ページの先頭です。

文字表示

コンテンツエリアはここからです。

研究紹介

カラーユニバーサルデザインハンドブック

日本人男性の約20人に1人、女性の約500人に1人は先天的に色の見え方が異なる「色弱者*」であるとされています。また、加齢によっても色の見え方は変化します。カラー情報が溢れる現代社会ではかえって情報が伝わりにくくなるケースが増えていることから、多様な色の見え方や閲覧環境に配慮した「カラーユニバーサルデザイン(カラーUD)」に取り組むことが求められてきています。しかし、一般色覚者と色弱者の双方の色の見え方や感じ方を考慮した配色の知見は少なく、そのことがカラーUD対応の障壁となっていました。本研究では、色彩やカラーUDの取り組みに関する心理評価実験を実施し、一般色覚者・色弱者双方に同じ印象を与えるカラーUD配色方法を提案しています。また、デザイナやコンテンツ開発者がカラーUDに取り組みやすいよう、基礎知識と配色方法とをデザイン作業やデザイン要素に沿って整理し、動画やインタラクティブコンテンツも用いて学習や実践に使用して頂けるHTMLハンドブックとしてまとめました。 *特定非営利活動法人Color Universal Design Organizationが提唱する呼称を用いています。

カテゴリーのトップへ戻る

フッタエリアはここからです。