ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

NTT持株会社ニュースリリース

2014年8月12日

日本電信電話株式会社
Dimension Data Holdings plc.

Dimension Dataによる豪州Oaktonへの買収提案について

 日本電信電話株式会社(代表取締役社長:鵜浦博夫)の子会社であるDimension Data Holdings plc(CEO:Brett Dawson、以下「Dimension Data」)は、Oakton(CEO:Neil Wilson)との間でOakton株式の全株取得提案に関する契約(Scheme Implementation Deed)を締結しました。

1.株式取得の内容/目的

 Dimension Dataは、豪州現地法人のDimension Data Australiaを通じて、オーストラリア証券取引所に上場する豪州株式会社Oaktonとの間で、スキーム・オブ・アレンジメント方式(豪州法で認められている友好的企業買収手法)による同社株式の全株取得提案に関する契約を締結したことを本日発表いたしました。
 Oakton取締役会は、本件が同社株主の利益に資するとの外部専門家からの意見が得られること、より優位な提案が行われないことを条件として、同社株主がこの提案に賛成することを全会一致で推奨しております。
 今後は、Oakton株主の承認、オーストラリア裁判所の承認等を前提に、Dimension Data社によるOaktonの全株取得に向けた手続きを進めてまいります。

 Dimension Dataは、Oakton株主に対し、2014年8月11日までの過去3ヶ月のOakton平均株価に対して42.6%のプレミアムを加えた、1株当たり1.90豪ドル(約180円)でOakton株式の買付けを提案しており、同社の発行済株式89.9百万株全てを取得した場合の総額は171百万豪ドル(約162億円)となります。

 Oaktonはオーストラリア証券取引所に上場するテクノロジー、コンサルティングサービス企業として、メルボルン、シドニー、キャンベラ、ブリズベン、パースに加え、インド・ハイデラバードに拠点を有し、1,100名を超える従業員を抱えております。また、政府機関や民間大手企業など幅広い顧客に対し、コンサルティング、デリバリー、マネージドサービスを提供しており、オーストラリアのICT業界において、インフォメーション・マネジメントや基幹業務システムに関わるソリューションを提供する主要企業の1社であります。

 Dimension Data AustraliaのRodd Cunio CEOは、「Dimension Dataは、昨年6月にOaktonとの戦略的パートナーシップ契約を締結し、同社のソリューションと、自社のICTインフラ統合、クラウド、アウトソーシングサービスのバンドル化を進めており、同社とのパートナーシップは非常にうまく進展しております。Dimension DataとOaktonは、相互補完的なバリュープロポジションとフットプリントを持ち、非常に親和性の高い企業文化を有しております。本買収により、Dimension Dataのオーストラリア市場におけるプレゼンスは大きく拡大します。また、定評のあるテクノロジー分野の専門知識に加え、戦略的ITコンサルティングの提供能力が強化されることにより、我々の顧客が求めるエンド・トゥ・エンドのソリューションの提供が可能となります。本買収はDimension DataとOaktonの両社にとって大きなチャンスであり、オーストラリアのITソリューション・サービス提供事業者のトップ企業の1つになれると考えております。」と述べました。

2.各社の概要

Dimension Data

  • 1983年設立(本社:南アフリカ)、2010年よりNTTグループ。世界58カ国でICTサービスを幅広く提供するICTソリューション・提供事業者。

Oakton

  • 1988年設立(本社:オーストラリア)。幅広い業界の大手企業を顧客に持つ、テクノロジー、コンサルティングサービス提供事業者。
    企業サイトURL:http://www.oakton.com.au 

以上

ニュースリリースに記載している情報は、発表日時点のものです。現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

NTT持株会社ニュースリリース インデックスへ