(報道発表資料)
2006年4月11日

CORPORACIN NACIONAL DEL COBRE DE CHILE
エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ株式会社
エヌ・ティ・ティ・リース株式会社
日本電信電話株式会社


Mining Information, Communication and Monitoring S.A.設立
〜鉱山向けICTサービス提供会社を共同出資によりチリ共和国に設立〜


 CORPORACIN NACIONAL DEL COBRE DE CHILE(以下コデルコ、本社:チリ共和国サンチャゴ、President and CEO: Jose Pablo Arellano、チリ国営で世界最大の銅生産会社)とエヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ株式会社(以下NTT-AT、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:石川 宏)およびエヌ・ティ・ティ・リース株式会社(以下NTTリース、本社:東京都港区、代表取締役社長:小出 寛治)は、4月10日に鉱山向けICTサービスを提供する新会社 Mining Information, Communication and Monitoring S.A.(以下MiCoMo)をチリ共和国に設立しました。


1.設立の背景
 これまで日本電信電話株式会社(以下NTT、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:和田 紀夫)とコデルコは、2005年2月より、共同でNTTの研究開発成果を鉱山のICT化に適用する検討を進めてきました。MiCoMoはその成果を事業化するもので、まずはチリ国内におけるコデルコの各鉱山にサービスを展開する予定です。

2.設立の目的
 今回のMiCoMo設立の目的は、苛酷な労働環境となる鉱山採掘現場で作業員の安全性および作業効率を高めるために様々なICTサービスを提供することにあります。MiCoMoでは、NTTグループが持つ通信技術における最新の研究開発成果と、コデルコが持つ鉱山業における豊富なノウハウを結集し、様々な次世代鉱山情報サービスを提供してまいります。

3.提供予定サービス概要
(1)AWG−STAR (別紙1
 約100km離れた麓の町から、砕石機等を遠隔制御できる光回線(波長分割多重技術※1を用いた大容量回線)サービスを提供します。特に、AWG-STARは地下鉱山内の坑道の配置に適合したスター型のネットワークで、低遅延な波長ルータを用いているためリアルタイムの重機制御が可能です。また、砕石地点の変更に伴うネットワーク構成の変更にも柔軟に対応できます。地下銅鉱山はアンデス山脈の高地に存在するため、その労働環境は厳しく、AWG-STARの導入により、作業員の安全性向上と冬期間における派遣コストの削減効果が期待されます。

(2)WIPAS(ワイヤレスIPアクセスシステム)(別紙2
 WIPASは数km規模の露天掘り鉱山において、最大データ伝送速度80Mbit/s(Ethernetフレームのデータ伝送速度は最大46Mbit/s)のIPサービスを、低コストで提供可能なFWA(Fixed Wireless Access) ※2システムです。WIPASを用いた無線ネットワークは、有線ネットワークに比べ、簡単・迅速に構築可能で、鉱山のように作業進行に従い頻繁に地形や監視地点が変わる環境への適合性に優れています。WIPASを用いた無線ネットワークにより、露天掘り鉱山の複数地点からの画像、音声、データを統合した遠隔監視サービスが提供できます。また、WIPASを無線LANのエントランス回線に用いることで、モバイル環境での遠隔監視にも対応可能です。

4.今後の展開
 当面の事業展開としては、チリ国内におけるコデルコの各鉱山に、大容量光ネットワークを利用した砕石機の遠隔操作システムやTV会議システム、WIPASを用いた高速無線ネットワークを利用した遠隔監視システム等のコンサルティング、設計、構築、販売、保守を行い、将来的にはチリ国内の他社鉱山からチリ国外の鉱山への展開を目指します。

5.新会社概要
・会社名 Mining Information, Communication and Monitoring S.A.
・資本金 US$3M
・出資比率
コデルコ US$1.98M(66%)
NTT-AT US$0.51M(17%)
NTT Leasing (U.S.A.), Inc. US$0.51M(17%)
・設立 2006年4月10日
・本社所在地 チリ共和国サンチャゴ
・事業概要 大容量光ネットワークを利用した砕石機の遠隔操作システムやTV会議システム、WIPASを用いた高速無線ネットワークを利用した遠隔監視システム等のコンサルティング、設計、構築、販売、保守
・CEO 今後選出予定
・社員数 営業開始時6名

NTT Leasing (U.S.A.), Inc.はNTTリースの100%出資の子会社です。

6.用語の解説

※1 波長分割多重技術
 1本の光ファイバに、波長の異なる複数の光信号を同時に通して、大容量のデータ
を伝送する技術。

※2 FWA(Fixed Wireless Access)
 基地局と固定場所に設置した端末局を無線で接続し、最大数kmのサービスエリアに数10Mbit/s以上のブロードバンドサービスを提供する無線システム。有線システムと比較して、迅速かつ低コストにネットワークを構築できる。



別紙1 提供予定サービス概要
1) AWG-STAR (フルメッシュWDMネットワーク)
別紙2 提供予定サービス概要
2) WIPAS(ワイヤレスIPアクセスシステム)



【本件に関する報道機関からの問い合わせ先】
日本電信電話株式会社
第一部門 広報室  岩崎
TEL: 03-5205-5550

【本件に関する報道機関以外からの問い合わせ先】
日本電信電話株式会社
第三部門 総合プロデュース担当  前田
TEL: 03-5205-5366
E-mail: y.maeda@hco.ntt.co.jp

エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ株式会社
国際事業推進本部  小寺
TEL: 0422-36-6712
E-mail: hiroshi.kotera@ntt-at.co.jp

エヌ・ティ・ティ・リース株式会社
国際営業部  岡田
TEL: 03-5445-5522
E-mail: Akihiko.Okada@nttl.co.jp


NTT ニュースリリース

Copyright(c) 2006 日本電信電話株式会社