HOME > メンバ一覧 > 石橋 圭介

メンバ紹介

氏名(フリガナ)

石橋 圭介(イシバシ ケイスケ)

略歴

1995年3月
東北大学 大学院 理学研究科 数学専攻 博士前期課程 修了
1995年4月
日本電信電話(株) 入社
2005年7月
博士(情報理工学) (東京大学)
2013年7月〜
NTTネットワーク基盤技術研究所 通信トラヒック品質プロジェクト トラヒックエンジニアリンググループ 主幹研究員,グループリーダ (NTTコミュニケーション科学基礎研究所 兼務)
2016年4月〜
NTTネットワーク基盤技術研究所 通信トラヒック品質プロジェクト トラヒックエンジニアリンググループ 主幹研究員
2017年4月〜
大阪大学 大学院基礎工学研究科 招へい教授(兼務)

【非常勤】

  • 工学院大学建築学部建築学科(学部2年生)「統計学」(2018年度前期〜, 3コマ担当)
  • 工学院大学情報学部システム数理学科(学部2年生) 「情報ネットワーク概論」(2017年度後期)
  • 大阪大学 大学院基礎工学研究科(学部4年生) 「計算機科学特論A・ソフトウェア科学特論A」(2017年度前期)
  • 慶應義塾大学 理工学部 管理工学科(学部3,4年生) 「情報ネットワーク」(2014年度前期,2コマ担当)
  • 首都大学東京 システムデザイン学部 システムデザイン学科(学部3年生)「ネットワーキングコンピューティング」(2007年度〜2012年度前期)

【受賞】

2017年5月
電子情報通信学会NV研究会優秀講演賞(共同受賞)
2017年3月
電子情報通信学会 情報通信マネジメント研究賞(共同受賞)
2015年9月
電子情報通信学会 活動功労顕賞
2014年6月
電子情報通信学会 インターネットアーキテクチャ研究賞(共同受賞)
2013年3月
電子情報通信学会 情報ネットワーク研究賞(共同受賞)
2012年9月
電子情報通信学会 通信ソサイエティ活動功労賞
2012年6月
電子情報通信学会 インターネットアーキテクチャ研究賞(共同受賞)
2011年6月
電子情報通信学会 インターネットアーキテクチャ研究賞(共同受賞)
2010年3月
電子情報通信学会 情報ネットワーク研究賞
2009年6月
電子情報通信学会 インターネットアーキテクチャ研究賞
2005年3月
電子情報通信学会 テレコミュニケーションマネジメント研究賞(共同受賞)
2002年3月
電子情報通信学会 情報ネットワーク研究賞
2002年9月
電子情報通信学会 学術奨励賞

所属学会、学会委員など

【所属学会】

  • 電子情報通信学会
  • 日本オペレーションズリサーチ学会
  • IEEE
  • 日本ソフトウェア科学会

【学会委員】

  • 日本ソフトウェア科学会理事(2018年6月〜)
  • 電子情報通信学会 英文論文誌B ”実展開に向けた情報指向ネットワーク技術の発展に関する小特集” 編集委員 (2018年5月〜)
  • 電子情報通信学会 英文論文誌D “将来のインターネットのアーキテクチャとプロトコル並びに応用技術” 編集委員 (2018年5月〜)
  • The Third IEEE/IFIP International Workshop on Analytics for Network and Service Management (AnNet 2018), Technical Program Committee
  • 電子情報通信学会 通信ソサイエティマガジン 編集委員 (2015年5月〜)
  • 電子情報通信学会 情報指向ネットワーク技術時限研究会 専門委員 (2015年5月〜)
  • 電子情報通信学会 100年史刊行委員会委員 (2015年5月〜2017年12月)
  • The International Conference on Information Networking 2016(ICOIN2016), Technical Program Committee Vice Co-Chairs
  • The International Conference on Information Networking 2015(ICOIN2015), Technical Program Committee Vice Co-Chairs
  • 電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会 専門委員 (2013年5〜2017年5月)
  • 電子情報通信学会 インターネットアーキテクチャ研究会 委員長 (2013年5月〜2015年5月)
  • 電子情報通信学会 "Special Section on Deployment and Operation of New Internet Technology: Challenges and Approaches" 英文論文小特集編集委員長 (2010年5月-2011年8月)
  • 日本ソフトウェア科学会 インターネットテクノロジーワークショップ プログラム委員(2011年4月〜)
  • IEEE International Conference on Communications (ICC 2011) Next Generation Networking and Internet Symposium, Techincal Program Committee
  • The Third International Workshop on Information Network Design (WIND'10), Technical Program Committee
  • The Second International Workshop on Information Network Design (WIND'09), Technical Program Committee
  • 7th Asia-Pacific Symposium on Information and Telecommunication Technologies (APSITT 2008), Organizing Committee
  • The Third ACM Workshop on Internet Network Management (INM'08), Technical Program Committee
  • The Second ACM Workshop on Internet Network Management (INM'07), Technical Program Committee
  • IEEE International Conference on Communications (ICC 2007) Computer and Communications Network Security, Technical Program Committee
  • IEEE SAINT2007 Workshop on Internet Measurement Technology and Its Applications to Building Next Generation Internet, Technical Program Committee

興味ある研究分野

  • インターネット計測、トラヒック分析、データ分析

研究業績(論文、学会発表リスト)

【学術論文(査読あり)】

  1. Tatsuya Otoshi, Yuichi Ohsita, Masayuki Murata, Yousuke Takahashi, Keisuke Ishibashi, Kohei Shiomoto, Tomoaki Hashimoto, "Hierarchical Model Predictive Traffic Engineering" IEEE/ACM Transactions on Networking (to appear).
  2. Noriaki Kamiyama, Keisuke Ishibashi, and Yoko Hoshiai, “Reachability Analysis of Multi-hop D2D Communications at Disaster,” IEICE Transactions on Communications, Vol.E101-B, No.8,pp.-,Aug. 2018 (to appear)
  3. Akio Watanabe, Keisuke Ishibashi, Tsuyoshi Toyono, Keishiro Watanabe, Tatsuaki Kimura, Yoichi Matsuo, Kohei Shiomoto, and Ryoichi Kawahara, “Workflow Extraction for Service Operation using Multiple Unstructured Trouble Tickets,” " IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E101-D,No.4,pp.-,Apr. 2018 (to appear)
  4. Yousuke Takahashi, Keisuke Ishibashi, Masayuki Tsujino, Noriaki Kamiyama, Kohei Shiomoto, Tatsuya Otoshi, Yuichi Ohsita, and Masayuki Murata, "Separating Predictable and Unpredictable Flows via Dynamic Flow Mining for Effective Traffic Engineering," IEICE Transactions on Communications, Vol.E101-B,No.2,pp.-,Feb. 2018 (to appear).
  5. Tatsuaki Kimura, Keisuke Ishibashi, Tatsuya Mori, Hiroshi Sawada, Tsuyoshi Toyono, Ken Nishimatsu, Akio Watanabe, Akihiro Shimoda, and Kohei Shiomoto, "Network Event Extraction from Log Data with Nonnegative Tensor Factorization," IEICE Transactions on Communications . IEICE Transactions on Communications, vol.E100-B,no.10, pp.1865-1878, Oct. 2017.
  6. Keisuke Ishibashi, and Kazumichi Sato, "Identifying DNS Anomalous User by Using Hierarchical Aggregate Entropy," IEICE Transactions on Communications, vol. E100-B, no. 01, pp.140-147, Jan. 2017.
  7. Tatsuya Mori, Takeru Inoue, Akihiro Shimoda, Kazumichi Sato, Keisuke Ishibashi, and Shigeki Goto, "Statistical Estimation of the Names of HTTPS Servers with Domain Name Graphs," Computer Communications, vol. 94, pp.104-113, Nov. 2016.
  8. Noriaki Kamiyama, Yousuke Takahashi, Keisuke Ishibashi, Kohei Shiomoto, Tatsuya Otoshi, Yuichi Ohsita, and Masayuki Murata, "Effective Flow Aggregation for Traffic Engineering," IEICE Transactions on Communications, vol. E98-B, no. 10, pp. 2049-2059, Oct. 2015.
  9. Tatsuya Otoshi, Yuichi Ohsita, Masayuki Murata, Yousuke Takahashi, Keisuke Ishibashi, and Kohei Shiomoto, "Traffic Prediction for Dynamic Traffic Engineering," Computer Networks, vol. 85, pp.36-50, Jul. 2015.
  10. Tatsuya Otoshi, Yuichi Ohsita, Masayuki Murata, Yousuke Takahashi, Noriaki Kamiyama, Keisuke Ishibashi, Kohei Shiomoto, and Tomoaki Hashimoto "Traffic Engineering Based on Model Predictive Control," IEICE Transactions on Communications, vol. E98-B, no. 07, pp. 996-1007, Jun. 2015.
  11. Ryoichi Kawahara, Tetsuya Takine, Tatsuya Mori, Noriaki Kamiyama, and Keisuke Ishibashi, "Mean-Variance Relationship of the Number of Flows in Traffic Aggregation and Its Application to Traffic Management," Computer Networks, vol. 57, issue 6, pp. 1560-1576, Apr. 2013.
  12. [招待論文] 石橋圭介, 高橋洋介, "インターネットにおけるインセンティブ問題と制度設計, " コンピュータソフトウェア, vol. 29, no.2 , pp.23 -32, May 2012.
  13. Kazumichi Sato, Tsuyoshi Toyono, Keisuke Ishibashi, Haruhisa Hasegawa, and Hideaki Yoshino, "Extending Black Domain Name List by Using Co- occurrence Relation between DNS Queries," IEICE Transactions on Communication, vol. E95-B, no. 03, pp.794-802, Mar. 2012.
  14. Keisuke Ishibashi, Ryoichi Kawahara, Tatsuya Mori, Tsuyoshi Kondoh, and Shoichiro Asano, "Effects of Sampling and Spatio/Temporal Granularity in Traffic Monitoring on Anomaly Detectability," IEICE Transactions on Communication, vol. E95-B, no. 02,pp.466-476, Feb. 2012.
  15. Ryoichi Kawahara, Keisuke Ishibashi, Tatsuya Mori, Noriaki Kamiyama, Shigeaki Harada, Haruhisa Hasegawa, and Shoichiro Asano, "Detection Accuracy of Network Anomalies Using Sampled Flow Statistics," International Journal of Network Management, vol. 21, issue 6, pp.513-535, Nov. 2011.
  16. Atsushi Kobayashi, Shingo Kashima, Hiroshi Kurakami, and Keisuke Ishibashi, "Traffic Monitoring System based on Correlation between BGP Messages and Traffic Data," IEICE Transactions on Communication, vol. E94-B, no. 09, pp.2532-2542, Sep. 2011.
  17. Atsushi Kobayashi, and Keisuke Ishibashi, "VoIP Quality Measurement System using Flow Mediation for Large-Scale IP Networks," IEICE Transactions on Communication, vol. E94-B, no. 07, pp.1973-1981, Jul. 2011.
  18. Masaki Aida, Naoto Miyoshi, and Keisuke Ishibashi, "A Change-of-Measure Approach to Per-Flow Delay Measurement Systems Combining Passive and Active Methods: On the Mathematical Formulation of CoMPACT Monitor," IEEE Transactions on Information Theory, vol. 54, issue 11, pp.4946-4965, Nov. 2008.
  19. Keisuke Ishibashi, Tatsuya Mori, Ryoichi Kawahara, Yutaka Hirokawa, Atsushi Kobayashi, Kimihiro Yamamoto, Hitoaki Sakamoto, and Shoichiro Asano, "Finding Cardinality Heavy-Hitters in Massive Traffic Data and Its Application to Anomaly Detection," IEICE Transactions on Communication, vol. E91-B, no. 5, pp.1331-1339, May 2008.
  20. Ryoichi Kawahara, Keisuke Ishibashi, Tatsuya Mori, Noriaki Kamiyama, and Hideaki Yoshino, "Packet Sampling TCP Flow Rate Estimation and Performance Degradation Detection Method," IEICE Transactions on Communication, vol. E91-B, no. 5, pp.1309-1319, May 2008.
  21. Dinh-Dung Luong, Attila Vidacs, Trang Dinh Dang, Daisuke Satoh, and Keisuke Ishibashi, "Unicast probing techniques for estimation of shared loss rate," International Journal of Communication Systems, vol. 20, issue 5 ,pp. 613-632, May 2007.
  22. Keisuke Ishibashi, Ryoichi Kawahara, Takuya Asaka, Masaki Aida, Satoshi Ono, and Shoichiro Asano, "Detection of TCP Performance Degradation Using Link Utilization Statistics, " IEICE Transactions on Communication, vol. E89-B, no. 1, pp.47-56, Jan. 2006.
  23. Ryoichi kawahara, Keisuke Ishibashi, Tatsuya Mori, Toshihisa Ozawa, and Takeo Abe, "Method of Bandwidth Dimensioning and Management for Aggregated TCP Flows with Heterogeneous Access Links, " IEICE Transactions on Communication, vol. E88-B, no.12, pp.4605-4615, Dec. 2005.
  24. Ryoichi Kawahara, Keisuke Ishibashi, Takuya Asaka, and Takeo Abe, "A Method of Bandwidth Dimensioning and Management Using Flow Statistics," IEICE Transactions on Communication, vol. E88-B, no. 02, pp.643-653, Feb. 2005.
  25. Keisuke Ishibashi, Toshiyuki Kanazawa, Masaki Aida, and Hiroshi Ishii, "Active/Passive Combination-type Performance Measurement Method Using Change-of-measure Framework", Computer Communications, vol. 27, no. 09, pp.868-879, Jun. 2004.
  26. Masaki Aida, Keisuke Ishibashi, Hiroyoshi Miwa, Chisa Takano, and Shin-ichi Kuribayashi, "Structure of Human Relations and User-dynamics Revealed by Traffic Data," IEICE Transactions on Information and Systems, vol. E87-D, no. 06, pp.1454-1460, Jun. 2004.
  27. Keisuke Ishibashi, Mika Ishizuka, Masaki Aida, and Shin-ichi Kuribayashi, "Capacity Dimensioning of VPN Access Links for Elastic Traffic in the Hose Model ", IEICE Transactions on Communication, vol. E87-B, no. 01, pp.132-141, Jan. 2004.
  28. Ryoichi Kawahara, Keisuke Ishibashi, Takuya Asaka, and Katsunori Ori, "A Method of IP Traffic Management Using the Relationship between TCP Flow Behavior and Link Utilization", IEICE Transactions on Communication., vol. E86-B, no. 11, pp.3244-3256, Nov. 2003.
  29. Keisuke Ishibashi, Masaki Aida, and Shin-ichi Kuribayashi, "Proposal and Evaluation of Method to Estimate Packet Loss-Rate Using Correlation of Packet Delay and Loss," IEICE Transactions on Information and System, Special Issue on New Technologies in the Internet and their Applications, vol. E86-D, no. 11, pp.2371-2379, Nov. 2003.
  30. Ryoichi Kawahara, Keisuke Ishibashi, Toshiyuki Hirano, Hiroshi Saito, Hisaki Ohara, Daisuke Satoh, Shoichiro Asano, and Jun Matsukata, "Traffic Measurement and Analysis in an ATM-based Internet Backbone", Computer Communications, vol. 24, no. 15/16, pp.1508-1524, Oct. 2001.
  31. Keisuke Ishibashi, Takumi Kimura, and Toshihisa Ozawa, "A Measurement-based Performance Evaluation Method for IP Networks and Its Implementation," Telecommunication Systems, vol. 15, no. 1/2, pp.203-215, Nov. 2000.

【レター】

  1. Keisuke Ishibashi, Tsuyoshi Kondoh, Mashiro Maruyoshi, and Takeshi Kuwahara, "Identifying Anomalous Traffic Using Dynamic Programing based Differential Analysis," IEICE Communications Express vol. 5 no. 9 pp. 335-340, Sep. 2016.

【国際会議(査読あり)】

  1. Akito Suzuki, Masahiro. Kobayashi, Yousuke Takahashi, Shigeaki Harada, Keisuke Ishibashi, and Ryoichi Kawahara, "Extendable NFV-Integrated Control Method Using Reinforcement Learning," IEEE ICC 2018, May 2018.
  2. Yoichi Matsuo, Yusuke Nakano, Akio Watanabe, Keishiro Watanabe, Keisuke Ishibashi, and Ryoichi Kawahara, "Root-Cause Diagnosis for Rare Failures using Bayesian Network with Dynamic Modification," IEEE ICC 2018, May 2018.
  3. Tatsuya Otoshi, Yuichi Ohsita, Masayuki Murata, Yousuke Takahashi, Keisuke Ishibashi, Kohei Shiomoto, and Tomonori Hashimoto, "Framework for traffic engineering under uncertain traffic information," The 7th International Conference on Information and Communication Technology Convergence (ICTC 2016), Jeju Island, Korea, Oct. 2016.
  4. Yousuke Takahashi, Keisuke Ishibashi, Masayuki Tsujino, Noriaki Kamiyama, Kohei Shiomoto, Tatsuya Otoshi, Yuichi Ohsita, and Masayuki Murata, "Separating Predictable and Unpredictable Flows via Dynamic Flow Mining for Effective Traffic Engineering," IEEE ICC 2016 , Kuala Lumpur, Malaysia, May 2016.
  5. Akio Watanabe, Keisuke Ishibashi, Tsuyoshi Toyono, Tatsuaki Kimura, Keishiro Watanabe, Yoichi Matsuo, and Kohei Shiomoto, "Workflow Extraction for Service Operation using Multiple Unstructured Trouble Tickets" IEEE/IFIP Network Operations and Management Symposium (NOMS) 2016, Istanbul, Turkey, Apr. 2016.
  6. Tatsuya Otoshi, Yuichi Ohsita, Masayuki Murata, Yousuke Takahashi, Keisuke Ishibashi, Kohei Shiomoto, and Tomoaki Hashimoto, "Hierarchical Traffic Engineering Based on Model Predictive Control," in Proceedings of International Conference on Computing, Networking and Communications, Feb. 2016.
  7. Akihiro Shimoda, Keisuke Ishibashi, Kazumichi Sato, Masayuki Tsujino, Takeru Inoue, Masaki Shimura, Takanori Takebe, Kazuki Takahashi, Tatsuya Mori, and Shigeki Goto, "Inferring Popularity of Domain Names with DNS Traffic: Exploiting Cache Timeout Heuristics," IEEE GLOBECOM2015, San Diego, USA, Dec. 2015.
  8. Tatsuaki Kimura, Akio Watanabe, Tsuyoshi Toyono, and Keisuke Ishibashi, "Proactive Failure Detection Learning Generation Patterns of Large-scale Network Logs," 11th International Conference on Network and Service Management (CNSM), Barcelona, Spain, Nov. 2015.
  9. Noriaki Kamiyama, Yousuke Takahashi, Keisuke Ishibashi, Kohei Shiomoto, Tatsuya Otoshi, Yuichi Ohsita, and Masayuki Murata, "Optimizing Cache Location and Route on CDN Using Model Predictive Control," 27th International Teletraffic Congress, Ghent, Belgium, Sep. 2015.
  10. Tatsuya Otoshi, Yuichi Ohsita, Masayuki Murata, Yousuke Takahashi, Keisuke Ishibashi, Kohei Shiomoto, and Tomoaki Hashimoto, "Traffic Engineering Based on Stochastic Model Predictive Control for Uncertain Traffic Change," IFIP/IEEE ManFI2015, Ottawa, Canada, May 2015.
  11. Tatsuya Mori, Takeru Inoue, Aakihiro Shimoda, Kazumichi Sato, Keisuke Ishibashi, and Shigeki Goto, "SFMap: Inferring Services over Encrypted Web Flows using Dynamical Domain Name Graphs", Traffic Monitoring and Analysis workshop (TMA 2015), Apr. 2015.
  12. Yousuke Takahashi, Keisuke Ishibashi, Noriaki Kamiyama, Kohei Shiomoto, Tatsuya Otoshi, Yuichi Ohsita, and Masayuki Murata, "Macroflow-based traffic engineering in SDN-controlled network," 11th International Conference on IP+Optical Network, Apr. 2015.
  13. Noriaki Kamiyama, Yousuke Takahashi, Keisuke Ishibashi, Kohei Shiomoto, Tatsuya Otoshi , Yuichi Ohsita, and Masayuki Murata, "Flow Aggregation for Traffic Engineering," IEEE GLOBECOM 2014, Austin, USA, pp. 1936-1941, Dec. 2014.
  14. Tatsuaki Kimura, Keisuke Ishibashi, Tatsuya Mori, Hiroshi Sawada,Tsuyoshi Toyono, Ken Nishimatsu, Akira Watanabe, Akihiro Shimoda, and Kohei Shiomoto, "Spatio-temporal Factorization of Log Data for Understanding Network Events," IEEE INFOCOM 2014, pp. 610-618, Tronto, Canada, Apr. 2014.
  15. Tatsuya Otoshi, Yuichi Ohsita, Masayuki Murata, Yousuke Takahashi, Keisuke Ishibashi, and Kohei Shiomoto, "Traffic Prediction for Dynamic Traffic Engineering Considering Traffic Variation," IEEE GLOBECOM2013, Atlanta, USA, Dec. 2013.
  16. Katsuya Suto, Hiroki Nishiyama, Hideaki Yoshino, Keisuke Ishibashi, and Nei Kato, "A Method to Construct an Attack and Fault Tolerant Scalable Distributed Network," 4th International Conference on Communications, Mobility, and Computing (CMC 2012), Guilin, China, May 2012.
  17. Keisuke Ishibashi, and Kazumichi Sato, "Classifying DNS Heavy User Traffic by using Hierarchical Aggregate Entropy," World Telecommunications Congress (WTC) 2012, Miyazaki, Japan, Mar. 2012.
  18. Yousuke Takahashi, and Keisuke Ishibashi, "Incentive mechanism for prompting ISPs to implement outbound filtering of unwanted traffic," International Conference on Network Games, Control and Optimization (NetGCooP 2011), Paris, France, Oct. 2011.
  19. Tatsuya Mori, Yousuke Takahashi, Kazumichi Sato, and Keisuke Ishibashi "How is E-mail Sender Authentication Used and Misused?," . 8th Conference on Email and Anti-spam (CEAS 2011), Perth, Australia, Sep. 2011.
  20. Keisuke Ishibashi, Tsuyoshi Kondoh, Shigeaki Harada, Tatsuya Mori, Ryoichi Kawahara, and Shoichiro Asano, "Detecting Anomalous Traffic using Communication Graphs," World Telecommunications Congress (WTC) 2010, Vienna, Austria, Sep. 2010.
  21. Meidai Saito, and Keisuke Ishibashi, "Validation of Packet Origin Using External Route Information," 8th Asia-Pacific Symposium on Information and Telecommunication Technologies (APSITT 2010), Kuching, Sarawak, Malaysia, Jun. 2010.
  22. Kazumichi Sato, Keisuke Ishibashi, Tsuyoshi Toyono, and Nobuhisa Miyake, "Extending Black Domain Name List by Using Co-occurrence Relation Between DNS Queries," 3rd USENIX Workshop on Large-Scale Exploits and Emergent Threats (LEET '10), San Jose, USA, Apr. 2010.
  23. Atsushi Kobayashi, and Keisuke Ishibashi, "VoIP Measurement Architecture by using Data Mediation," 9th IEEE International Workshop on IP Operations and Management, Venice, Italy, Oct. 2009.
  24. Ryoichi Kawahara, Keisuke Ishibashi, Tatsuya Mori, Noriaki Kamiyama, Shigeaki Harada, and Shoichiro Asano, " Detection accuracy of network anomalies using sampled flow statistics," IEEE GLOBECOM 2007, Washington DC, USA, Nov. 2007.
  25. Keisuke Ishibashi, Ryoichi Kawahara, Tatsuya Mori, Tsuyoshi Kondoh, and Shoichiro Asano, "Effect of sampling rate and monitoring granuality on anomaly detectability," 10th IEEE Global Internet Symposium 2007 (in conjunction with IEEE INFOCOM 2007) Anchorage, USA, May 2007.
  26. Keisuke Ishibashi, Tatsuya Mori, Ryoichi Kawahara, Katsuyasu Toyama, Shunichi Osawa, and Shoichiro Asano, "2-D Bitmap for Summarizing Inter-Host Communication Pattern," IEEE SAINT 2007 Workshop on Internet Measurement Technology and its Applications to Building Next Generation Internet, Hiroshima, Japan, Jan. 2007.
  27. Ryoichi Kawahara, Tatsuya Mori, Keisuke Ishibashi, Noriaki Kamiyama and Takeo Abe, "Estimating flow rate from sampled packet streams for detection of performance degradation at TCP flow level," IEEE GLOBECOM 2006, San Francisco, USA, Dec. 2006.
  28. Atsushi Kobayashi, Daisuke Matsubara, Shingo Kimura, Motoyuki Saitou, Yutaka Hirokawa, Hitoaki Sakamoto, Keisuke Ishibashi, and Kimihiro Yamamoto, "A Proposal of Large-scale Traffic monitoring system using Flow concentrators," Asia-Pacific Network Operations and Management (APNOMS 2006), Busan Korea, Sep. 2006.
  29. Keisuke Ishibashi, Tatsuya Mori, Ryoichi Kawahara, Yutaka Hirokawa, Atsushi Kobayashi, Kimihiro Yamamoto, and Hitoaki Sakamoto, "Estimating Top N Hosts in Cardinality Using Small Memory Resouces," 2nd IEEE International Workshop on Networking Meets Databases (NetDB'06), Atlanta, USA, Apr. 2006.
  30. Masaki Aida, Keisuke Ishibashi, Hiroshi Miwa, Chisa Takano, Akira Miura, Chisa Takano, and Kaori Muranaka, "Cluster Structures in Topology of Large-Scale Social Networks Revealed by Traffic Data," IEEE GLOBECOM 2005, St. Louis, USA, Dec. 2005.
  31. Keisuke Ishibashi, Tsuyoshi Toyono, Katsuyasu Toyama, Masahiro Ishino, Haruhiko Ohshima, and Ichiro Mizukoshi, "Detecting Mass-Mailing Worm Infected Hosts by Mining DNS Traffic Data, " ACM SIGCOMM 2005 Workshop on Mining Network Data (MineNet2005), Philadelphia, USA, Aug. 2005.
  32. Ryoichi Kawahara, Keisuke Ishibashi, Tatsuya Mori, and Takeo Abe, "A Method of Detecting Performance Degradation at TCP Flow Level from Sampled Packet Streams," IEEE HPSR 2005, Hong Kong, P. R. China, May 2005.
  33. Keisuke Ishibashi, Tsuyoshi Toyono, Hirotaka Matsuoka, and Katsuyasu Toyama, Masahiro Ishino, Chika Yoshimura, Takehiro Ozaki, Yuichi Sakamoto, and Ichiro Mizukoshi, "Measurement of DNS Traffic Caused by DDoS Attacks, " IEEE SAINT 2005 Workshop on Network Security Threats and Countermeasures, Trento, Itary, Jan. 2005.
  34. Istvan Moldovan, Trang Dinh Dang, Jozsef Biro, Daisuke Satoh, and Keisuke Ishibashi, "Bottleneck links detection method based on passive monitoring," IASTED CIIT 2004, Virginia, USA, Nov. 2004.
  35. Ryoichi Kawahara, Keisuke Ishibashi, Takuya Asaka, Takeo Abe, and Shuichi Sumita, "A Method of Bandwidth Dimensioning and Management Using Flow Statistics," IEEE 2004, pp.670-674, Dallas, USA, Nov. 2004.
  36. Keisuke Ishibashi, Ryoichi Kawahara, Takuya Asaka, and Masaki Aida, "Detection of TCP Performance Degradation Using Link Utilization Statistics," IEEE GLOBECOM 2004, pp.845-850, Dallas, USA, Nov. 2004.
  37. Keisuke Ishibashi, Ryoichi Kawahara, Takuya Asaka, and Masaki Aida, "Estimation and Prediction of TCP Performance Degradation Using Link Utilization Statistics," WTC/ISS 2004, Seoul, Korea, Sep. 2004.
  38. Masaki Aida, Keisuke Ishibashi, Hiroshi Miwa, and Chisa Takano, "New Approach for Analyzing Large-Scale Social Networks and Use-Dynamics by using Data of Communication Traffic," IEEE MWSCAS2004, Hiroshima, Japan, Jul. 2004.
  39. Ryoichi Kawahara, Keisuke Ishibashi, Tatsuya Mori, Toshihisa Ozawa, Shuichi Sumita, and Takeo Abe, "A method of bandwidth dimensioning and management for aggregated TCP flows with heterogeneous access links," Networks 2004, pp15-20, Vienna, Austria, Jun. 2004.
  40. Masaki Aida, Keisuke Ishibashi, Hiroshi Miwa, and Chisa Takano, "Structures of Human Relations and User-Dynamics Revealed by Traffic Data," ICOIN 2004, Busan, Korea, Feb. 2004.
  41. Ryoichi Kawahara, Keisuke Ishibashi, Takuya Asaka, and Katsunori Ori, "A Method of IP Traffic Management Using TCP Flow Statistics," IEEE GLOBECOM 2003, pp.4059-4063, San Francisco, USA, Dec. 2003.
  42. Keisuke Ishibashi, Masaki Aida and Shin-ichi Kuribayashi, "Estimating Packet Loss-Rate by Using Delay Information and Combinated with Change-of-Meaure Framework," IEEE GLOBECOM 2003, pp.3878-3882 San Francisco, USA, Dec. 2003.
  43. Pal Varga, Gergely Kun, Peter Fodor, Jozsef Biro, Daisuke Satoh, and Keisuke Ishibashi, "An Advanced Technique on Bottleneck Detection," EUNICE 2003, Budapest, Hungary, Sep. 2003.
  44. Dung D. Luong, Attila Vidacs, Jozef Biro, Daisuke Satoh, and Keisuke Ishibashi, "Unicast Probing to Estimate Shared Loss Rate," E2EMON Workshop (conjunction with IFIP/IEEE MMNS2003), Belfast, Northern Ireland, Sep. 2003.
  45. Keisuke Ishibashi, Mika Ishizuka, Masaki Aida and Hiroshi Ishii, "Capacity Dimensioning of VPN Access Links for Elastic Traffic," IEEE ICC 2003, pp.1547-1551, Anchorage, USA, May 2003.
  46. Masaki Aida, Naoto Miyoshi, and Keisuke Ishibashi, "A Scalable and Lightweight QoS Monitoring Technique Combing Passive and Active Approaches: on Mathematical Formulation of CoMPACT Monitor," IEEE INFOCOM 2003, pp.125-133, San Francisco, USA, Mar. 2003.
  47. Keisuke Ishibashi, Toshiyuki Kanazawa, and Masaki Aida, "Active/Passive Combination-type Performance Measurement Method Using Change-of-measure Framework," IEEE GLOBECOM 2002, pp.2538-2542, Taipei, Taiwan, Nov. 2002.
  48. Csaba Simon, Attila Vidacs, Istvan Moldovan, Attila Torok, Keisuke Ishibashi,Arata Koike, and Hiroyuki Ichikawa, "End-to-end Relative Differentiated Services for IP networks," IEEE ISCC 2002, pp.783-788, Taormina, Italy, Jul. 2002.
  49. Keisuke Ishibashi, Masaki Aida, and Makoto Imase, "Characteristics of Temporal and Spatial Locality of Internet Access Patterns," IFIP Networking 2002 Workshop on Web Engineering, pp.15-28, Pisa, Italy, May 2002.
  50. Masaki Aida, Keisuke Ishibashi, and Toshiyuki Kanazawa, "CoMPACT-Monitor: Change-of-measure based passive/active monitoring -weighted active sampling scheme to infer QoS-," IEEE SAINT 2002 Workshop on Measurement Technology for the Internet Applications, pp.119-125, Nara, Japan, Feb. 2002.
  51. Arata Koike, Shinichi Nakagawa, Keisuke Ishibashi, and Hiroshi Ishii, "Transport Middleware for Measuring IP Flow," IEEE Networks 2000, Toronto, Canada, Sep. 2000.
  52. Takuya Takeda, Arata Koike, Keisuke Ishibashi, and Kazuhiro Sato, "A new fairness control method for switched networks based on Ethernet," APSITT'99, pp.338-342, Ulaanbaatar, Mongolia, Aug. 1999.
  53. Keisuke Ishibashi, and Arata Koike, "Proposal and Evaluation of a Native ATM-ABR transport protocol," APSITT'99, pp.192-197, Ulaanbaatar, Mongolia, Aug. 1999.
  54. Keisuke Ishibashi, Takumi Kimura, and Toshihisa Ozawa, "A Measurement-based Performance Evaluation Method for IP Networks and Its Implementation," 11th ITC Specialist Seminar, pp.272-277, Yokohama, Japan, Oct. 1998.

【標準化寄書】

  1. Atsushi Kobayashi, Benoit Claise, Gerhard Muenz, and Keisuke Ishibashi, “IP Flow Information Export (IPFIX) Mediatsion: Framework,” RFC 6183, Apr. 2011.
  2. Kazunori Fujiwara, Keisuke Ishibashi, Katsuyasu Toyama, “DNS authoritative server misconfiguration and a countermeasure in resolver,” Internet Draft, Internet Engineering Task Force, draft-fujiwara-dnsop-bad-dns-auth-00.txt, Oct. 2004.

【解説記事】

  1. 渡辺敬志郎, 池田泰弘, 中野雄介, 石橋圭介, 川原亮一, 鈴木聡, "運用現場におけるNetwork-AI技術の活用による新たな価値の創出," NTT技術ジャーナル, 2018年3月号.
  2. 石橋圭介,”将来ネットワークの実現に向けたAnalytics-basedオペレーション,” NTT技術ジャーナル,vol.27, no.7, 2015年7月.
  3. 石橋圭介,原田薫明,亀井聡, “ビッグデータ技術を用いたインターネット構造分析技術,” NTT技術ジャーナル,vol.25, no.7, 2013年7月.
  4. 小林淳史,石橋圭介 “IPフロー計測技術と標準化 -NetFlow, sFlow, IPFIX, PSAMP技術- ,” 電子情報通信学会誌 (IP網トラヒック計測小特集), vol. 93, no. 4, pp.280-286, 2010年4月.
  5. 石橋圭介, 川原亮一, “大規模グラフの分析手法に学ぶ:ミクロな異常トラヒック検出技術,” 電子情報通信学会誌, vol.91, no. 10, pp.886-890, 2008年10月.
  6. 西田晴彦,村山純一,石橋圭介,小林淳史, “広域異常トラヒック検知・制御システム(WINDS)のアーキテクチャ,” NTT技術ジャーナル,vol.20, no.3, 2008年3月.
  7. 山本公洋,小林淳史,近藤毅,石橋圭介, “大規模ネットワーク向け異常トラヒック監視システムの開発,” NTT技術ジャーナル,vol.20, no.3, 2008年3月.
  8. 川原亮一,森達哉,原田薫明,上山憲昭,近藤毅,石橋圭介, “異常トラヒック測定分析手法,” NTT技術ジャーナル,vol.20, no.3, 2008年3月.
  9. 川原亮一, 森達哉,石橋圭介, 阿部威郎,”超高速ネットワークにおけるトラヒック測定分析技術,” オペレーションズ・リサーチ, vol.50, no.3, pp.163-168,2005年3月.
  10. 石橋圭介, 川原亮一, “TCPフロー制御における帯域共有のモデル化,” オペレーションズ・リサーチ, vol.49, no.7, pp.428-442,2004年7月.
  11. Keisuke Ishibashi, Yutaka Yamamoto, and Satoru Iai, “Trends of Multimedia Applications from the Viewpoint of Quality of Service and Traffic Aspects,” NTT Technical Review, vol.10, no.2, pp.44-49, Feb. 1997.
  12. 小沢利久, 町原文明, 石橋圭介, "マルチメディアトラヒック理論の最新動向”,電子情報通信学会誌, vol.81, no.5, pp.506-515, 1998年5月.
  13. 石橋圭介, 山本豊, 井合知, “品質 トラヒック面から見たマルチメディアアプリケーションの動向,” NTT技術ジャーナル vol.9, no.11, pp. 16-20, 1997年11月.

【招待講演等】

  1. Keisuke Ishibashi, “Network Management empowered by AI,” CNSM 2017 (Distinguished Experts Panel), Nov. 2017.
  2. 石橋圭介, “ボトルネック状態のトラヒック特性変化,” 電子情報通信学会 vol. 116, no. 323, CQ2016-79, pp. 31-36, 2016年11月.
  3. 石橋圭介, “NW 運用高度化のためのNW状態推定,” 電子情報通信学会第9回 情報ネットワーク科学研究会, 2016年5月.
  4. Keisuke ISHIBASHI, “Proactive Network Operation through Network Data Analytics,” APNOMS 2014, Sep. 2014.
  5. 石橋圭介, “NWデータ分析によるNW管理高度化,” 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 113, no. 380, ICM2013-38, pp. 19-24, 2014年1月.
  6. 石橋圭介, 豊野剛, 佐藤一道, “DNSにおける異常トラヒック,” 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 109, no. 119, IN2009-28, pp. 19-24, 2009年7月.
  7. 石橋圭介, “広域インターネットトラヒック測定・分析と異常トラヒック検出,” 電子情報通信学会技術研究報告 IN2007-107, 広島,2007年12月.

【研究会,全国大会,口頭発表(査読なし)】

  1. 佐竹幸大, 大下裕一, 石橋圭介, 星合擁湖, 村田正幸, “災害時のセルラーネットワークにおける不確実な観測情報に基づくトラヒックエンジニアリング,” 信学技報, vol. 117, no. 460, IN2017-94, pp. 27-32, 2018年3月.
  2. 駒井友香, 小林正裕, 原田薫明, 石橋圭介, 川原亮一, 森達哉, 後藤滋樹, "DNSクエリの類似性に着目したユーザ利用OSの分類手法," 信学技報, vol. 117, no. 460, IN2017-89, pp. 1-4, 2018年3月.
  3. 池田泰弘, 松尾洋一, 石橋圭介, 中野雄介, 渡辺敬志郎, 川原亮一, "ニューラルネットワークを用いた非線形因果推論," 信学会総合大会, B-7-20, 2018年3月.
  4. 池田泰弘, 石橋圭介, 中野雄介, 渡辺敬志郎, 川原亮一, "オートエンコーダを用いた異常検知におけるモデル再学習手法," 信学技報, vol. 117, no. 397,, IN2017-84, pp. 77-82, 2018年1月.
  5. 池田泰弘, 石橋圭介, 中野雄介, 渡辺敬志郎, 川原亮一, "オートエンコーダを用いた異常検知におけるスパース最適化を用いた要因推定手法," 信学技報, vol. 117, no. 89, IN2017-18, pp. 61-66, 2017年6月.
  6. 駒井友香, 下田晃弘, 原田薫明, 石橋圭介, 川原亮一, "利用サービスの共通性に着目した端末環境の分類手法," 信学会ソサイエティ大会, B-7-1, 2017年9月.
  7. 石橋圭介,Apichanukul Worachat, “動的な複数資源要求に対する公平かつ効率的な受付・割当方式,” 第18回 インターネットテクノロジーワークショップ, 2017年6月.
  8. 池田泰弘, 石橋圭介, 中野雄介,・渡辺敬志郎,・川原亮一, “オートエンコーダを用いた異常検知におけるスパース最適化を用いた要因推定手法,” 電子情報通信学会 技術研究報告, 2017年6月.
  9. 上山憲昭,・石橋圭介,・星合擁湖, "[依頼講演]災害時におけるマルチホップD2D通信の到達性分析," 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 117, no. 21, IN2017-10, pp. 49-54, 2017年5月.
  10. 中野雄介, 池田泰弘, 渡辺敬志郎, 石橋圭介, 川原亮一, "オートエンコーダによるネットワーク異常検知," 信学会総合大会, B-7-33, 2017年3月.
  11. 池田泰弘, 中野雄介, 渡辺敬志郎, 石橋圭介, 川原亮一, "オートエンコーダを用いたネットワーク異常検知における精度向上に向けた一検討," 信学会総合大会, B-7-34, 2017年3月.
  12. 松尾洋一, 中野雄介, 渡邉暁, 渡辺敬志郎, 石橋圭介, 川原亮一, "非定型故障の原因箇所推定技術の検討," 信学会総合大会, B-7-35, 2017年3月.
  13. 石橋圭介,・原田薫明, "差分比較による混雑状態のトラヒック特性変化分析," 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 116, no. 491, IA2016-91, pp. 7-12, 2017年3月.
  14. 下田晃弘, 石橋圭介, 原田薫明, 川原亮一, "DNS累積クエリ数に基づくWebサービスのアクセス数推定法," 2016年電子情報通信学会ソサイエティ大会B-16-9, 2016年9月.
  15. 渡邉暁, 松尾洋一, 渡辺敬志郎, 石橋圭介, 川原亮一, "故障対応の把握に向けた作業ログにおける複数の対処分岐点の特定," 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 116, no. 124, ICM2016-13, pp. 27-32, 2016年7月.
  16. 高橋洋介, 鈴木晃人, 石橋圭介, 塩本公平, 大歳達也, 大下裕一, 村田正幸, "広域SDNテストベッドにおけるプロアクティブネットワーク制御技術の実証実験," 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 116, no. 45, IN2016-7, RCS2016-29, pp. 37-42(IN), pp. 31-36(RCS), 2016年5月.
  17. 高橋洋介, 鈴木晃人, 辻野雅之, 石橋圭介, 塩本公平, "最適マルチパスルーティングのためのフローテーブル構成法," 2016年電子情報通信学会総合大会B-16-7, 2016年3月.
  18. 森達哉, 井上武, 下田晃弘, 佐藤一道, 原田薫明, 石橋圭介, 芳賀夢久, 笹生憲, 後藤滋樹, "[招待講演]名前情報による隠されたトラヒックの顕現化," 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 115, no. 370, IN2015-74, IA2015-69, pp. 19-24(IN), pp. 1-6(IA), 2015年12月.
  19. 下田晃弘, 石橋圭介, 辻野雅之, 井上武, 森達哉, 後藤滋樹, "DNSクエリの到着間隔に基づくユーザのアクセス数推定手法," 2015年電子情報通信学会ソサイエティ大会B-16-8, 2015年9月.
  20. 木村達明, 渡邉暁, 渡辺敬志郎, 豊野剛, 石橋圭介, "ルータ・コマンド出力のブロック構造抽出法," 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 115, no. 192, IA2015-25, pp. 35-40, 2015年8月.
  21. 下田晃弘, 佐藤一道, 石橋圭介, 井上武, 森達哉, 後藤滋樹, "DNSログとフローの突合によるサービス毎トラヒック量推定手法," 2015年電子情報通信学会総合大会B-7-53, 2015年3月.
  22. 木村達明, 渡邉暁, 豊野剛, 石橋圭介, "大規模ネットワークにおけるノイズを考慮したロググループ抽出法," 2015年電子情報通信学会総合大会B-16-7, 2015年3月.
  23. 高橋洋介, 石橋圭介, 上山憲昭, 塩本公平, 大歳達也, 大下裕一, 村田正幸," フロー空間を考慮したマクロフロー生成手法," 2015年電子情報通信学会総合大会B-16-10, 2015年3月.
  24. 渡邉暁, 木村達明, 豊野剛, 石橋圭介, "運用業務手順の獲得に向けた作業ログにおける業務分岐点の抽出," 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 114, no. 523, ICM2014-63, pp. 55-60, 2015年3月.
  25. 大歳達也, 大下裕一, 村田正幸, 高橋洋介, 石橋圭介, 塩本公平, 橋本智明, "モデル予測制御を用いた階層型トラヒックエンジニアリング," 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 114, no. 478, IN2014-136, pp. 91-96, 2015年3月.
  26. 上山憲昭, 高橋洋介, 石橋圭介, 塩本公平, 大歳達也, 大下裕一, 村田正幸, "モデル予測制御を用いた配信サーバと経路の最適選択法," 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 114, no. 477, NS2014-237, pp. 349-354, 2015年3月.
  27. 森達哉, 井上武, 下田晃弘, 佐藤一道, 石橋圭介, 後藤滋樹, "DNSクエリ, 応答を用いたHTTPS通信のホスト名推定," 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 114, no. 478, IN2014-164, pp. 255-260, 2015年3月.
  28. 大歳達也, 大下裕一, 村田正幸, 高橋洋介, 石橋圭介, 塩本公平, 橋本智昭, "確率的モデル予測制御に基づくトラヒックエンジニアリング," 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 114, no. 307, IN2014-81, pp. 1-6, 2014年11月.
  29. 大下裕一, 大歳達也, 村田正幸, 高橋洋介, 石橋圭介, 上山憲昭, 塩本公平, "モデル予測制御にもとづく仮想ネットワーク間資源調停," 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 114, no. 253, IN2014-74, pp. 1-6, 2014年10月.
  30. 下田晃弘, 石橋圭介, 木村達明, "時系列ログの可変的なラグに着目したサーバリソース間因果関係の抽出," 2014年電子情報通信学会ソサイエティ大会B-16-3, 2014年9月.
  31. 上山憲昭, 高橋洋介, 石橋圭介, 塩本公平, 大歳達也, 大下裕一, 村田正幸, "経路制御のためのフロー集約法," 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 114, no. 107, NS2014-44, pp. 29-34, 2014年6月.
  32. 木村達明, 森達哉, 豊野剛, 石橋圭介, 塩本公平, "ネットワーク監視ログの生起パターンに基づく異常イベント検出法," 2014年電子情報通信学会総合大会B-6-80, 2014年3月.
  33. 原田薫明, 石橋圭介, 川口銀河, 野尻秀樹, "コンテンツ配信サーバ割当制御に関する一考察," 2014年電子情報通信学会総合大会B-16-11, 2014年3月.
  34. 下田晃弘, 石橋圭介, "DNSトラヒックを用いたトピック抽出システム," 2014年電子情報通信学会総合大会B-16-14, 2014年3月.
  35. 大歳達也, 大下裕一, 村田正幸, 高橋洋介, 上山憲昭, 石橋圭介, 塩本公平, 橋本智昭, "モデル予測制御にもとづくトラヒックエンジニアリングの実ネットワークにおけるトラヒックデータを用いた評価," 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 113, no. 473, IN2013-194, pp. 299-304, 2014年3月.
  36. 高橋洋介, 石橋圭介, 上山憲昭, 塩本公平, 大歳達也, 大下裕一, 村田正幸, "フローベースネットワーク制御のためのマクロフロー構成手法," 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 113, no. 443, SITE2013-59, IA2013-84, pp. 31-36, 2014年2月.
  37. 大歳達也, 大下裕一, 村田正幸, 高橋洋介, 上山憲昭, 石橋圭介, 塩本公平, 橋本智昭, "トラヒック予測を考慮したトラヒックエンジニアリングの検討と評価," 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 113, no. 245, IN2013-78, pp. 7-12, 2013年10月.
  38. 木村達明, 渡邉暁, 豊野剛, 西松研, 石橋圭介, 塩本公平, "大規模ネットワークログ情報のオンライン, テンプレート抽出法," 2013年電子情報通信学会ソサイエティ大会B-7-30, 2013年9月.
  39. 木村達明, 森達哉, 豊野剛, 石橋圭介, 塩本公平, "ネットワーク監視ログの生起パターンに基づく異常イベント検出法," 2013年電子情報通信学会総合大会B-6-80, 2013年3月.
  40. 原田薫明, 石橋圭介, 川口銀河, 野尻秀樹, "コンテンツ配信サーバ割当制御に関する一考察," 2013年電子情報通信学会総合大会B-16-11, 2013年3月.
  41. 下田晃弘, 石橋圭介, "DNSトラヒックを用いたトピック抽出システム," 2013年電子情報通信学会総合大会B-16-14, 2013年3月.
  42. 木村達明, 森達哉, 豊野剛, 石橋圭介, 塩本公平, "大規模ネットワークの故障診断に向けた監視ログの可視化法," 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 112, no. 463, NS2012-250, pp. 495-498, 2013年3月.
  43. 大歳達也, 大下裕一, 村田正幸, 高橋洋介, 石橋圭介, 塩本公平, "トラヒックの時間変動を考慮した動的トラヒックエンジニアリングのためのトラヒック予測," 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 112, no. 287, NS2012-115, pp. 65-70, 2012年11月.
  44. 石橋圭介, 近藤毅, "動的計画法を利用した高速異常トラヒック特定法," 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 112, no. 250, IA2012-38, pp. 25-29, 2012年10月.
  45. 木村達明, 森達哉, 石橋圭介, 塩本公平, "大規模ネットワークログ情報を用いたログ生起ルール抽出法," 2012年電子情報通信学会ソサイエティ大会B-14-7, 2012年9月.
  46. 高橋洋介, 石橋圭介, 塩本公平, 大下裕一, 村田正幸, "フロー間相関を活用したトラヒックエンジニアリングに関する一考察," 2012年電子情報通信学会ソサイエティ大会B-16-1, 2012年9月.
  47. 木村達明, 森達哉, 石橋圭介, 塩本公平, "大規模ネットワークログ情報のテンプレート抽出法," 2012年電子情報通信学会総合大会B-7-16, 2012年3月.
  48. 佐藤一道, 石橋圭介, "DNS問い合わせ結果を利用したサイト別トラヒック測定方法," 2012年電子情報通信学会総合大会B-16-3, 2012年3月.
  49. 木村達明, 森達哉, 石橋圭介, 塩本公平, "大規模ネットワーク監視情報における重要イベント抽出法," 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 111, no. 468, NS2011-225, pp. 261-264, 2012年3月.
  50. 川原亮一, 滝根哲哉, 森達哉, 上山憲昭, 石橋圭介, "フロー数平均分散特性とトラヒック管理への応用," 2011年電子情報通信学会ソサイエティ大会B-7-44, 2011年9月.
  51. 石橋圭介, 高橋洋介, 川原亮一, "べき分布に従うトラヒックの負荷分散における偏り評価," 2011年電子情報通信学会ソサイエティ大会B-16-2, 2011年9月.
  52. 森達哉, 佐藤一道, 高橋洋介, 木村達明, 石橋圭介, "Combining IP reputation services," 2011年電子情報通信学会ソサイエティ大会BS-6-42, 2011年9月.
  53. 森達哉, 佐藤一道, 高橋洋介, 木村達明, 石橋圭介, "IPレピュテーションの統合方法," 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 111, no. 81, IA2011-1, ICSS2011-1, pp. 1-6, 2011年6月.
  54. 高橋洋介, 石橋圭介, "アウトバウンド制御導入のインセンティブ問題を解決する料金メカニズム," 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 111, no. 9, IN2011-17, pp. 91-96, 2011年4月.
  55. 川原亮一, 森達哉, 上山憲昭, 石橋圭介, "フロー情報を用いたTCP品質劣化特定方法," 電子情報通信学会 2011年総合大会, B-7-38, 2011年3月.
  56. 高橋洋介, 石橋圭介, "不要トラヒックのアウトバウンド制御導入におけるインセンティブ問題を解決するインセンティブ, メカニズム," 電子情報通信学会 2011年総合大会, B-16-13, 2011年3月.
  57. 石橋圭介, 佐藤一道, 西田晴彦, "階層的集約エントロピーを用いたDNSヘビーユーザの分類," 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 110, no. 430, IA2010-103, pp. 237-242, 2011年2月.
  58. Kazumichi Sato, Keisuke Ishibashi, and Haruhiko Nishida, Kota Hashimoto, "DNS Query Sent by Heavy Users and DNS Prefetch Effect," 51th North American Network Operators Group Meeting (NANOG51), Miami, USA, Feb. 2011.
  59. Keisuke Ishiabshi, Ryoichi Kawahara, Tatsuya Mori, Tsuyoshi Kondoh ,and Shoichiro Asano, "Effect of temporal monitoring granularity on detection accuracy of anomalous traffic," 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 110, no. 260, IA2010-49, pp. 43-48, 2010年10月.
  60. Kazumichi Sato, Keisuke Ishibashi, Tsuyoshi Toyono, and Nobuhisa Miyake "Extending Black Domain Name List by Using Co-occurrence Relation between DNS queries," 2010 OARC Workshop, Denver, USA, Oct. 2010.
  61. 川原亮一, 川口銀河, 森達哉, 上山憲昭, 石橋圭介, "ハッシュベースサンプリングとbloom filterを用いたRTT推定法とその評価," 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 110, no. 341, IN2010-102, pp. 31-36, 2010年12月.
  62. 川原亮一, 川口銀河, 森達哉, 上山憲昭, 石橋圭介, "Bloom Filter とパケットサンプリングを用いたRTT推定法," 2010年電子情報通信学会ソサイエティ大会 B-7-17, 2010年9月.
  63. 小林淳史, 倉上弘, 加島伸悟, 高橋洋介, 石橋圭介, "フローデータとBGPの連携によるトラヒック分析システム," 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 110, no. 170, IA2010-28, pp. 65-70, 2010年8月.
  64. 佐藤正春, 濱口一真, 佐藤一道, 石橋圭介, "キャッシングサーバにおけるクエリトラフィック増加," 日本DNSオペレーターズグループ DNSOPS.JP BoF, 2010年7月.
  65. 丸吉政博, 南正樹, 石橋圭介, 桑原健,村山純一 "DDoS攻撃検出と連携した攻撃原因特定方法," 2010年電子情報通信学会総合大会 B-7-100, 2010年3月.
  66. 南正樹, 丸吉政博, 石橋圭介, 桑原健, "DDoS攻撃の分析における絞り込み再分析手法の提案," 2010年電子情報通信学会総合大会 B-6-84, 2010年3月.
  67. 石橋圭介, 丸吉政博, 南正樹, 近藤毅, 桑原健, "動的計画法を用いた高速異常トラヒック特定," 2010年電子情報通信学会総合大会 B-16-1, 2010年3月.
  68. 高橋洋介, 石橋圭介, 三宅延久, "不要トラヒックのアウトバウンド制御に関するインセンティブ問題," 2010年電子情報通信学会総合大会 B-16-2, 2010年3月.
  69. Keisuke Ishibashi "Characteizing DNS client behavior using hierarchical aggregated entropy," 2nd Global Annual Symposium on DNS Security, Stability and Resiliency (DNS-SSR), Kyoto, Japan, Feb. 2010.
  70. 豊野剛, 石橋圭介, 三宅延久, "IPv6およびDNSSEC普及時におけるDNSトラフィックの動向分析と予測," 情報処理学会研究報告 インターネットと運用技術(IOT), vol.2009-IOT-7 no.11, 2009年10月.
  71. 佐藤一道, 石橋圭介, 豊野剛, 三宅延久, "DNSトラフィックを利用したボット感染者検出方法," 情報処理学会研究報告 インターネットと運用技術(IOT), vol.2009-IOT-7 no.11, 2009年10月.
  72. 川原亮一, 石橋圭介, 森達哉, 上山憲昭, 長谷川治久, "フローサンプリングを用いたフロー品質推定法," 2009年電子情報通信学会ソサイエティ大会, B-7-11, 2009年9月.
  73. 石橋圭介, 豊野剛, 佐藤一道, 岩村誠, "DNSクエリグラフを用いた悪性ドメイン名リスト評価," 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 108, no. 460, IA2008-70, pp. 19-24, 2009年3月.
  74. 豊野剛, 石橋圭介, "DNSキャッシュポイズニング攻撃の概要とその対応," 電子情報通信学会全国大会, 2009年3月.
  75. 石橋圭介,豊野剛, 佐藤一道, 西藤明大, "DNSキャッシュ汚染攻撃監視," 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 108, no. 426, IN2008-129, pp. 43-48, 2009年2月.
  76. 小林淳史, 西野将史, 木村真吾, 石橋圭介, "[奨励講演]フロー計測技術による大規模VoIPトラヒック品質計測システムの提案," 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 108, no. 286, NS2008-89, pp. 1-6, 2008年11月.
  77. Tsuyoshi Toyono, and Keisuke Ishibashi, "Monitoring Cache Poisoning Attacks," 2008 OARC Workshop, Ottawa, Canada, Sep. 2008.
  78. 原田薫明, 川原亮一, 上山憲昭, 近藤毅, 石橋圭介, 浅野正一郎, "差分トラヒック量を利用した異常ボリューム変化特定手法の精度評価," 2008年電子情報通信学会ソサイエティ大会 BS-6-3, 2008年9月.
  79. 原田薫明, 川原亮一, 上山憲昭, 近藤毅, 石橋圭介, 浅野正一郎, "差分トラヒック量を利用した異常ボリューム変化特定手法の精度評価," 電子情報通信学会技術研究報告 NS2008-1, 2008年5月.
  80. 石橋圭介, 小林淳史,森達哉,川原亮一,近藤毅,"Elephant フローを用いた経路同定手法," 2008年電子情報通信学会総合大会 B-7-9, 2008年3月.
  81. 豊野剛,石橋圭介,西田晴彦,三宅延久,"DNSキャッシングサーバにおける異常クエリ分析," 情報処理学会研究報告,2008-DSM-48, 2008年3月.
  82. 桑原健,近藤毅,八木毅,石橋圭介,村山純一,"バックボーンネットワークにおけるフロー情報を用いた攻撃元特定方式の提案," 電子情報通信学会技術研究報告 IN2007-169, 2008年3月.
  83. Atsushi Kobayashi, Tsuyoshi Kondoh, Keisuke Ishibashi, "Design for a Large-Scale Collection System using Flow Mediators," 4th CERT Workshop on Flow Analysis (FloCon 2008), Savannah, USA, Jan. 2008.
  84. Tsuyoshi Kondoh, Keisuke Ishibashi, "Identifying the Anomalous Traffic Using Delta Traffic," 4th CERT Workshop on Flow Analysis (FloCon 2008), Savannah, USA, Jan. 2008.
  85. 小林淳史, 石橋圭介, 西田晴彦, "選択的sFlowによる大規模VoIPトラヒック品質測定手法の提案," 電子情報通信学会技術研究報告 NS2007-95, 2007年11月.
  86. 石橋圭介, 近藤毅, 原田薫明, 森達哉, 川原亮一, 浅野正一郎, "ホスト間通信関係構造の時系列変化に基づく異常検出" 情報処理学会コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS)2007, 2007年11月.
  87. 石橋圭介, 近藤毅, 浅野正一郎,"ホスト間通信関係構造の時系列変化に基づく異常検出手法,"2007年電子情報通信学会ソサイエティ大会 BS-8-6, 2007年9月.
  88. 近藤毅, 石橋圭介, "正常, 異常時の差分抽出による異常トラフィック特定手法," 2007年電子情報通信学会ソサイエティ大会 BS-8-7, 2007年9月.
  89. 桑原健, 八木毅, 小林淳史, 石橋圭介, 村山純一, "大規模バックボーンネットワークにおけるアプリケーション異常トラヒック検出方式の提案," 電子情報通信学会技術研究報告 IN2007-61, 2007年9月.
  90. 近藤毅, 石橋圭介, "正常, 異常時の差分抽出による異常トラフィック特定手法, "電子情報通信学会技術研究報告 IN2007-62, 2007年9月.
  91. 石橋圭介, "Flow情報の分析," Interop Tokyo 2007 ワークショップW14 (ネットワークフロー情報解析〜最新技術と運用の実際〜), 2007年6月.
  92. 石橋圭介, 川原亮一, 森達哉, 近藤毅, 浅野正一郎, "パケットサンプリングによる異常トラヒック検出精度への影響について," 日本オペレーションズ・リサーチ学会 第198回待ち行列研究部会, 2007年4月.
  93. 小林淳史, 松原大典, 近藤毅, 石橋圭介, "[奨励講演]フローメディエータを用いた大容量トラフィックコレクタの設計," 電子情報通信学会 技術研究報告 TM2007-14, 2007年5月.
  94. 近藤毅, 小林淳史, 松原大典, 石橋圭介, 坂本仁明, 廣川裕, 山本公洋, 外山勝保, "トラフィック, フロー情報の効率的な配信手法の提案", 2007年電子情報通信学会総合大会 B-7-17, 2007年3月.
  95. 川原亮一, 石橋圭介, 森達哉, 上山憲昭, 原田薫明, 浅野正一郎, "サンプルフロー情報を用いた異常トラヒック検出法の検出精度評価, "2007年電子情報通信学会総合大会 B-7-72, 2007年3月.
  96. 石橋圭介, 川原亮一, 森達哉, 近藤毅, 浅野正一郎, "サンプルパケット数情報を用いた異常トラヒックの検出精度," 信学会2007年総合大会,B-7-73, 2007年3月.
  97. 川原亮一, 石橋圭介, 森達哉, 上山憲昭, 原田薫明, 浅野正一郎, "サンプルフロー情報を用いた異常トラヒック検出法の検出精度評価," 電子情報通信学会技術研究報告 IN2006-202, 2007年3月.
  98. 石橋圭介, 川原亮一, 森達哉, 近藤毅, 浅野正一郎, "サンプルパケット数情報を用いた異常トラヒックの検出精度," 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 106, no. 578, IN2006-201, pp.125-130, 2007年3月.
  99. 小林淳史, 石橋圭介, 山本公洋, 外山勝保, "選択的sFlowルータの実装とトラフィック分析手法の提案," 電子情報通信学会技術研究報告 IN2006-233, 2007年3月.
  100. 小林淳史, 近藤毅, 廣川裕,石橋圭介, 山本公洋, "選択的sFlowによるVoIPトラフィックのゆらぎ測定方法の提案," 電子情報通信学会技術研究報告 CQ2006-87, 2007年1月.
  101. 小林淳史, 近藤毅, 廣川裕, 石橋圭介, 山本公洋, "[奨励講演]次世代ネットワーク向けトラフィック交流監視コレクタの提案," 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 106, TM2006-37, 2006年11月.
  102. 森達哉, 川原亮一, 上山憲昭, 石橋圭介, 原田薫明, "Inferring original traffic pattern from sampled flow statistics," 信学技報, vol. 106, no. 355, NS2006-125, pp.13-18, 2006年11月.
  103. 川原亮一, 森達哉, 石橋圭介, 上山憲昭, 原田薫明, 浅野正一郎, "サンプルフロー情報を用いた異常トラヒック検出法に関する一考察," 信学技報, vol. 106, no. 356, CQ2006-65, pp.37-42, 2006年11月.
  104. 寺山雅宏, 塩田茂雄, 石橋圭介, "異常トラフィック検出のためのパケットカウンタの最適構成法," 電子情報通信学会技術研究報告 IN2006-78, 2006年10月.
  105. Keisuke Ishibashi, Tatsuya Mori, Ryoichi Kawahara, Yutaka Hirokawa, Atsushi Kobayashi, Kimihiro Yamamoto, Hitoaki Sakamoto, and Shoichiro Asano, "Finding flow-level heavy hitters in backbone traffic and its application to anomaly detection," Nagasaki Symposium 2006 GENnet2/AcessNova Forum,, Nagasaki Japan, Jun. 2006.
  106. Tatsuya Mori, Ryoichi Kawahara, Noriaki Kamiyama, Keisuke Ishibashi, "A robust approach of detecting worm-infected hosts through the analysis of communication pattern of each host," Nagasaki Symposium 2006 GENnet2/AcessNova Forum, Nagasaki Japan, Jun. 2006.
  107. 小林淳史,廣川裕,坂本仁明, 石橋圭介,山本公洋,松原大典,木村真吾,斎藤元之, "次世代バックボーン向け大容量トラフィックコレクタの提案," 電子情報通信学会技術研究報告 TM2006-8, 2006年5月.
  108. 石橋圭介, 森達哉, 川原亮一, 廣川裕,小林淳史,山本公洋,坂本仁明,"異なり数上位Nホスト推定法および異常検出への応用," 電子情報通信学会技術研究報告 NS2006-14, 2006年4月.
  109. 廣川裕,小林淳史,山本公洋,石橋圭介, ,外山勝保, "次世代バックボーン向けトラヒック監視システムの開発," 2006年電子情報通信学会総合大会 BS-5-11, 2006年3月.
  110. 小林淳史,松原大典, 石橋圭介, 坂本仁明, 廣川裕,山本公洋,外山勝保,"フロー, コンセントレータの構成モデルの提案," 2006年電子情報通信学会総合大会 BS-5-10, 2006年3月.
  111. 森達哉, 石橋圭介, 上山憲昭,川原亮一,"NetHost: ホスト毎トラヒックサマリ集約方法の提案," 2006年電子情報通信学会総合大会 BS-5-2, 2006年3月.
  112. 石橋圭介, 森達哉, 川原亮一, 廣川裕,小林淳史,山本公洋,坂本仁明,"異なり数上位Nホスト推定法および異常検出への応用," 2006年電子情報通信学会総合大会 BS-5-1, 2006年3月.
  113. 森達哉, 石橋圭介, 上山憲昭, 川原亮一 "NetHost: ホスト毎トラヒックサマリ集約方法の提案," 電子情報通信学会技術研究報告 NS2005-159, 2006年3月.
  114. 豊野剛, 石橋圭介, "DNSトラフィックと異常検出," 電子情報通信学会技術研究報告 IN2005-115, 2005年12月.
  115. 川原亮一, 森達哉, 石橋圭介, 上山憲昭, 阿部威郎,"サンプルパケット情報を用いたTCP品質劣化検出のためのフローレート推定法," 電子情報通信学会技術研究報告 CQ2005-68, 2005年11月.
  116. 森達哉, 川原亮一, 上山憲昭, 石橋圭介, 阿部威郎,"通信パターン分析に基づくワーム感染ホスト検出方法," 電子情報通信学会技術研究報告 CQ2005-67, 2005年11月.
  117. 石橋圭介, 豊野剛, 外山勝保, "DNSトラヒック観測に基づく大量メール送信型ワーム感染ホストの検出," 電子情報通信学会技術研究報告 IN2005-69, 2005年9月.
  118. 川原亮一, 森達哉, 石橋圭介, 阿部威郎, "逆方向リンク輻輳のTCP品質への影響評価," 2005年電子情報通信学会ソサイエティ大会,B-7-32, 2005年9月.
  119. 川原亮一, 森達哉, 石橋圭介, 上山憲昭, 阿部威郎, "パケットサンプリングによるTCPフロー統計情報推定法とその評価," 電子情報通信学会技術研究報告 TM2004-10, 2005年3月.
  120. 森達哉, 川原亮一, 上山憲昭, 石橋圭介, 阿部威, "IPフロー統計の時間的特性," 2005年電子情報通信学会総合大会、B-7-26, 2005年3月.
  121. 会田雅樹, 石橋圭介, 高野 知佐, 巳波 弘佳, 村中 かほり, 三浦 章, "通信トラヒック分析による人間関係のトポロジ構造とクラスタ構造に関する考察," 電子情報通信学会技術研究報告 NS2004-244, 2005年3月.
  122. 会田 雅樹, 石橋圭介, 高野 知佐, 巳波 弘佳, 村中 かほり, 三浦 章, "通信トラヒック分析による人間関係トポロジのクラスタ構造," 2005年電子情報 通信学会総合大会, B-7-34, 2005年3月.
  123. 吉村知夏, 外山勝保, 石橋圭介, 豊野剛, 藤原 和典, "DNS 512byteの壁?OCN DNSトラヒック分析より," Japan Network Operators Group (JANOG) 15 Meeting, 2005年1月.
  124. Katsuyasu Toyama, Keisuke Ishibashi, Tsuyoshi Toyono, Masahiro Ishino, Chika Nishimura, Kazunori Fujiwara, "DNS anomalies and DNS cache servers," 32th North American Network Operators Group Meeting (NANOG32), Oct. 2004.
  125. 川原亮一、石橋圭介、森達哉、阿部威郎、"サンプルパケット情報を用いたTCPフローレベル性能劣化検出法とその評価," 2004年電子情報通信学会ソサイエティ大会、B-7-7, 2004年9月.
  126. Masaki Aida, Keisuke Ishibashi, Hiroshi Miwa, and Chisa Takano, "Using Data on Communications Traffic in a New Approach to Analyzing Large-Scale Social Networks and User-Dynamics," 2004年電子情報通信学会ソサイエティ大会 BS-9-14, 2004年9月.
  127. 石野雅博,石橋圭介, "ISPにおけるDDoS対応について -DNSの活用-," 情報処理学会 分散システム/インターネット運用技術研究会 DSM-35-9, 2004年9月.
  128. 佐藤大輔, 内田真人,石橋圭介, 小林真,"メール型コンピュータウィルス拡散モデル," 電子情報通信学会 技術研究報告 ISEC2004-42, 2004年7月.
  129. 会田 雅樹, 石橋圭介, 高野知佐, 巳波 弘佳, "通信トラヒックのマクロ分析による人間関係の構造とユーザ挙動の検討," 電子情報通信学会 技術研究報告 TM2004-35, 2004年7月.
  130. 川原亮一, 石橋圭介, 森達哉,阿部威郎,"サンプルパケット統計情報を用いたTCPフローレベル性能劣化検出法," 電子情報通信学会 技術研究報告 TM2004-34, 2004年7月.
  131. 川原亮一, 石橋圭介, 森達哉,小沢利久,住田修一,阿部威郎,"異速度フロー集約リンクにおけるTCP品質推定法とその評価," 電子情報通信学会 技術研究報告 NS2004-16, 2004年4月.
  132. 佐藤大輔, 内田真人,石橋圭介, 小林真, "メール型コンピュータウィルス拡散過程モデル," 2004年OR学会春期研究発表会, 2004年3月.
  133. 川原亮一, 石橋圭介, 森達哉,小沢利久,住田修一,阿部威郎, "異速度TCPフロー集約リンクにおけるTCP品質推定法と帯域設計管理法," 2004年OR学会春期研究発表会, 2004年3月.
  134. 石橋圭介, 川原亮一, 森達哉,小沢利久,会田雅樹, "異速度アクセス回線環境におけるTCPファイル転送時間近似," 2004年電子情報通信学会総合大会 B-7-121, 2004年3月.
  135. 石橋圭介, 川原亮一, 朝香卓也,会田雅樹, "使用率統計情報を用いたTCPフローレベル性能劣化検出法," 電子情報通信学会 技術研究報告 NS2003-178, 2003年11月.
  136. 川原亮一, 石橋圭介, 朝香卓也, "フロー統計情報を用いた帯域設計法," 2003年電子情報通信学会ソサイエティ大会 B-7-8, 2003年9月.
  137. 石橋圭介, 川原亮一, 朝香卓也,会田雅樹, "使用率統計情報を用いた帯域管理法," 2003年電子情報通信学会ソサイエティ大会 B-7-7, 2003年9月.
  138. 石橋圭介, 川原亮一, 朝香卓也,会田雅樹, "使用率統計情報を用いた帯域管理法," 電子情報通信学会 技術研究報告 NS2003-88, 2003年9月.
  139. 川原亮一, 石橋圭介, 朝香卓也, "フロー統計情報を用いた帯域設計法," 電子情報通信学会 技術研究報告 NS2003-87, 2003年9月.
  140. 会田雅樹, 石橋圭介, 巳波弘佳, 栗林伸一, "人間関係のグラフ構造とその振舞いについて," 第2回 情報科学技術フォーラム (FIT 2003), K-091, 2003年9月.
  141. 浅野寿朗, 津野昭彦, 元井文子, 石橋圭介, 室岡孝宏, 橋本仁, "高速パケット処理装置を用いた測度変換型品質管理システムの提案," 電子情報通信学会 技術研究報告 TM2003-1, 2003年5月.
  142. 会田雅樹, 石橋圭介, 巳波弘佳, 栗林伸一, "人間関係のグラフ構造とその振舞いについて," 電子情報通信学会 技術研究報告 IN2003-5, 2003年5月.
  143. 石橋圭介, 会田雅樹, 栗林伸一, "測度変換を利用したユーザパケットロス率推定法," 2003年電子情報通信学会総合大会 SB-4-3, 2003年3月.
  144. 石橋圭介, 会田雅樹, 栗林伸一, "測度変換を利用したユーザパケットロス率推定法," 電子情報通信学会 技術研究報告 IN2002-189, 2003年2月.
  145. 会田雅樹, 三好直人, 石橋圭介, 栗林伸一, "非定常トラヒックに対する測度変換型品質測定技術の特性と定式化について," 電子情報通信学会 技術研究報告 IN2002-177, 2003年1月.
  146. 会田雅樹, 三好直人, 石橋圭介, "パッシブ測定とアクティブ測定を組み合わせた軽量でスケーラブルなQoS測定技術," 日本OR学会 待ち行列シンポジウム 確率モデルとその応用, 2003年1月.
  147. 川原亮一, 石橋圭介, 朝香卓也, 織克典, "TCPフロー統計情報を用いたIPトラヒック管理手法," 電子情報通信学会 技術研究報告 NS2002-170, 2002年11月.
  148. 石橋圭介, 石塚美加, 会田雅樹, "TCP型通信に対するVPNアクセス帯域設計," 電子情報通信学会 技術研究報告 IN2002-120, 2002年9月.
  149. Keisuke Ishibashi, Masaki Aida, "Modeling Spatial Locality of Internet Access Patterns," 2002年電子情報通信学会ソサイエティ大会 SB-13-12, 2002年9月.
  150. 石橋圭介, 石塚美加, 会田雅樹, "TCP型通信に対するVPNアクセス帯域設計," 2002年電子情報通信学会ソサイエティ大会 B-7-50, 2002年9月.
  151. 会田雅樹, 三好直人, 石橋圭介, "測度変換型品質測定技術の特性と定式化について," 2002年電子情報通信学会ソサイエティ大会 B-7-7, 2002年9月.
  152. 金澤俊之, 重森祐志, 石橋圭介, 会田雅樹, "測度変換型品質測定システムの性能に関する一評価," 2002年電子情報通信学会ソサイエティ大会 B-7-6, 2002年9月.
  153. Keisuke Ishibashi, Toshiyuki Kanazawa, and Masaki Aida, "Estimation Accuracy of the Active/Passive Collaboration-type Measurement Scheme," 2002年電子情報通信学会総合大会 SB-13-4, 2002年3月.
  154. 金澤俊之, 石橋圭介, 会田雅樹, "測度変換型品質測定技術の精度に関する一評価," 2002年電子情報通信学会総合大会 B-7-33, 2002年3月.
  155. 川原亮一, 朝香卓也, 石橋圭介, "フロー統計情報を用いたIPトラヒック管理手法," 2002年電子情報通信学会総合大会 B-7-94, 2002年3月.
  156. 金澤俊之, 石橋圭介, 会田雅樹, "実機による測度変換型品質測定技術のフィージビリティ検証," 電子情報通信学会 技術研究報告 IN2001-102, 2001年11月.
  157. 石橋圭介, 金澤俊之, 会田雅樹, "アクティブ/パッシブ測定の連携による測度変換型品質測定技術の提案," 電子情報通信学会 技術研究報告 IN2001-71, 2001年9月.
  158. Ryoichi Kawahara and Keisuke Ishibashi, "Analysis of Relationship between TCP Flow Behavior and Utilization of Bottleneck Link," 2001年電子情報通信学会ソサイエティ大会 SB-10-2, 2001年9月.
  159. 佐藤大輔, 石橋圭介, 塩田茂雄, 阿部威郎, "TCPフローの到着時間間隔分布とスループット分布," 2001年電子情報通信学会ソサイエティ大会 B-7-102, 2001年9月.
  160. 石橋圭介, 金澤俊之, 会田雅樹, "測度変換型品質測定技術を利用した個別ユーザ品質測定法," 2001年電子情報通信学会ソサイエティ大会 B-7-3, 2001年9月.
  161. 金澤俊之, 会田雅樹, 石橋圭介, "遅延時間分布測定に対する測度変換型品質測定技術の有効性の検討," 2001年電子情報通信学会ソサイエティ大会 B-7-2, 2001年9月.
  162. 会田雅樹, 石橋圭介, 金澤俊之, "アクティブ/パッシブ測定の連携による測度変換型品質測定技術の提案," 2001年電子情報通信学会ソサイエティ大会 B-7-1, 2001年9月.
  163. 佐藤大輔, 石橋圭介, 塩田茂雄, "WAN回線におけるIPフロー継続時間分布," 2001年電子情報通信学会総合大会 SB-6-3, 2001年3月.
  164. 石橋圭介, 川原亮一, 小池新, "ボトルネックリンクにおけるフロー特性," 2001年電子情報通信学会総合大会 SB-6-2, 2001年3月.
  165. 川原亮一, 石橋圭介, "アクティブフロー数とTCP性能の関係についての一考察," 2001年電子情報通信学会総合大会 B-7-191, 2001年3月.
  166. 小池新, 石塚美加, 石橋圭介, "Worst case buffer size bound for cascaded DiffServ routers," 2001年電子情報通信学会総合大会 B-7-137, 2001年3月.
  167. 石橋圭介, 川原亮一, 小池新, "WAN回線におけるIPフロー特性分析," 電子情報通信学会 技術研究報告 IN2000-133, 2000年11月.
  168. 小池新, 石橋圭介, 石塚美加, "フレームベースサービスのためのトラヒック設計の考察," 電子情報通信学会 技術研究報告 IN2000-154, 2000年11月.
  169. 石橋圭介, 川原亮一, 小池新, 中川真一, "実測トラヒックに基づくIPフロー分析," 2000年電子情報通信学会ソサイエティ大会 B-7-27, 2000年9月.
  170. 小池新, 石橋圭介, 中川真一, 石井啓之,"Transport Middleware for Network-based Control," 電子情報通信学会 技術研究報告 SSE2000-24, 2000年7月.
  171. 武田卓也, 小池新, 石橋圭介, 佐藤和弘, "スイッチングネットワークにおけるユーザ間公平性制御," 2000年電子情報通信学会総合大会 B-7-73, 2000年3月.
  172. 石橋圭介, 小池新, 中川真一, "IPネットワーク品質監視システム," 2000年電子情報通信学会総合大会 B-7-5, 2000年3月.
  173. 小池新, 石橋圭介,中川真一, "IPフロー品質測定用トランスポートミドルウェア," 電子情報通信学会テレコミュニケーションシステムワークショップ, 2000年3月.
  174. 石橋圭介, 小池新, "ネイティブATM-ABRトランスポートプロトコル," 電子情報通信学会 技術研究報告 IN99-114, 2000年2月.
  175. 川原亮一, 石橋圭介, 平野聡之, 斎藤洋, "ATMトラヒックモニタ(ATMprobe98)を用いたインターネット バックボーントラヒック測定分析," 電子情報通信学会 技術研究報告 IN99-334, pp.13-20, 1999年9月.
  176. 川原亮一, 石橋圭介, 魚瀬尚郎, "待ち許容型帯域予約方式," 1999年電子情報通信学会総合大会 B-7-43, 1999年3月.
  177. 石橋圭介, 小池新, "ネイティブATM-ABRトランスポートプロトコルの実装," 1999年電子情報通信学会総合大会 B-7-10, 1999年3月.
  178. 小池新, 石橋圭介, "ネイティブATM-ABR用トランスポートプロトコルの検討", 1998年電子情報通信学会総合大会 B-7-194, 1998年3月.
  179. 石橋圭介, 小沢利久, "ユーザ単位の階層型WWWトラヒックモデルの検討," 1998年電子情報通信学会総合大会 B-7-83, 1998年3月.
  180. 石橋圭介, 小沢利久, "LANにおけるアプリケーション別トラヒックモデルの検討," OR学会 秋期発表会, 1997年9月.
  181. 小沢利久, 石橋圭介, 町原文明, "コンピュータ通信のトラヒック特性とそのインパクト," OR学会 記念セミナ, 1997年7月.
  182. 石橋圭介, "LANトラヒック測定に基づくアプリケーション別トラヒックモデルの検討," 1997年電子情報通信学会総合大会 B-7-208, 1997年3月.
  183. 木村卓巳, 石橋圭介, "LANトラヒックの自己相似トラヒックとしてのモデル化と性能評価について," 1996年電子情報通信学会ソサイエティ大会 B-669, 1996年9月.