4.連結及び会社別損益状況(NTT連結、NTT持株)
4.連結及び会社別損益状況(NTT連結、NTT持株)
(注) 平成20年3月期中間期終了後における株式の追加取得により、新たに持分法適用の対象となった関連会社について過年度に遡及して持分法を適用したことに伴い、平成20年3月期中間期実績のNTT連結の「税引前利益」「当期純利益」を既公表値から変更しております。


4.連結及び会社別損益状況(NTT東日本、NTT西日本)
4.連結及び会社別損益状況(NTT東日本、NTT西日本)
(注1) 平成21年3月期第2四半期累計実績のNTT東日本及びNTT西日本の音声伝送収入(IP系除く)には、基本料、通信・通話料、相互接続通話料の収入として、NTT東日本にそれぞれ3,160億円、530億円、619億円、NTT西日本にそれぞれ3,090億円、489億円、683億円が含まれております。
(注2) 平成21年3月期第2四半期累計実績のNTT東日本及びNTT西日本のIP系収入には、フレッツ光、ひかり電話(基本料、通信料、機器利用料分)の収入として、NTT東日本にそれぞれ1,382億円、384億円、NTT西日本にそれぞれ1,077億円、303億円が含まれております。
- フレッツ光はNTT東日本のBフレッツ及びフレッツ 光ネクスト、NTT西日本のBフレッツ、フレッツ・光プレミアム、フレッツ・光マイタウン及びフレッツ 光ネクストを含めて記載しております。 フレッツ光はNTT東日本のBフレッツ及びフレッツ 光ネクスト(平成20年3月提供開始)、NTT西日本のBフレッツ、フレッツ・光プレミアム、フレッツ・光マイタウン及びフレッツ 光ネクスト(平成20年3月提供開始)を含めて記載しております。


4.連結及び会社別損益状況(NTTコミュニケーションズ、NTTデータ、NTTドコモ)
4.連結及び会社別損益状況(NTTコミュニケーションズ、NTTデータ、NTTドコモ)
(注1) 平成21年3月期第2四半期累計実績のNTTコミュニケーションズの音声伝送収入(IP系除く)には電話収入1,135億円、IP系収入にはOCN収入769億円、IP-VPN収入369億円、広域イーサネット収入269億円、データ通信収入(IP系除く)にはフレームリレー・セルリレー収入42億円、専用収入には一般専用収入31億円、高速ディジタル収入210億円がそれぞれ含まれております。
(注2) PHS事業につきましては、平成20年1月7日をもってサービスの提供を終了しました。


戻る

Copyright(c) 2008 日本電信電話株式会社