ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

NTT持株会社ニュースリリース

2020年5月13日

INDYCAR
NTTグループ

NTTグループ、インディアナポリス・モータースピードウェイでファンの観戦体験と会場の安全性を向上

インディアナポリス発、2020年5月13日
 NTTグループ(日本電信電話株式会社、株式会社NTTデータ、NTTコムウェア株式会社、NTTコミュニケーションズ株式会社、NTT Ltd.)は、2020年8月23日開催予定※1の第104回インディアナポリス500 (インディ500)において、NTTグループのスマート化技術を活用することで、ファンの観戦体験をよりよいものとし、また会場の安全性を向上させることにより、会場となるインディアナポリス・モータースピードウェイ(IMS)の価値向上を実現します。

 NTTグループはスマート化技術を活用して、IMSのランドマークである「パゴダ」に、幅約30メートルのメディアウォール(大型スクリーン)を設置し、各種センサーから集められたデータに基づくレース情報をファンにリアルタイムで提供します。今回初めて導入される視認性の高いメディアウォールは、3つのスクリーンにビジュアル化された多様なデータ、様々な視点でのライブ映像を表示することで、ファンの注目を集めます。例えば、NTTグループのAIを活用したスマート化技術により、メディアウォール上でコースにおける車両の現在位置を把握したり、次の動きを予測することが可能になります。また、リアルタイムで検知したコースでの接戦の模様をスクリーンに表示、さらにはピット予測、トップスピードなどもあわせて表示することが可能です。

 IMSを所有するPenske Entertainment Corporationのプレジデント兼CEO、マーク・マイルズ氏は、「インディ500のためにIMSを訪れたファンの皆様は、レースの聖地において世界に類を見ない斬新な体験で迎え入れられることでしょう。スポーツの未来は、ファンの体験、安全性、利便性を向上させるために最新技術を活用できるかどうかにかかっています。NTTは、伝統と革新を融合し、進化し続けてきた私たちの精神を守り、さらに発展させるための新しくエキサイティングな手法を私たちに提供してくれます。」と述べています。

 IMSのプレジデント、ダグラス・ボールズ氏は、「NTTグループのスマート化技術により、レースの聖地でのファンの体験は大幅に向上されます。今年のインディ500では、統計データや情報により会場内の「パゴダ」での体験が一変され、これまで会場内のファンに提供されていなかった魅力的なレース情報がリアルタイムに提供されることになります。また、NTTグループは会場における安心・安全を向上し、1日に行われるイベントとしては、世界最大の本スポーツイベントにおいて、観客やイベント参加者の幸福にも貢献します。」と述べています。

 日本電信電話株式会社の島田明代表取締役副社長は、「スポーツの未来は、ディジタルコンテンツの提供、最新技術の採用、イベント会場のさらなる活用等、様々なチャネルを通じたファンとの新たな関係構築にあると考えます。NTTグループの技術により、デジタルを活用したファンとの関係構築が実現されることで、INDYCARのモータースポーツ界でのリーダーポジション維持に貢献できるとともに、イベント会場での安全性向上を実現できるものと確信しております。」と述べています。

 NTTのソリューションは、IMSにおける会場のセキュリティ運用や安全監視等の安全対策を提供します。データ分析により、来場者や車両の混雑状況を検知するとともに、ゲートやトンネルにおける数値のトレンドに基づいて、今後の数値を予測し警告を発します。デジタル技術で強化された安全対策により、IMSだけでなく、すべてのインディカーのイベント会場において、ファンは一貫して安全面での効果を体感することが可能となります。

 Penske Entertainment CorporationとIMSは、ファンができるだけ多くのデータや情報にリアルタイムでアクセスできることを重要なテーマとしています。NTTグループはデジタル化の一環として、INDYCARモバイルアプリを提供しており、ファンはこのアプリを通じてレース中の車載カメラのライブ映像やオンデマンドでのハイライト映像などを視聴することができます。

 2019年からNTT インディカー・シリーズ冠スポンサーを務めるNTTグループは、今後も新たなファン体験の創出とスマートスポーツの実現に貢献していきます。

本件に関するお問い合わせ

日本電信電話株式会社

広報室
E-mail: ntt-cnr-ml@hco.ntt.co.jp

ニュースリリースに記載している情報は、発表日時点のものです。現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

NTT持株会社ニュースリリースインデックスへ