HOME > メンバ一覧 > 木村 拓人

メンバ紹介

氏名(フリガナ)

木村 拓人(キムラ タクト)

略歴

平成23年
東京工業大学工学部情報工学科卒。
平成25年
同大大学院博士前期課程了。
同年
日本電信電話株式会社(NTT)入社。
現在、ネットワーク基盤技術研究所社員として、トラヒック制御・分析に関する研究に従事。

【表彰歴】

平成29年
電子情報通信学会 学術奨励賞受賞.
平成30年
電子情報通信学会 CQ研究会奨励賞受賞.
令和元年
電子情報通信学会 CQ研究会研究賞受賞

所属学会、学会委員など

【所属学会】

  • 電子情報通信学会

【学会委員】

  • 電子情報通信学会CQ研究会幹事補佐(2019年6月~)

興味ある研究分野

  • トラヒック制御・分析

研究業績(論文、学会発表リスト)

【論文(査読有)】

  1. Takuto Kimura, Masahiro Yokota, Arifumi Matsumoto, Kei Takeshita, Taichi Kawano, Kazumichi Sato, Hiroshi Yamamoto, Takanori Hayashi, Kohei Shiomoto, Kenichi Miyazaki. “QUVE: QoE Maximizing Framework for Video-Streaming,” in IEEE Journal of Selected Topics in Signal Processing, vol. 11, no. 1, pp. 138-153, Feb. 2017.

【国際会議(査読有)】

  1. Takuto Kimura, Sumiko Miyata, Katsunori Yamaoka. “Characteristic analysis of flow admission control based on equality when requested bandwidth follows different distributions,” Proc. of IEEE PACRIM2011, pp. 54-59, Aug. 2011.

【国内学会発表】

  1. Aomi Jokoji, Arifumi Matsumoto, Takuto Kimura, Jun Okamoto, “Revealing Benefits of Quality-based Routing,” 信学技報, vol.119, no.7, CQ2019-4, Apr. 2019
  2. 木村 拓人,木村 達明,松本 存史,岡本 淳.“ベイズ最適化による動画エンゲージメント制御,” 信学技報, vol.118, no.503, CQ-2018-100, Mar. 2019
  3. 木村 拓人, 松本 存史, 岡本 淳. “マルチCDN導入による品質改善の検討,” 信学総大, B-11-21, Mar. 2018.
  4. 木村 拓人, 松本 存史, 岡本 淳. “予測困難な品質劣化を考慮したCDN選択手法の提案,” 信学技報, vol.117, no.486, CQ-2017-129, Mar. 2018
  5. 木村 拓人, 松本 存史, 岡本 淳. “マルチCDN導入による品質改善効果の分析,” 第5回CQ基礎講座ワークショップ, Jan. 2018
  6. 木村 拓人, 松本 存史, 奥山 隆文, 岡本 淳. “QoEを保ちながらトラヒック量を削減する映像ビットレート選択方式,” 信学技報, vol.117, no.159, CQ2017-49, Jul. 2017
  7. 木村 拓人, 奥山 隆文, 松本 存史, 林 孝典. “モバイル環境向け動画配信におけるスループット予測法の一考察,” 信学総大, B-11-10, Mar. 2017.
  8. 木村 拓人, 奥山 隆文, 松本 存史, 林 孝典. “ネットワークと協調した動画ペーシング法の部分的動画データ受信による改善,” 第3回CQ基礎講座ワークショップ, Jan. 2017
  9. 奥山 隆文, 木村 拓人, 松本 存史. “動画配信におけるグッドプット予測手法改善に向けた検討,” 信学技報, vol. 116, no. 403, CQ2016-103, pp. 75-80, Jan. 2017
  10. 木村 拓人, 横田 将裕, 松本 存史, 林 孝典. “ネットワークと協調したABR型動画配信向け視聴品質制御の実環境検証,” 信学技報, vol. 116, no. 202, CQ2016-50, pp. 13-18, Aug. 2016
  11. 横田 将裕, 木村 拓人, 松本 存史, 林 孝典. “移動情報を加味した配信ビットレート選択手法の提案,” 信学技法, vol. 116, no. 10, CQ2016-8, pp. 43-47, Apr. 2016
  12. 木村 拓人, 横田 将裕, 松本 存史, 林 孝典. “過去のスループット情報を利用した動画ペーシング制御法の提案,” 信学技報, vol. 115, no. 496, CQ2015-125, pp. 101-106, Mar. 2016
  13. 木村 拓人, 西松 研, 横田 将裕, 高橋 玲. “映像配信サービスのQoE特性に基づく帯域割り当て制御の特性解析,” 信学技報,vol. 115, no. 11, CQ2015-5, pp. 21-26, Apr. 2015
  14. 木村 拓人, 西松 研, 横田 将裕, 高橋 玲. “映像配信サービスのQoE特性に基づく帯域割り当て制御,” 信学総大, B-11-30, Mar. 2015.
  15. 木村 拓人, 西松 研, 高橋 玲. “類似リンクのトラヒック情報を利用したトラヒック量上限値予測,” 信学ソ大, B-6-1, Sep. 2014
  16. 木村 拓人, 宮田 純子, 山岡 克式. “要求帯域が分布に従う環境でのフロー間対等二元受付制御特性,” 信学技報 vol. 110, no. 449, IN2010-157, pp. 79-84, Mar. 2011.
  17. 木村 拓人, 宮田 純子, 山岡 克式. “要求帯域のぶれがフロー間対等二元受付制御に及ぼす影響,” 信学総大, B-7-8, Jan. 2011.

【解説論文】

  1. 松本 存史, 木村 拓人, 岡本 淳. “映像配信サービスの品質制御技術動向, ” 電子情報通信学会 通信ソサイエティマガジン, 13巻, 1号, p. 25-30, Jun. 2019

【NTT技術ジャーナル】

  1. 奥山 隆文, 遠藤 乾一, 木村 拓人, 松本 存史, 藤原 稔久, 笠原 康信, “高精細・高臨場CDN技術,” NTT技術ジャーナル, vol.30, no.6, Jun. 2018

【Technical Review】

  1. Takafumi Okuyama, Ken-ichi Endo, Takuto Kimura, Arifumi Matsumoto, Toshihiro Fujiwara and Yasunobu Kasahara, “New Transport QoE-control Technology Enabling High-definition/High-presence Content Distribution, ” NTT Technical Review, vol.16, no.9, Sep. 2018