ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

NTT持株会社ニュースリリース

(報道発表資料)

2019年3月5日

日本電信電話株式会社
株式会社東北新社
株式会社二番工房

NTTと東北新社、二番工房が触覚体験のデザイン・シェアを可能にするCompticsを活用した共同実験を開始
〜世界最大規模のビジネスとコンテンツの祭典「SXSW2019」にプロトタイプを出展〜

 日本電信電話株式会社(代表取締役社長:澤田純、本社:東京都千代田区、以下NTT)、株式会社東北新社(代表取締役社長:植村徹、本社:東京都港区、以下東北新社)、株式会社二番工房(代表取締役社長:金谷橋忍、本社:東京都中央区、以下二番工房)は、NTTが開発を進めている触覚コンテンツの体験・作成・共有システムCompticsを活用した体感型コンテンツの創造を目指し、2月より検証を開始しました。
 NTTと東北新社、二番工房は、アメリカテキサス州オースティン市で行なわれる、音楽・映画・インタラクティブをテーマとする世界最大規模のビジネスとコンテンツの祭典、「サウス・バイ・サウスウエスト2019(以下、SXSW2019)」において開催されるオフィシャルイベント「Trade Show」(会場:Austin Convention Center、日程2019年3月10日–13日)に出展致します。

背景

 NTTはSXSW2018においてCompticsのビジョンを提示してフィードバックを得ることを目的として第一世代のプロトタイプを展示し、米国オースティンの地で映像制作のトップカンパニーである東北新社及び二番工房と出会いました。連動させるコンテンツとストーリーテリングの強化が課題であったNTTと、映像体験の拡張や映像制作に限らず新規事業を検討していた東北新社及び二番工房は、2月より三者の共同実験を開始し、Compticsの目指す体感型コンテンツの体験・作成・共有という世界の実現に向けた検討を進めてきました。第二世代のプロトタイプとして、東北新社及び二番工房が制作した映像に合わせて、NTTが触覚のタイムラインを制作し、Compticsでの出力を実現しました。その価値検証の1つとして世界中のテクノロジー/映像/音楽関係者が集まるSXSW2019に出展することにより、体験レベルのフィードバックを収集し、2019年12月まで改良と検証のプロセスを進めます。
 各社の役割分担は以下となります。

NTT

Compticsの提供
触覚コンテンツの提供

東北新社、二番工房

ストーリーテリング
映像/サウンドコンテンツの提供

SXSW2019出展内容

 NTTは今回Compticsを活用した2つのコンセプトをNTTの単独、及びNTTと東北新社、二番工房との共同の各々で展示します。

1.Perticipative Costume by NTT

 Compticsを活用した新たな体験として、体験型ミュージカルなどにおける触覚を通じた演出や演者と観客の新たなインタラクションを提案します。今回は、想定される種々のシーンにおける触覚演出のプロトタイプを初披露します。

Participative Costumeコンセプトイメージ
Participative Costumeコンセプトイメージ

2.Haptics VR Theater “ME-HADA” by 東北新社,二番工房,and NTT

 NTT、東北新社、二番工房によるハプティクスVR シアター “ME-HADA” では、映像演出の拡張や、今まで体験したことの無い世界を切り取り、体験に落とし込んだプロトタイプを初披露します。

ME-HADAコンセプトイメージ
ME-HADAコンセプトイメージ

 2つの展示では、Compticsからユーザに触覚体験が提供されます。

プロトタイプ

SXSW2019開催概要

日程 2019年3月8日(金)– 3月17日(日)
場所 アメリカ合衆国テキサス州オースティン
ブース番号 #925,ホール 2–5,オースティンコンベンションセンター
概要 Music、Film、Interactiveの3つの大テーマで構成されるクリエイティブ・ビジネス・フェスティバル。1987年にインディーズ音楽祭として始まり、その後FilmとInteractiveを加え、現在では世界中から数万人を集める世界最大級の祭典となっている。近年では、Twitter等のITサービスがSXSW出展から世界的サービスへとなり、2018年は日本からも1500人を超える参加者が集まるなど注目が集まっている。

報道関係の方のお問い合わせ先

NTT

先端技術総合研究所 広報担当
Tel:046-240-5157
Email:science_coretech-pr-ml@hco.ntt.co.jp

ニュースリリースに記載している情報は、発表日時点のものです。現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

NTT持株会社ニュースリリースインデックスへ