます。

評価結果

まるらくオフィスサービスの導入によって、従来手段と比較して1年あたり63%のCO2が削減される結果となりました。

「まるらくオフィスサービス」の1年間あたりのCO2排出量

※従来手段のCO2排出量を100%として、それぞれの割合を表しています。

「まるらくオフィスサービス」の1年間あたりのCO2排出量

<< ソリューション一覧に戻る

フッタエリアはここからです。