ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

NTT持株会社ニュースリリース

(報道発表資料)

2018年9月19日

日本電信電話株式会社

ESG投資指標「Dow Jones Sustainability Index (DJSI) 」の「World Index」構成銘柄に初選定

 日本電信電話株式会社(NTT)は、2018年9月13日に、世界の代表的なESG()投資指標であるDow Jones Sustainability Index(以下DJSI)の「World Index」に初めて選定されました。
 なお、アジアパシフィック地域の構成銘柄である「Asia Pacific Index」には5年連続で選定されています。

 DJSIは、1999年に米国のS&P Dow Jones Indices社とスイスのRobecoSAM社が共同開発した株式指標で、毎年、ESGの側面から企業の持続可能性(Sustainability)を評価し、時価総額を加味して総合的に優れた企業を選定するものです。持続可能性の観点から、各産業分野の上位企業が「World Index」の構成銘柄に選定されます。NTTは「Telecommunication Services」分野において選定されました。

 2018年は世界の主要企業約3,500社から317社(うち日本企業は34社)が「World Index」に、アジア・太平洋地域の主要企業約600社から150社(うち日本企業は75社)が「Asia Pacific Index」に選定されました。

 NTTグループは、今後もNTTグループCSR憲章を指針として、「人と社会と地球がつながる安心・安全で豊かな社会の実現」に貢献してまいります。

  • ESG:環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字を取ったもの。

参考

 NTTグループのCSRの取り組み http://www.ntt.co.jp/csr/index.html

本件に関するお問い合わせ先

広報室

03-5205-5550

ニュースリリースに記載している情報は、発表日時点のものです。現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

NTT持株会社ニュースリリースインデックスへ