ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

NTT持株会社ニュースリリース

2019年6月27日

日本電信電話株式会社

医療健康分野の研究開発を担う新組織の設立について

 日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:澤田純、以下「NTT」)は、2018年11月6日に発表したNTTグループ中期経営戦略『Your Value Partner 2025』の中で、Smart Healthcare実現への貢献を目標として掲げました。その中核となる、医療健康分野における先端ICTを駆使した研究開発を加速するため、2019年7月1日にNTT研究所内に新たな研究組織を発足します。

1.背景

 NTTでは、これまで培ってきたICTを基に医療健康分野への応用を目的とした基礎・応用研究を進めています。このたび2019年7月1日に海外の研究開発拠点であるNTT Research, Inc.社内に発足予定の生体情報処理研究所(Medical & Health Informatics Laboratories(以下、MEI Labs.※1))や、予防医療などを推進するNTTライフサイエンス株式会社※2等の事業会社とともに医療健康分野の研究開発を牽引する組織として、バイオメディカル情報科学研究センタを設立します。

2.バイオメディカル情報科学研究センタの概要

 バイオメディカル情報科学研究センタは、ICTで医療の未来を創造することをミッションとし、生体センシング技術、診療情報や行動情報等の分析技術等に関する基礎研究、要素技術研究、及びパートナーとのコ・イノベーションを推進します。
 新たなセンシング技術によって取得したデータや診療情報等から得られた分析結果等のデータに基づき、病態生理を理解し、医師・患者による治療を支援するデータ駆動型の医療の実現を様々なパートナーの皆さまと連携しながら※3めざしていきます。

 研究を進めるにあたっては、NTTグループが保有する病院やMEI Labs. と、課題や研究動向等の情報を共有し、NTTライフサイエンス株式会社等の事業会社とも連携を図ります。また、大学病院や医療機関等との協働を強化し、医学的な知識も持った人材の育成についても努めてまいります。

 バイオメディカル情報科学研究センタは、上記の取り組みを通じて、心身の健康がもたらす幸福を誰もが平等に享受できる未来を創造していきます。

※1NTT Research, Inc. 生体情報処理研究所(Medical & Health Informatics Laboratories)
所在地:米国カリフォルニア州
設立:2019年7月1日予定
所長:友池仁暢
※2NTTライフサイエンス株式会社
本社所在地:東京都千代田区大手町1-5-1
設立:2019年7月1日予定
代表者:代表取締役社長 是川 幸士
※3想定フォーメーション

ニュースリリースに記載している情報は、発表日時点のものです。現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

NTT持株会社ニュースリリースインデックスへ