ページの先頭です。

正しく理解できていますか? テレワークの基礎知識

人手不足が問題視されているにもかかわらず、子育てや年齢的な問題による「ワークライフバランスの乱れ」を理由とした離職は後を絶ちません。テレワークは、離職率の問題の解決をサポートし、企業・従業員にとっての理想的な勤務環境作りに貢献します。また、インフルエンザや新型コロナウイルスなどの感染症拡大によって、従業員がオフィスに出社できないなどの問題もあり、人同士の直接的な対面がほとんどないテレワークは感染防止の意味でも注目が高く、多くの企業が検討を開始しています。

テレワークとは?About Telework

テレワークとは、「tele(離れた場所)」と「work(働く)」を合わせた造語で、ICT(情報通信技術)の発達により可能となった、時間や場所にとらわれない働き方のことです。

テレワークのメリット

テレワークを導入することで、時間や場所にとらわれない柔軟な働き方が可能になります。
社員のワーク・ライフ・バランス実現や、労働生産性の向上などのメリットをご紹介します。

社員のワーク・ライフ・バランス実現

テレワークを導入することで、出社する必要がなくなります。そのため、通勤に使っていた時間を個人の時間として有効利用でき、仕事と家庭のバランスをとりながら仕事することが可能になります。

生産性向上・業務効率化

テレワークを導入することで、オンラインのよる迅速な情報共有が可能になり、物理的な移動時間の削減ができたり、書類の電子化による印刷が不要になったり業務効率が大きく向上します。

オフィスコストの低減

テレワークを導入することで、出社する社員が減り、使っていたオフィススペースの削減にもつながります。そのため、より賃料の安いオフィスへと引っ越しすることができ、毎月のコストを削減につながります。

多様な人材確保・離職低下

テレワークを導入することで、すべての社員がどこでも働ける環境を構築することが可能になります。時間的・場所的制約を排除し、多様な人材が働ける環境を構築することで多様な人材確保・離職低下につながります。

テレワーク導入の課題

テレワーク導入に際し、下記の3点の課題をクリアできるかが導入後の効果に大きく影響します。
この課題を一緒に考えてくれるパートナーを選定することが重要です。

情報セキュリティリスク

テレワークは、仕事に用いる機器を社外に持ち出すため、情報漏えいの可能性が高まります。

勤怠管理などマネジメント

テレワークの導入により、勤怠状況の把握が難しくなり、マネジメント面の課題が生じる可能性があります。

コミュニケーションの不足

テレワークを導入することで、従業員同士のコミュニケーションの機会が減少し、情報共有が疎かになる懸念があります。

テレワーク環境整備のステップ

以下のような環境をコストや生産性などを鑑みて
最適な環境・ツールを導入していきます。

STEP 1

テレワークに必要なネット環境やパソコン、スマートフォンを揃える

テレワークはパソコンだけではく、スマートフォンからでも気軽に始められます。目的や用途に応じて、必要なデバイスが変わってくるので会社の規模や予算、用途に合わせて必要な環境を選択しましょう。

STEP 2

オフィス同様の環境でドキュメント作成やファイル共有をできるように

環境が整ったら、社員の自宅でも作業ができる環境の準備をします。自宅に持ち帰ったパソコンでも会社と同様のデータを取り出して仕事の続きを行うことができる機能や、プロジェクトメンバーとファイル共有をすることができる機能をもつ、グループウェア等の導入を検討していきます。

STEP 3

オンライン会議やチャットなどネット上でコミュニケーションできるように

グループウェアの導入が済んだら、オンライン上で資料を共有しながら会議できる環境を準備します。会議をしながらチャットをする機能を持つツールもあり、実際に対面しているときの変わらない状況での会議が可能です。

STEP 4

メールやスケジュールなどビジネスツールや情報発信環境を整備

作業をしている中で遠隔にいるメンバーとの情報連携が必要になった場合は、ビジネスコミュニケーションツールを導入することでメールでのやり取りや、スケジュールの共有が可能になります。

STEP 5

勤怠管理や経費管理など業務管理をリモートで実現

テレワークの場合、タイムカードや出勤簿を使った勤怠管理ができないため勤怠状況の把握が難しくなったり、経費精算の請求が難しくなりますが、各種管理システムを使用することで解決します。

NTTグループなら
様々なお客様に対応、
柔軟にご相談できます

安全・安心・信頼の
NTT品質

長年のネットワーク導入
実績と培われた技術

幅広い地域でのサービス提供、
中小企業や個人事業主にも

教育・医療・自治体など
様々な業態に対応

窓口をひとつで色々相談!
窓口をひとつで色々相談!
必要なサービスを必要な規模で!
必要なサービスを必要な規模で!
テレワーク環境をワンストップで提供!
テレワーク環境をワンストップで提供!
導入後もしっかりサポート!
導入後もしっかりサポート!

NTTグループ各社のテレワーク特集・窓口

補助金・助成金を活用した
テレワークの導入が可能です

国や自治体では、テレワーク導入に対する補助金・助成金の支給を行っています。
上手に補助金・助成金を活用することで、低コストでのテレワーク導入を実現することができます。

セミナー ・イベント情報

各社のセミナー情報や、イベント開催のご案内、展示会などをご紹介します。

フッタエリアはここからです。