ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

NTT持株会社ニュースリリース

2019年10月8日

NoMaps
北海道
札幌市
日本電信電話株式会社

札幌市初、一般の方を対象に自動運転試乗体験会を開催
〜10月10日より募集を開始!先着200名!〜

 NoMaps、北海道、札幌市、日本電信電話株式会社(以下、NTT)は、10月16日から札幌市内で開催される「NoMaps(Sapporo Creative Convention)」において、札幌市では初めて、一般の方を対象に自動運転試乗体験会を実施いたします。
 本試乗会においては、札幌市近郊の多くの方々(最大200名)およびメディアの方々に自動運転を体験いただくことにより、自動運転に対する認知度向上、ならびに社会的受容性の検証を実施します。

1.背景と目的

 札幌市とNTTは、2015年9月に「さっぽろまちづくりパートナー協定」を締結、更に2019年7月にさっぽろ連携中枢都市圏(※1)と「さっぽろ連携中枢都市圏『まちづくりパートナー協定』」を締結し、札幌圏における観光振興や交通・輸送機能の維持・改善対策等を通じたまちづくりに、共に取り組んでおります。
 北海道は、交通安全や高齢者の移動支援といった社会課題の解決への貢献等を目的に、自動運転への取り組みを推進しております。
 この度、NoMaps、北海道、札幌市、NTTは、これから起こる未来を少し先取りし、体験する機会を提供することをめざし、株式会社NTTデータが国立大学法人群馬大学と共同研究を行っている自動運転技術を活用し、NoMaps2019をフィールドに一般の方を対象とした自動運転試乗体験会を実施することといたしました。

2.実施概要

走行日時
  • 一般の方向け:10月18日(金)、19日(土)
    10:00〜17:00(1日あたり最大20回、最大100名)
  • メディア向けには10月15日(火)、16日(水)に体験会を予定
  • 雨天の際は中止する場合があります。
実施内容

さっぽろ創世スクエアを乗降地点とし、創成川沿い、豊平川沿いを経由する周遊ルート(全3.7km)を自動運転予定

  • 運転席にドライバーが乗車し、緊急時等は直ちに手動運転に切り替えることにより、安全を確保いたします。

©OpenStreetMap contributors

走行車両

トヨタ自動車製「アルファード」をベースとした自動運転実験車両2台を使用(所有:群馬大学)

車両ラッピングイメージ
車両ラッピングイメージ
申込方法

以下NoMapsサイトよりお申し込みください。
https://no-maps.jp/program/experiment/autonomous-car 

  • 申込期間:10月10日(木)〜10月17日(木)
  • 料金:無料
  • お申込みは先着順とさせていただきます。当日に空席がある場合には当日参加も可能です。
注意事項

走行中の自動運転車両の撮影等を目的とした車両周辺の走行、追従等は大変危険ですのでおやめください。

  • ※1札幌市、小樽市、岩見沢市、江別市、千歳市、恵庭市、北広島市、石狩市、当別町、新篠津村、南幌町および長沼町の8市3町1村からなる連携中枢都市圏。札幌市が中心となり、2019年3月に経済、社会、文化、住民生活等において密接な関係を有する自治体にて形成。

本件に関するお問い合わせ先

日本電信電話株式会社

広報室
ntt-cnr-ml@hco.ntt.co.jp

ニュースリリースに記載している情報は、発表日時点のものです。現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

NTT持株会社ニュースリリースインデックスへ