ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

認証・鍵交換

インターネットやクラウドの発展に伴い、通信の傍受や通信内容の改ざん、通信相手の成りすましなどの問題が顕在化しており、エンド・ツー・エンドのセキュリティの重要性が以前にも増してクローズアップされています。また、サービスやIT機器の多様化により、ユーザのパスワード管理や機器のセキュリティ管理など運用面の負担が課題となっています。
暗号の応用分野である認証・鍵交換などの技術は、これらの脅威や課題に対処するための重要な手段です。NTT研究所ではこれまでに蓄積した暗号技術を活かして、ユーザやサービス事業者の運用・管理の負担を軽減する認証方式や、グループチャットのような多人数参加型の通信でエンドエンドのセキュリティを実現するための鍵交換技術など、安心・安全な通信サービスを将来にわたり提供するための様々な技術開発に取り組んでいます。

暗号応用技術とエンドツーエンドセキュリティ暗号応用技術とエンドツーエンドセキュリティ

フッタエリアはここからです。