HOME > メンバ一覧 > 松本 存史

メンバ紹介

氏名(フリガナ)

松本 存史(マツモト アリフミ)

略歴

【学歴・職歴】

2002年 
京都大学工学部情報学科卒業
2004年
京都大学大学院情報学研究科修士課程修了
2004年
日本電信電話(株)入社
次世代通信プロトコル(IPv6等)に関する標準化・研究開発に従事
2013年7月〜2015年6月
東日本電信電話(株) 高度化推進部運用推進部門にて,NGN運用支援業務に従事
2015年7月〜現在
日本電信電話(株) ネットワーク基盤技術研究所 主任研究員
動画配信の品質最適化に関する研究開発に従事

興味ある研究分野

  • IPネットワーク通信技術,実装方式

研究業績(論文、学会発表リスト)

【標準化関連】

  1. Matsumoto, Arifumi, et al. "Tcp multi-home options." draft-arifumi-tcp-mh-00. txt, IETF Internet draft (2003).
  2. Matsumoto, A. (2003). Basic Socket API Extensions for LIN6 End-to-End Multihoming. IETF Internet Draft draft-arifumi-lin6-multihome-api-00. txt.
  3. Matsumoto, A., Fujisaki, T., Hiromi, R., & Kanayama, K. (2008). Problem statement for default address selection in multi-prefix environments: operational issues of RFC 3484 default rules (No. RFC 5220).
  4. Matsumoto, A., Fujisaki, T., Hiromi, R., & Kanayama, K. (2008). Requirements for address selection mechanisms (No. RFC 5221).
  5. Kato, Jun-ya, Arifumi Matsumoto, and Tomohiro Fujisaki. "Checksum-Neutral Prefix NAT for IPv6." (2010).
  6. Matsumoto, A., & Fujisaki, T. (2010). Global IPv4 Address Configuration Option for DS-Lite.
  7. Naito, K., Matsumoto, A. "NAT TIME_WAIT reduction." draft-naito-nat-time-wait-reduction-02 (2012).
  8. Naito, K., Matsumoto, A. " NAT Port Overlapping." draft-naito-nat-port-overlapping-01 (2012).
  9. Mrugalski, T., Matsumoto, A., Dec, W., Sun, T., & Sarikaya, B. (2012). DHCPv6 Route Options.
  10. Chown, T., & Matsumoto, A. (2013). Considerations for IPv6 Address Selection Policy Changes.
  11. Thaler, D., Draves, R., Matsumoto, A., & Chown, T. (2012). Default address selection for internet protocol version 6 (IPv6) (No. RFC 6724).
  12. Matsumoto, A., Fujisaki, T., & Chown, T. (2014). Distributing Address Selection Policy Using DHCPv6 (No. RFC 7078).

【学会関連】

  1. TCP Multi-Home Options, Arifumi Matsumoto, Masahiro Kozuka, Kenji Fujikawa, Yasuo Okabe, Graduate School of Informatics, Kyoto University Japan (2003)
  2. Matsumoto, A., Fujikawa, K., Okabe, Y., & Ohta, M. (2003, January). Multihoming support based on mobile node protocol lin6. In Applications and the Internet Workshops, 2003. Proceedings. 2003 Symposium on (pp. 204-207). IEEE.
  3. IPv6における複数アドレス選択技術の検討, 藤崎 智宏, 松本 存史, 情報処理学会研究報告. DSM, [分散システム/インターネット運用技術] 45, 31-35, 2007-05-10
  4. IPv6/IPv4デュアルネットワークにおけるフォールバック問題に関する考察, 藤崎 智宏, 新延 史郎, 松本 存史, 情報処理学会研究報告. DSM, [分散システム/インターネット運用技術] 47, 37-42, 2007-09-21
  5. IPv6/IPv4プロトコルトランスレータの評価, 藤崎 智宏, 松本 存史, 新延 史郎, IOT, IPSJ SIG Technical Reports 1, 35-40, 2008-05-01情報処理学会
  6. 多段NAT環境における通信最適化の検討, 藤崎 智宏, 松本 存史, 加藤 朗, 研究報告インターネットと運用技術(IOT) 2009-IOT-7(5), 1-6, 2009-10-02 情報処理学会
  7. IPv4/IPv6デュアルスタックアクセスサービス提供方式についての検討, 松本 存史, 南 正樹, 藤崎 智宏, 研究報告インターネットと運用技術(IOT)2009-IOT-7(8), 1-6, 2009-10-02 情報処理学会
  8. “A Novel Management Method of Carrier Grade NAT for Large Scale IPv4/IPv6 Networks”, Arifumi Matsumoto, Masaki Minami, and Ichiro Inoue, March 6, 2012, WTC2012 Best Poster Award.
  9. 横田 将裕, 木村 拓人, 松本 存史, 林 孝典. “移動情報を加味した配信ビットレート選択手法の提案,” 信学技法, vol. 116, no. 10, CQ2016-8, pp. 43-47, Apr. 2016
  10. 木村 拓人, 横田 将裕, 松本 存史, 林 孝典. “過去のスループット情報を利用した動画ペーシング制御法の提案,” 信学技報, vol. 115, no. 496, CQ2015-125, pp. 101-106, Mar. 2016
  11. Takuto Kimura, Masahiro Yokota, Arifumi Matsumoto, Kei Takeshita, Taichi Kawano, Kazumichi Sato, Hiroshi Yamamoto, Takanori Hayashi, Kohei Shiomoto, Kenichi Miyazaki. “QUVE: QoE Maximizing Framework for Video-Streaming,” in IEEE Journal of Selected Topics in Signal Processing, vol 11, no. 1, pp. 138-153, Feb. 2017.
  12. 木村 拓人, 横田 将裕, 松本 存史, 林 孝典. “ネットワークと協調したABR型動画配信向け視聴品質制御の実環境検証,” 信学技報, vol. 116, no. 202, CQ2016-50, pp. 13-18, Aug. 2016
  13. 木村 拓人, 奥山 隆文, 松本 存史, 林 孝典. “ネットワークと協調した動画ペーシング法の部分的動画データ受信による改善,” 信学技報, Jan. 2017
  14. 奥山 隆文, 木村 拓人, 松本 存史. “動画配信におけるグッドプット予測手法改善に向けた検討,” 信学技報, vol. 116, no. 403, CQ2016-103, pp. 75-80, Jan. 2017