HOME > メンバ一覧 > 鈴木 晃人

メンバ紹介

氏名(フリガナ)

鈴木 晃人(スズキ アキト)

略歴

【学歴・職歴】

2013年
早稲田大学 基幹理工学部 電子光システム学科 卒業
2015年
早稲田大学大学院 先進理工学研究科 修士課程修了
2015年
日本電信電話(株) 入社
2015年〜現在
日本電信電話(株) ネットワーク基盤技術研究所

【受賞】

  • 2019年3月 電子情報通信学会学術奨励賞
  • 2017年5月 電子情報通信学会NV研究会優秀講演賞(共同受賞)
  • 2015年3月 小野梓記念賞<学術賞>
  • 2015年2月 IEEE EDS Japan Chapter Student Award

所属学会、学会委員など

【所属学会】

  • 電子情報通信学会

興味ある研究分野

  • SDN/NFV,トラヒック制御・仮想リソース制御,深層学習・強化学習.

研究業績(論文、学会発表リスト)

【学術論文(査読あり)】

  1. Akito Suzuki, Takefumi Kamioka, Yoshinari Kamakura, and Takanobu Watanabe, “Particle-based Semiconductor Device Simulation Accelerated by GPU computing,” Japan Society for Simulation Technology, Vol. 2, No. 1, pp. 211-224 (2015).

【国際会議(査読あり)】

  1. Akito Suzuki, Masahiro. Kobayashi, Yousuke Takahashi, Shigeaki Harada, Keisuke Ishibashi, and Ryoichi Kawahara, "Extendable NFV-Integrated Control Method Using Reinforcement Learning," IEEE ICC 2018, May 2018.
  2. Yousuke Takahashi, Akito Suzuki, Keisuke Ishibashi, Kohei Shiomoto, Tatsuya Otoshi, Yuichi Ohsita, Masayuki Murata, "An evaluation of macroflow-based traffic engineering on a nation-wide testbed network," iPoP 2016 - 12th International Conference on IP + Optical Network, June 2016.
  3. Masayuki Tsujino, Yousuke Takahashi, Akito Suzuki, Keisuke Ishibashi, Kohei Shiomoto, "Study on user-interactive traffic engineering technique," iPoP 2016 - 12th International Conference on IP + Optical Network, June 2016.
  4. Akito Suzuki, Takefumi Kamioka, Yoshinari Kamakura, Kenji Ohmori, Keisaku Yamada, and Takanobu Watanabe, "Source-induced RDF Overwhelms RTN in Nanowire Transistor: Statistical Analysis with Full Device EMC/MD Simulation," IEEE International Electron Devices Meeting (IEDM 2014), Hilton San Francisco Union Square, San Francisco, USA, Dec. 14, 2014.
  5. Akito Suzuki, Takefumi Kamioka, Yoshinari Kamakura, and Takanobu Watanabe, "Full-Scale Whole Device EMC/MD Simulation of Si Nanowire Transistor Including Source and Drain Regions by Utilizing Graphic Processing Units,” 2014 International Conference on Simulation of Semiconductor Processes and Devices (SISPAD 2014)," Mielparque Yokohama, Yokohama, Japan, Sep. 11, 2014.
  6. Akito Suzuki, Takefumi Kamioka, Hiroya Imai, Yoshinari Kamakura, and Takanobu Watanabe , "Accelerated parallel computing of carrier transport simulation utilizing graphic processing units," 16th International Workshop on Computational Electronics, Nara Prefectural New Public Hall, Nara, Japan, Jun. 5, 2013.

【研究会,全国大会,口頭発表(査読なし)】

  1. 鈴木晃人, 安孫子悠, 原田薫明, "深層強化学習による動的仮想ネットワーク割当手法の検討," 信学会総合大会, B-7-48, 2019年3月.
  2. 鈴木晃人, 小林正裕, 原田薫明, 川原亮一, "強化学習を適用したNFV統合制御手法の適用性評価," 信学会ソサイエティ大会, B-7-12, 2018年9月.
  3. 鈴木晃人, 小林正裕, 原田薫明, 川原亮一, "大量トラヒック発生に関する外部情報を活用した経路制御の評価," 信学会総合大会, B-7-22, 2018年3月.
  4. 鈴木晃人, 小林正裕, 原田薫明, 川原亮一, "メタヒューリスティクスを適用したNFV統合制御手法の性能評価," 信学会ソサイエティ大会, B-7-40, 2017年9月.
  5. 鈴木晃人, 小林正裕, 原田薫明, 川原亮一, "大量トラヒック発生に関する外部観測情報を活用した経路制御," 信学会総合大会, B-7-37, 2017年3月.
  6. 原田薫明, 渡辺敬志郎, 中野雄介, 池田泰弘, 松尾洋一, 小林正裕, 鈴木晃人, 川原亮一, "プロアクティブ制御型ネットワークの実現に向けた取り組みの紹介," 信学会総合大会, B-7-32, 2017年3月.
  7. 鈴木晃人, 小林正裕, 高橋洋介, 原田薫明, 川原亮一, "NFVにおける制御アルゴリズム間の連携による統合制御手法," 信学技報, vol. 116, no. 485, IN2016-103, pp. 37-42, 2017年3月.
  8. 高橋洋介, 鈴木晃人, 石橋圭介, 塩本公平, 大歳達也, 大下裕一, 村田正幸, "広域SDNテストベッドにおけるプロアクティブネットワーク制御技術の実証実験," 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 116, no. 45, IN2016-7, RCS2016-29, pp. 37-42(IN), pp. 31-36(RCS), 2016年5月.
  9. 高橋洋介, 鈴木晃人, 辻野雅之, 石橋圭介, 塩本公平, "最適マルチパスルーティングのためのフローテーブル構成法," 2016年電子情報通信学会総合大会B-16-7, 2016年3月.
  10. (依頼講演) 鈴木晃人, 今井裕也, 神岡武文, 鎌倉良成, 渡邉孝信, “GPU並列計算による計算によるキャリア輸送シミュレーョンの高速化,” 応用物理学会シリコンテクノロジー分科会モデリング研究集会, 機会振興会館, 東京, 2013年7月12日.
  11. 鈴木晃人,阿久津梨花,今井裕也,神岡武文,鎌倉良成,渡邉孝信, “ソース・ドレインの不純物位置ばらつきによる電流ばらつきの解析,” 第61回応用物理学会春季学術講演会, 青山学院大学, 淵野辺, 2014年3月19日.
  12. Akito Suzuki, Takefumi Kamioka, Hiroya Imai, Yoshinari Kamakura, and Takanobu Watanabe , “Accelerated parallel computing of carrier transport simulation utilizing graphic processing units,” GPU Technology Conference Japan 2013 (GTC Japan 2013), Tokyo Midtown Hall & Conference, Tokyo, Japan, July. 30, 2013.
  13. 鈴木晃人, 今井裕也, 神岡武文, 鎌倉良成, 渡邉孝信, “GPU並列計算による計算によるキャリア輸送シミュレーョンの高速化,” 第60回応用物理学関連連合講演会, 神奈川工科大学, 厚木, 2013年3月28日.