(財)財務会計基準機構会員
平成20年11月7日
平成21年3月期 第2四半期決算短信[米国会計基準]

上場会社名 日本電信電話株式会社 上場取引所 東大名札福
コード番号 9432URL http://www.ntt.co.jp/ir/  
代表者 (役職名) 代表取締役社長 (氏名) 三浦 惺  
問合せ先責任者   (役職名)   財務部門IR室長   (氏名)   伊藤 浩司 TEL 03−5205−5581
四半期報告書提出予定日 平成20年11月10日 配当支払開始予定日   平成20年12月9日


(百万円未満四捨五入)
1.平成21年3月期第2四半期の連結業績(平成20年4月1日〜平成20年9月30日)
(1)連結経営成績(累計)
(1)連結経営成績(累計) (7)株式の追加取得による持分法の遡及適用

(2)連結財政状態
(2)連結財政状態


2.配当の状況
2.配当の状況 (ご参考)株式分割後の連結業績予想及び配当予想について (ご参考)株式分割後の連結業績予想及び配当予想について


3.平成21年3月期の連結業績予想(平成20年4月1日〜平成21年3月31日)
3.平成21年3月期の連結業績予想(平成20年4月1日〜平成21年3月31日) (ご参考)株式分割後の連結業績予想及び配当予想について


4.その他
(1) 期中における重要な子会社の異動(連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動)

(2) 簡便な会計処理及び四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用

(3) 四半期連結財務諸表作成に係る会計処理原則・手続、表示方法の変更(四半期連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項等の変更に記載されるもの)
<1> 会計基準等の改正に伴う変更
<2> <1>以外の変更
(注) 詳細は、「4.その他」をご参照ください。

(4)

発行済株式数(普通株式)
(4)発行済株式数(普通株式)

連結業績予想については、「(ご参考)株式分割後の連結業績予想及び配当予想について」をご参照ください。また、連結業績予想の前提条件その他の関連する事項については、3.連結業績予想に関する定性的情報及び(予想の前提条件その他関連する事項)をご参照ください。
平成20年3月期第2四半期については、添付資料の「(7)株式の追加取得による持分法の遡及適用」に記載のとおり、既公表値から変更しております。


(ご参考)株式分割後の連結業績予想及び配当予想について

 平成21年1月に「株式等の取引に係る決済の合理化を図るための社債等の振替に関する法律等の一部を改正する法律」(平成16年法律第88号)が施行され、上場会社の株券の電子化が予定されています。
 この株券の電子化により、端株の解消が必要となることから、円滑な端株制度からの移行を図るため、株券の電子化の直前の日に、普通株式1株を100株に分割し、1単元の株式の数を100株とします。
 当該株式分割が期首に行われたと仮定した場合の平成21年3月期の連結業績予想及び配当予想は以下のとおりであります。


1.平成21年3月期の連結業績予想

1.平成21年3月期の連結業績予想


2.平成21年3月期の配当予想

2.平成21年3月期の配当予想


戻る

Copyright(c) 2008 日本電信電話株式会社