2.連結財政状態に関する分析

 当第2四半期連結累計期間における「営業活動によるキャッシュ・フロー」は、四半期純利益4,064億円、減価償却費1兆208億円に対し、法人税等の支払・還付額(純額)2,614億円、買掛金及び未払人件費の減少3,897億円などにより、1兆892億円となりました。
 「投資活動によるキャッシュ・フロー」は、固定資産等の取得による支出が1兆1,712億円あったものの、有形固定資産の売却による収入が463億円あり、1兆1,500億円の支出となりました。
 「財務活動によるキャッシュ・フロー」は、長期借入債務の増加による収入が3,952億円あったものの、長期借入債務の返済2,926億円及び自己株式の取得による支出1,007億円などにより1,620億円の支出となりました。
 以上の結果、当第2四半期連結会計期間末におけるNTTグループの現預金及び現金同等物は、9,437億円となっております。
2.連結財政状態に関する分析


戻る

Copyright(c) 2008 日本電信電話株式会社