映像品質評価法

まえがき

IP ネットワークのブロードバンド化や映像符号化/映像信号処理技術の発展に伴い、映像配信サービスやテレビ電話サービス等の映像通信サービスが普及してきています。お客様に経済的かつ快適な映像通信サービスを提供するためには、サービス提供前の品質設計及びサービス提供中の品質管理が重要です。これを実現するためには、サービスを利用するお客様が体感する品質(QoE: Quality of Experience)を効率的に評価する手法が必要となります。

映像通信サービスの品質評価は、人間が品質を判断する主観品質評価が基本となりますが、品質評価・設計の効率化や品質監視・管理への適用のためには、映像通信サービスに関する物理的な特徴量からQoE を推定する客観品質評価技術が有効です。

本解説ページでは、デジタル映像に対する代表的な主観品質評価技術と客観品質評価技術について説明していきます。