ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

環境保護の取り組み資源が循環している未来へ

資源が循環している未来へ

大量生産、大量消費、大量廃棄という「一方通行型社会」は、私たちに豊かで便利な生活をもたらしましたが、一方、膨大なごみを排出し、不法投棄や天然資源の枯渇の懸念など、さまざまな問題も生じました。その解決を図るためには、企業の事業運営や社会経済の在り方を見直し、循環型社会への転換を図ることが必要です。

NTTグループは、事業活動で消費するあらゆる資源について、使用量の削減(Reduce)、再使用(Reuse)、再資源化(Recycle)の「3R」を推進し、資源が循環している未来の実現をめざします。

推進体制

「NTTグループ地球環境保護推進委員会」配下に、NTT西日本の不動産企画担当部長を委員長、NTTとグループ会社8社の環境担当者や設備担当者らを委員とした「資源循環検討委員会」を設け、NTTグループにおける資源循環に関する施策を検討・推進しているほか、廃棄物に関する目標達成に向けた施策の推進、資源の調達・保有における目標化・施策化の検討と実行管理を推進しています。

また、配下組織であるワーキンググループ(WG)は、それぞれのテーマに応じた活動を推進。「建築廃棄物WG」は建設工事や土木工事に由来する産業廃棄物の実績値管理と施策の推進について、「撤去通信設備WG」は撤去した通信設備による産業廃棄物の実績値管理と施策の推進について、「事業・一般廃棄物WG」はオフィス廃棄物と事業系廃棄物の実績値管理と施策の推進について、「PCB保管・処理WG」はPCB廃棄物の適切な処理に向けた管理などに取り組んでいます。

資源循環検討委員会の図:資源循環検討委員会の配下組織に建築廃棄物WG、撤去通信設備WG、事業・一般廃棄物WG、PCB保管・処理WGがあります

資源循環対策体制

【事例紹介】資源の3Rの取り組み

あらゆる資源の3R(Reduce、Reuse、Recycle)の取り組み事例を紹介しています。

フッタエリアはここからです。