ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。
  • NTT HOME>
  • NTT持株会社ニュースリリース>
  • 2019年>
  • 障がい者の活躍推進に取り組む国際イニシアティブ「The Valuable 500」への加盟および遠隔操作型分身ロボット「OriHime-D」を活用した障がい者による受付業務トライアルの実施について

NTT持株会社ニュースリリース

2019年12月19日

日本電信電話株式会社

障がい者の活躍推進に取り組む国際イニシアティブ「The Valuable 500」への加盟および遠隔操作型分身ロボット「OriHime-D」を活用した障がい者による受付業務トライアルの実施について

 日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:澤田純、以下 NTT)は、2019年12月9日、障がい者の活躍推進に取り組む国際イニシアティブ「The Valuable 500」(※1)に加盟しました。

 「The Valuable 500」は、2019年1月の世界経済フォーラム年次総会(通称「ダボス会議」)の中で発足した、障がい者の活躍推進に取り組む国際イニシアティブで、障がい者が、ビジネス、社会、経済にもたらす潜在的な価値を発揮できるような改革をビジネスリーダーが起こすことを目的としています。NTTは「The Valuable 500」の趣旨に賛同し、以下の取り組みを推進します。

NTTグループのコミットメント(地域:日本)

  1. NTTグループは「つなぐ」「信頼」「誠実」を共有価値として、障がいを持つ社員を含む一人ひとりが、ありのままで安心して働ける職場づくり(Diversity &Inclusion、以下D&I)に取り組みます
  2. 障がいのある社員の雇用について目標を定めて促進します
  3. NTTグループの障がい者の雇用に関する取り組みを積極的に発信します
  4. 障がい者の更なる社会参加に貢献する商品開発を行い、アクセシビリティの確保と向上に取り組みます
  5. 障がい者理解を含むD&Iに関する研修を実施していきます

 また、障がい者の活躍推進の取り組みとして、2020年2月より、遠隔操作型の分身ロボット「OriHime-D」(※2)を活用した、障がい者によるNTTでの受付業務のトライアルを実施します。身体が不自由であったり、外出困難な方が「OriHime-D」のパイロットとなり、「OriHime-D」を遠隔操作し、会議・応接室エリアに来訪されたお客さまの受付や会議室への案内等を実施する予定です。「OriHime-D」を活用して障がいを持つ人が配膳等ではなく、オフィスでの勤務を実施することは初の試みとなります。

 NTTグループは、今後も、障がい者を含む社員の「ダイバーシティ&インクルージョン」の推進に取り組み、企業価値の更なる向上をめざしてまいります。

トライアルイメージ(OriHime-D)
トライアルイメージ(OriHime-D)
  • ※2株式会社オリィ研究所が開発した全長約120cmの分身ロボット。「OriHime-D(オリヒメディー)」は、遠隔から操作して、接客やものを運ぶなど、身体労働を伴う業務が可能。「OriHime-D」はNTTが特別協賛をつとめる分身ロボットカフェ「DAWN」でお客様への接客や配膳を実施中。

株式会社オリィ研究所について

 株式会社オリィ研究所は「人類の孤独の解消」をめざし、孤独の要因となる「移動」「対話」「役割」の障害を取り除くテクノロジーを開発。たとえベッドで寝たきりであっても、会いたい人に会い、行きたいところへ行けて、社会に参加できる未来をめざしている。分身ロボット「OriHime」は、「移動の制約」を克服し、「その場にいる」ようなコミュニケーションを実現し、企業のテレワークや入院児童の遠隔教育などにも広く活用されている。

分身ロボットカフェ「DAWN」について

 「あらゆる人たちに、社会参加、仲間たちに働く自由を。たとえ寝たきりになっても、仲間たちと働く自由を。」をコンセプトに、株式会社オリィ研究所が主催。身体が不自由であったり、外出困難なパイロット達が遠隔操作型の分身ロボット「OriHime」「OriHime-D」でカフェの接客を行う、新たなテレワークの可能性を模索する社会実験。

本件に関するお問い合わせ先

日本電信電話株式会社

広報室
Tel:03-5205-5550

ニュースリリースに記載している情報は、発表日時点のものです。現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

NTT持株会社ニュースリリースインデックスへ