HOME > メンバ一覧 > 松尾 洋一

メンバ紹介

氏名(フリガナ)

松尾 洋一(マツオ ヨウイチ)

略歴

【学歴・職歴】

2012年 
慶應義塾大学大学院理工学研究科基礎理工学専攻 前期博士課程修了
2015年 
慶應義塾大学大学院理工学研究科基礎理工学専攻 後期博士課程修了
2015年 
日本電信電話(株)入社
現在 日本電信電話(株) ネットワーク基盤技術研究所 研究員
 

【受賞】

  • 2011年3月 情報処理学会 第73回全国大会 学生奨励賞 受賞
  • 2016年 電子情報通信学会 情報通信マネジメント研究会 ICM 研究賞 共同受賞

所属学会、学会委員など

【所属学会】

  • 電子情報通信学会

興味ある研究分野

  • ネットワークの保守運用に関する研究
  • 異常検知技術,要因推定技術
  • グラフィカルモデル,機械学習,深層学習

研究業績(論文、学会発表リスト)

【学術論文(査読あり)】

  1. Y. Matsuo and T. Nodera, “The Optimal Block-Size for the Block Gram-Schmidt Orthogonalization,” J. Sci. Tech., Vol. 49, pp. 569-584, 2011.
  2. Y. Matsuo and T. Nodera, ``An Efficient Implementation of the Block Gram-Schmidt Method,” Anziam J., Vol. 154, pp. C476-C491, 2013.
  3. Y. Matsuo, H. Guo and P. Arbenz, ``Experiments on a Parallel Nonlinear Jacobi-Davidson Algorithm,” Procedia Computer Science, Vol. 29, pp. 565-575, 2014.
  4. A. Watanabe, K. Ishibashi, T. Toyono, K. Watanabe, T. Kimura, Y. Matsuo, K. Shiomoto, and R. Kawahara, ``Workflow Extraction for Service Operation using Multiple Unstructured Trouble Tickets,” IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E101-D,No.4,pp.-,Apr. 2018.
  5. 中野雄介, 池田泰弘, 松尾洋一, 渡辺敬志郎, 石橋圭介, 西松研 ``機械学習を用いたネットワーク異常検知技術のWebAPI化の研究,” 電子情報通信学会論文誌B,J102-B(5),343-355頁, 2019.

【国際会議(査読あり)】

  1. Y. Matsuo and T. Nodera, ``The Optimal Block-Size for the Block Gram-Schmidt Orthogonalization,” J. Sci. Tech., Vol. 49, pp. 569-584, 2011.
  2. Y. Matsuo and T. Nodera, ``The Optimal Block-Size for the Block Gram-Schmidt Orthogonalization,” Ho Chi Minh City University of Technology, Ho Chi Minh City, Vietnam, October, 19-21, 2011.
  3. Y. Matsuo and T. Nodera, ``Parallel Block Gram-Schmidt Method with Optimal Block-size”, Keio-Yonsei workshop, Keio, Japan, May, 2012.
  4. Y. Matsuo and T. Nodera, ``Parallel Block Gram-Schmidt Orthogonalization with Optimal Block-size,” VECPAR2012, RIKEN AICS, Kobe, Japan, July, 2012.
  5. Y. Matsuo and T. Nodera, ``An Efficient Implementation of the Block Gram-Schmidt Method,”
  6. P. Arbenz, H. Guo and Y. Matsuo, ``3-dimensional Eigenmodal Analysis of Electromagnetic Structures,” Efficient Solution of Large Systems of Non-linear PDEs in Science, Lyon, France, October, 2013.
  7. *P. Arbenz, H. Guo and Y. Matsuo, ``3-dimensional Eigenmodal Analysis of Electromagnetic Structures,” EPASA2014, Tsukuba, Japan, March 7-9, 2014.
  8. Y. Matsuo, H. Guo and P. Arbenz, ``Experiments on a Parallel Nonlinear Jacobi-Davidson Algorithm,” ICCS, Cairns, Australia, June 10-12, 2014.
  9. Y. Matsuo, H. Guo and P. Arbenz, ``Experiments on a Parallel Nonlinear Jacobi-Davidson Algorithm,” Keio-Yonsei workshop, Keio, Japan, November, 2014.
  10. Y. Matsuo and T. Nodera, ``A New Approach to SR Algorithm for Solving Eigenvalue Problems,” CTAC2014, Australian National University, Canberra, Australia, December, 2014.
  11. A. Watanabe, K. Ishibashi, T. Toyono, T. Kimura, K. Watanabe, Y. Matsuo and K. Shiomoto, ``Workflow Extraction for Service Operation using Multiple Unstructured Trouble Tickets,” IEEE/IFIP NOMS 2016 (mini-conf.), pp. 652-658, Apr. 2016.
  12. Y. Matsuo, Y. Nakano, A. Watanabe, K. Watanabe, K. Ishibashi, and K. Kawahara, ``Root-cause diagnosis for rare failures using Bayesian network with dynamic modification,” Proc. IEEE, ICC, 2018.

【研究会,全国大会,口頭発表(査読なし)】

  1. Y. Matsuo and T. Nodera, ``The Optimal Block-Size for the Block Gram-Schmidt Orthogonalization,” J. Sci. Tech., Vol. 49, pp. 569-584, 2011.
  2. 松尾 洋一, 野寺 隆, ``ブロックグラムシュミット法を用いたQR 分解の高速化,” 情報処理学会第73回全国大会, 講演番号4J-5, 東京工業大学, 2011年3月.
  3. 松尾 洋一, 野寺 隆, ``最小二乗問題に対するBlock Gram-Schmidt 法,” SWoPP 鹿児島2011, 鹿児島県民交流センター, 講演番号47, 2011年8月.
  4. 松尾 洋一, 野寺 隆, ``Block Gram-Schmidt 法の適切なblock-size の決定法,” 情報処理学会第74回全国大会, 講演番号1K-1, 名古屋工業大学, 2012年3月.
  5. 松尾 洋一, 野寺 隆, ``適切なblock-size によるBlock Gram-Schmidt 法の並列化,” 第134 回ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会, 電気通信大学, 2012 年6月.
  6. 松尾 洋一, 野寺 隆,``Symplectic Gram-Schmidt法のJ-直交性について," 京都大学数理解析研究所研究集会『新時代の科学技術を牽引する数値解析学』,2014年10月.
  7. 渡邉暁, 松尾洋一, 渡辺敬志郎, 石橋圭介, 川原亮一, ``故障対応の把握に向けた作業ログにおける複数の対処分岐点の特定," 電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 116, no. 124, ICM2016-13, pp. 27-32, 2016年7月.
  8. 松尾洋一, 中野雄介, 渡邉暁, 渡辺敬志郎, 石橋圭介, 川原亮一, ``非定型故障の原因箇所推定技術の検討,” 信学会総合大会, B-7-35, 2017年3月.
  9. 原田薫明, 渡辺敬志郎, 中野雄介, 池田泰弘, 松尾洋一, 小林正裕, 鈴木晃人, 川原亮一, ``プロアクティブ制御型ネットワークの実現に向けた取り組みの紹介,” 信学会総合大会, B-7-32, 2017年3月.
  10. 松尾洋一, 渡邉 暁, 中野雄介, 渡辺敬志郎, 川原亮一, ``ベイジアンネットワークを適用した非定型故障の故障箇所推定技術,” 信学会総合大会,B-7-19, 2018.
  11. 池田泰弘, 松尾洋一, 石橋圭介, 中野雄介, 渡辺敬志郎, 川原亮一, ``ニューラルネットワークを用いた非線形因果推論,” 信学会総合大会, B-7-20, 2018年3月.
  12. 松尾洋一, 池田泰弘, 中野雄介, 渡辺敬志郎, ``異常への寄与度を用いた異常個所推定手法,” 信学会総合大会, B-7-23, 2019.
  13. 橋本悠香, 松尾洋一, 川田丈浩, 西松 研, ``システム障害要因推定のための因果グラフ要約,” 信学会総合大会, B-7-24, 2019.
  14. 池内光希, 渡邉暁, 松尾洋一, 川田丈浩, ``Seq2Seqによる障害復旧コマンド列の自動生成,” 信学会総合大会, B-7-25, 2019.
  15. 原田薫明, 恵木則次, 松尾洋一, 小林正裕, ``プロアクティブ制御型ネットワークの実現に向けた取り組みの紹介,” 信学会総合大会, BI-10, 2019年3月.

【NTT技術ジャーナル】

  1. 川田丈弘, 松尾洋一, 池内光希, 橋本悠香, ``復旧コマンド列自動生成技術,” NTT技術ジャーナル, Vol.31, No.5, 2019.