ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

環境保護の取り組み社会が低炭素化している未来へ

社会が低炭素化している未来へ

気候変動の主要因とされるCO2をはじめとした温室効果ガスの排出をいかに削減していくかは、重要な社会的課題になっています。加えて、近年では気候変動によって生じる影響にそなえる「適応策」に取り組むことも重要視されています。ICTはその発展にともなう電力使用量増加に対して、省エネルギー化の要求が高まっています。その一方で、ICTには社会全体の省エネルギー化、CO2排出削減への寄与、さらには適応策を提供することの期待もされています。

NTTグループは、自らの事業活動にともなうCO2排出量の抑制に努めるとともに、ICTサービスや最先端技術の積極的な開発、普及に努めることで、社会全体のCO2排出量削減と気候変動への適応に貢献し、社会が低炭素化している未来の実現をめざします。

推進体制

NTTグループは、2017年度に「温室効果ガス削減(GHG)委員会」を改正し、新たに「気候変動対策検討委員会」を設置しました。この委員会は、NTTの環境推進室担当部長を委員長、主要グループ会社8社の環境担当者を委員とし、NTTグループにおける気候変動対策全体についての施策を検討・推進しているほか、気候変動に関する目標達成に向けた施策の推進、適応に関する方針策定・施策導入、気候変動関連法令への適切な対応を担っています。

気候変動対策体制の図:気候変動対策検討委員会の配下組織に環境貢献推進WG、低炭素化推進WG、気候変動関連法令対応WGがあり、気候変動関連法令対応WGの配下組織に温暖化防止条例対応PT、CRC制度対応PTがあります

気候変動対策体制

また、配下組織であるワーキンググループ(WG)は、それぞれのテーマに応じた活動を推進。「環境貢献推進WG」は社会のCO2排出削減貢献の目標値管理やソリューション環境ラベル関連の検討・普及などについて、「低炭素化推進WG」は電力効率の目標値管理や施策推進について、「気候変動関連法令対応WG」は気候変動に関する環境対応の管理などに取り組んでいます。

【事例紹介】社会からのCO2排出削減貢献

社会からのCO2排出削減に貢献する取り組み事例を紹介しています。

【事例紹介】事業活動の電力効率向上

事業活動にともなうCO2排出抑制につながる、電力効率向上の取り組み事例を紹介しています。

【事例紹介】気候変動適応への貢献

気候変動適応への貢献の取り組み事例を紹介しています。

フッタエリアはここからです。