ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

NTT持株会社ニュースリリース

(報道発表資料)

2020年7月1日

日本電信電話株式会社

遠隔操作型分身ロボット「OriHime-D」を活用した障がい者による受付業務の本格導入について
〜障がい者の社会参画促進、およびリモートワールドに対応した業務を推進〜

 日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:澤田純、以下「NTT」)は、2020年2月より実施していた、遠隔操作型の分身ロボット「OriHime-D」(※1)を活用した、障がい者による受付業務のトライアル(※2)を経て、2020年7月1日より分身ロボットによる受付業務の本格導入を開始します。
 トライアル期間においては、技術面・運用面における検証を実施し、問題なく業務を遂行できる実効性を確認しました。その後、本格導入に向けて、トライアル期間中に「OriHime-D」の遠隔操作者(パイロット)を務め、遠隔地から受付業務を担当していた外出困難な障がい者2名(※3)を雇用するに至ったため、このたび分身ロボットによる受付業務を定常的に実施することにしました。
 本取り組みにより、リモート社会に対応しながら、障がい者の方の社会参画促進への貢献が可能となります。NTTグループは、今後も、障がい者を含む社員の「ダイバーシティ&インクルージョン」の推進に取り組み、企業価値の更なる向上をめざしてまいります。

1.背景

 これまで、外出が困難な体に障がいのある方が、就職することは難しく、社会に参画することは困難でした。また、新型コロナウイルス感染拡大により、多くの方と対応する受付業務においては、感染リスクが高まるという課題があります。そこでNTTは、遠隔操作型の分身ロボット「OriHime-D」を活用し、障がい者の方が遠隔で受付業務を行うことで、障がい者の社会貢献機会の拡大、および受付業務による感染リスク減少を実現できないかと考え、トライアルを実施してきました。
 トライアルでは、延べ37日間(営業日)で84組の受付業務を行い、分身ロボットを通じた受付業務が滞りなく実施できることを実証できたことから、パイロットを雇用の上、定常的に遠隔での受付業務を開始するに至りました。

2.受付業務概要

 分身ロボットにて、以下の受付業務を実施します。

業務内容
  • 「OriHime-D」での遠隔操作による応接室・会議室までの先導
  • 来訪者からのお問い合わせなどの応答 など
受付時間 平日 午前9時から午後5時まで
受付場所 NTT本社 14階受付
(東京都千代田区大手町一丁目5番1号 大手町ファーストスクエア イーストタワー)
体制 パイロット4名でのシフト勤務
受付時のイメージ
受付時のイメージ

3.今後の予定

 分身ロボットによる受付業務の拡大の検討などを行い、今後も、障がい者を含む社員の「ダイバーシティ&インクルージョン」の推進に取り組み、企業価値の更なる向上をめざしてまいります。

  • ※1株式会社オリィ研究所が開発した全長約120cmの分身ロボット。「OriHime-D(オリヒメディー)」は、遠隔から操作して、接客やものを運ぶなど、身体労働を伴う業務が可能。NTTが特別協賛をつとめる「分身ロボットカフェDAWN」でお客様への接客や配膳を実施
  • ※2身体が不自由であったり、外出困難な方が「OriHime-D」の遠隔操作者(通称パイロット)となり、「OriHime-D」を遠隔操作し、会議・応接室エリアに来訪されたお客さまの受付や会議室への案内等を実施するトライアルを2020年2月20日から2020年4月13日まで実施(新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う受付業務一時停止期間含む)。「OriHime-D」を活用して障がいを持つ人が配膳等ではなく、オフィスでの勤務を実施することは初の試み。
  • ※3NTTが特別協賛をつとめる「分身ロボットカフェDAWN」で遠隔地から接客を担当していた分身ロボットの遠隔操作者

 「OriHime」「分身ロボットカフェ」は株式会社オリィ研究所の登録商標です。

本件に関する報道機関からのお問い合わせ先

日本電信電話株式会社

広報室
ntt-cnr-ml@hco.ntt.co.jp

ニュースリリースに記載している情報は、発表日時点のものです。現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

NTT持株会社ニュースリリースインデックスへ