ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

暗号危殆化対策

広く世界中に普及したインターネット通信において、情報を安全に扱うために、暗号はなくてはならない技術の1つとなっています。
一方、暗号アルゴリズムの安全性は、計算機能力の向上や、暗号解読手法の進歩にともなって、次第に低下していきます。これを暗号アルゴリズムの危殆化(きたいか)と呼びます。危殆化した暗号アルゴリズムは、より安全な新しい暗号アルゴリズムに取って代わられ、世代交代が繰り返されます。
暗号アルゴリズムの危殆化に対して、適切な対策を行うことは、お客様に安心してインターネットサービスをご利用いただくための重要な課題となっています。NTT研究所では、世界トップクラスの暗号研究で得た知見をもとに、技術的な「対策指針」や具体的な「対策マニュアル」の作成、各種ツールの開発を行い、暗号危殆化マネジメント手法の確立に向けて取り組んでいます。

暗号の世代交代と危殆化対策暗号の世代交代と危殆化対策

フッタエリアはここからです。