ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

NTT持株会社ニュースリリース

(報道発表資料)

2020年6月4日

日本電信電話株式会社

NTTコミュニケーション科学基礎研究所「オープンハウス2020」をWebにて開催
〜「深層生成モデルが切り拓く音声変換の可能性」など最新の研究成果を公開〜

 日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:澤田 純、以下「NTT」)は、最新のR&D成果を一般公開するイベント「オープンハウス2020」(事前登録不要)を、2020年6月4日(木)午前12時からWebにて開催します。本イベントは、NTT コミュニケーション科学基礎研究所(以下「NTT CS研」)が主催するものです。
 NTT CS研は、例年このオープンハウスをNTT京阪奈ビルにて開催していますが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今回はWeb上に講演動画と展示パネルを掲載することで、オンラインにて最新の研究成果をわかりやすくご紹介することになりました。
 NTT CS研では、人と人のみならず、人とコンピュータとの間の「こころまで伝わる」コミュニケーションの実現をめざし、基礎理論の構築と革新技術の創出に取り組んでおります。人と人との物理的な距離が遠くならざるを得ない時代だからこそ、コミュニケーションの本質が何かを究めることは重要です。そのような基礎研究の成果として、深層学習生成モデルに基づき所望の感情をこめた音声に変換する技術や、得られたデータの地域的な偏りが偶然でないと言えるかどうかを決定グラフを用いて高速に検定する技術、ヒトの知覚モデルに基づきリアルタイムで錯覚の効果を最大化し視覚的な臨場感を向上させる技術および、AI技術corevo®を支える研究成果など最新の研究開発技術(合計31点)を、動画配信にて説明します。

1.開催概要

<1>.開催日時 2020年6月4日(木)午前12:00から公開開始
<2>.場所 Webでの開催 http://www.kecl.ntt.co.jp/openhouse/2020/ 
現地での開催はありませんのでご注意下さい。

2.主な内容

所長講演

あなたを・もっと・知りたくて 〜AIで人に迫り脳科学で人を究める〜

コミュニケーション科学基礎研究所 所長 山田 武士

招待講演

<個性>を科学するためのチャレンジ

東北大学 副学長 大隅 典子 氏

研究講演

 ご所望の声でコミュニケーション 〜深層生成モデルが切り拓く音声変換の可能性〜

 これまでの深層学習を用いた音声変換技術に加えて、新たに考案した非パラレル声質変換機能、音声系列変換機能、波形ポストフィルター機能を組み合わせることで、感情を込めたりネイティブスピーカのように発音したり所望の変換をした音声が実際の人の声に迫る音質で合成できるようになりました。

他2件

図1:所望の音声に変換するAI技術
図1:所望の音声に変換するAI技術

研究展示

そのデータ、本当に偏ってますか?
〜決定グラフを用いた組合せ的相関検定〜

 データの偏りの程度(Scan統計量)とその稀さ(P値)の計算には指数的に膨大な時間がかかります。そこで、決定グラフと呼ばれるデータ構造を用いることで計算を効率化し、その偏りが偶然でないと言えるか、の検定に必要な時間を短縮できるようになりました。

図2:仮説パターン集合とレアイベント集合を決定グラフで圧縮してP値を効率的に計算
図2:仮説パターン集合とレアイベント集合を決定グラフで圧縮してP値を効率的に計算
ヒト知覚モデルで「自然な」錯覚をつくる
〜「不自然さ」予測に基づく「変幻灯」の視覚運動量最適化〜

 光のパターンを投影することで、静止画像にリアルな動きの印象を与える光投影技術「変幻灯」の動きを、人間にとって自然な範囲で自動的に最大化する技術を考案しました。人手による調整の手間を省き、インタラクティブなアプリケーションへの応用の幅が広がります。

図3:脳内の視覚情報表現内で投影結果が理想的な見た目からどれくらい乖離しているかを計算
図3:脳内の視覚情報表現内で投影結果が理想的な見た目からどれくらい乖離しているかを計算

 その他、下記の通り既に報道発表を行った3点を含む、全31点の最新の研究開発技術を出展します。

巧みで素早い運動を支える脳の中の身体表現
手の位置推定の不確かさは伸張反射を調節する

(2020年6月1日報道発表)
伸張反射の調整に、視覚による身体情報が関与していることを世界で初めて発見
〜巧みで素早い運動は、脳の中の身体表現が支えている〜
https://www.ntt.co.jp/news2020/2006/200601a.html

小さな窓から量子世界の全てをコントロール
量子系の間接的制御が持つ可能性を探る

(2020年6月2日報道発表)
量子的間接制御における数学的枠組の構築に世界で初めて成功
〜量子情報処理のノイズ低減に向けた新たな指針として期待〜
https://www.ntt.co.jp/news2020/2006/200602b.html

あなたの語彙数測ります
令和版語彙数推定テスト

(2020年6月3日報道発表)
令和版単語親密度データベースの構築と語彙数推定テストの作成
〜語彙数推定から学習支援へ〜
https://www.ntt.co.jp/news2020/2006/200603a.html

本件に関する報道機関からのお問い合わせ先

日本電信電話株式会社

広報室
ntt-cnr-ml@hco.ntt.co.jp

ニュースリリースに記載している情報は、発表日時点のものです。現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

NTT持株会社ニュースリリースインデックスへ