HOME > 技術解説 > 3D品質評価法 > 2.3D映像評価に関する標準化動向 > 2.1.ITUにおける品質評価法の国際標準化動向

3D品質評価法

2.3D映像評価に関する標準化動向

2.1.ITUにおける品質評価法の国際標準化動向

ITUにおける3D映像の品質評価法に関する標準化は、3つのセクションで標準化が行われています。ITU-RのSG6配下のWP6Cでは、放送サービスの観点から品質評価法の国際標準化を検討しています。また、ITU-TのSG9配下のQ2/9およびQ12/9では、IPTVやケーブルTVサービスの観点から同様の検討が行われています。さらに、通信と放送の映像品質に関わるセクションの専門家らが集まるVQEG(Video Quality Experts Group:映像品質専門家会合)において、映像品質に関する技術的な議論・検証が行われています。