3.設備投資
3.設備投資
(注1) 平成21年3月期通期予想(見直し後)のNTT東日本、NTT西日本、NTTコミュニケーションズの設備投資額の内訳は、NTT東日本は音声伝送1,500億円、データ伝送600億円、専用2,140億円、電報10億円、研究施設40億円、共通施設等260億円、NTT西日本は音声伝送1,870億円、データ伝送560億円、専用1,550億円、電報10億円、研究施設30億円、共通施設等130億円、NTTコミュニケーションズは、音声伝送450億円、データ伝送170億円、専用50億円、研究施設20億円、共通施設等360億円であります。
(注2) 平成21年3月期通期予想(見直し後)のNTT東日本、NTT西日本の設備投資額には、光化投資額として、NTT東日本には概ね1,800億円、NTT西日本には概ね1,300億円を含んでおります。なお、平成21年3月期末の光カバー率として、NTT東日本は約92%、NTT西日本は約89%を見込んでおります。


戻る

Copyright(c) 2008 日本電信電話株式会社